あなたにとっての“住みやすい街”が見つかる「暮らしデータ」

東京都の新・省エネルギー設備機器等導入補助制度

東京都内の新・省エネルギー設備機器等導入補助制度について、市区の違いを一覧で比較。市区名をクリックするとその市区の詳細が確認できます。

市区名(都道府県)新・省エネルギー設備機器等導入補助制度(市区)新・省エネルギー設備機器等導入補助制度
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。【平成29年度千代田区省エネルギー改修等助成制度】助成項目は、エネルギー管理システム(HEMS)、太陽光発電システム、蓄電システム、燃料電池システム(エネファーム)、高効率ガス給湯器(潜熱回収型)、LED照明改修工事、窓断熱対策(二重窓・複層ガラス)。対象経費(税抜)の20%。上限合計金額50万円。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。【住宅用自然エネルギー及び省エネルギー機器等導入費助成】太陽光発電システム(住宅)の場合(1)一般助成の場合、出力1kWあたり10万円。上限金額35万円。(2)中央エコアクト(二酸化炭素排出抑制システム)の認証を受けている、または参加申込をしている場合、出力1kWあたり15万円。上限金額42万円。※その他、ソーラーシステム、ガスエンジン給湯器などの対象機器についてもそれぞれ助成あり。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。(1)【太陽熱利用システム(太陽熱温水器・太陽熱ソーラーシステム)設置費助成】太陽熱温水器の場合、有効集熱面積1m2あたり9,000円、上限金額10万円。太陽熱ソーラーシステムの場合、有効集熱面積1m2あたり3万7,500円、上限金額30万円。(2)【太陽光発電システム設置費助成】1kWあたり10万円、上限40万円の補助。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。【新宿区新エネルギー及び省エネルギー機器等導入補助金制度】太陽光発電システム上限30万円。太陽熱給湯システム上限30万円。太陽熱温水器上限10万円。エコキュート、エネファームは10万円。高反射率塗装は上限20万円。雨水利用設備は上限2万円。断熱窓改修は上限10万円。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。【文京区新エネルギー・省エネルギー機器設置費助成】住宅用太陽光発電システムは、1kWあたり10万円、上限30万円。CO2冷媒ヒートポンプ給湯器(エコキュート)は1台10万円。家庭用燃料電池(エネファーム)は1台20万円。家庭用蓄電システムは1kWhあたり1万円、上限10万円。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。(1)【我が家の省エネ・創エネアクション支援制度】家庭用燃料電池(エネファーム)は1台14万円。太陽光発電システムは1kWあたり5万円、上限20万円。高反射率塗料は上限15万円。窓、外壁等の遮熱・断熱改修は工事費用(税抜)×20%、上限15万円。(2)【民間施設緑化助成制度】屋上緑化、壁面緑化、地先緑化、駐車場緑化が対象。面積等で助成金額が異なる。上限50万円。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。【平成29年度墨田区地球温暖化防止設備等導入助成制度】遮熱塗装、建築物断熱改修、燃料電池発電給湯器、太陽熱利用システム、燃料電池発電給湯器、家庭用蓄電システムは、対象工事費用の10%。直管型LED照明器具は、対象工事費用の1/2。太陽光発電システムは、5万円/kWまたは対象工事費用の1/2の額のいずれか少ない額。住宅エネルギー管理システムは、対象工事費用の20%。いずれも助成額上限あり。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。【平成29年度地球温暖化防止設備導入助成金】太陽光システムは、1kWあたり5万円、上限20万円。エコキュートは、設置費用の5%、上限4万円。エネファームは設置費用の5%、上限10万円。HEMSは、設置費用の5%、上限2万円。高反射率塗装は、施工面積1m2あたり1,000円を乗じた額、上限2万円。蓄電池は、設置費用の5%、上限10万円。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。【平成29年度太陽光発電システム設置助成】1kWあたり3万円の補助。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。【平成29年度目黒区住宅用新エネルギー及び省エネルギー機器設置費助成】助成金額は各機器本体価格の1/3以下。太陽光発電システム上限額10万円。ただし、他の助成対象機器も申請する場合と、設置した住宅がZEHの要件を満たす場合に加算措置あり。家庭用燃料電池システム上限額5万円、家庭用蓄電システム上限額5万円、CO2冷媒ヒートポンプ給湯器上限額3.2万円、HEMS上限額2万円、マンション共用部LED照明上限額12万円。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。【大田区住宅用太陽エネルギー利用機器設置補助】太陽光発電システムの場合1kWあたり4.5万円、上限27万円。太陽熱温水器の場合1m2あたり9,000円、上限10万円。太陽熱・ソーラーシステムの場合1m2あたり1万6,500円、上限20万円。区内の住宅に新規に設置されたものであること、接続方式が余剰買取方式であることが主な条件。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。【平成29年度 世田谷区環境配慮型住宅リノベーション推進事業補助金】住宅の壁や窓等の断熱改修、太陽熱ソーラシステムの設置、省エネの機器類の設置等による性能向上のリフォーム(住宅リノベーション)を行うとき、その経費の一部を補助。住宅により対象工事が異なる。住宅リノベーション工事を単独実施の場合、経費の10%まで、上限20万円。区の耐震改修工事の助成と併せて実施の場合、経費の20%まで、上限40万円。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。なし
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。なし
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。【平成29年度杉並区低炭素化推進機器等導入助成】高日射反射率塗装は1,000円/m2、上限15万円。窓断熱改修は上限15万円。太陽光発電システムは4万円/kW、上限12万円。強制循環式ソーラーシステムは2万円/m2、上限6万円。自然循環式太陽熱温水器は1万円/m2、上限2万円。定置用リチウムイオン蓄電池は1万円/kWh、上限8万円。自然冷媒ヒートポンプ給湯器・家庭用燃料電池は定額5万円。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。【平成29年度豊島区エコ住宅普及促進費用助成制度】住宅用太陽光発電システムは1kWあたり2万円、上限8万円。住宅用自然循環式太陽熱温水器は一律2万円。住宅用強制循環式ソーラーシステムは一律5万円。雨水貯水槽は、設置費が3万円~5万円未満の場合1万円、設置費が5万円以上の場合2万円。家庭用燃料電池コージェネレーションシステムは一律8万円。住宅用エネルギー管理システムは、機器本体価格の1/3、上限2万円。断熱改修窓、設置費の1/4、上限10万円。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。【平成29年度新エネルギー及び省エネルギー機器等導入助成】(1)太陽光発電システムの場合1kWあたり8万円(限度額20万円)。(2)高効率給湯器及び家庭用燃料電池装置の場合1台あたり5万円。(3)住宅用エネルギー管理システム(HEMS)の場合助成対象経費の20%(限度額2万円)。(4)高反射率塗料の場合助成対象経費の50%(限度額10万円)。(5)窓の断熱改修の場合助成対象経費の20%(限度額5万円)。※区内業者による設置・施工の場合は加算あり。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。【平成29年度エコ助成金交付制度】太陽光発電システムは1kWあたり2万円、上限金額20万円の補助。家庭用燃料電池装置は本体と設置工事に要した費用の1/20の額、上限金額5万円の補助。家庭用蓄電システムは、蓄電池の容量1kWあたり1万円、上限金額10万円の補助。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。【平成29年度版板橋区新エネルギー及び省エネルギー機器等導入補助金制度(住宅用)】住宅用太陽光発電システム(上限10万円)。住宅用燃料電池システム(上限5万円)。住宅用蓄電池システム(上限5万円)。HEMS(1万円)。窓の断熱化(10万円)。集合住宅共用部LED化(30万円)。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。【平成29年度練馬区再生可能エネルギー・省エネルギー設備設置補助制度】設置費用(税抜)から、国や東京都からの補助金額を引いた後の金額の50%(千円未満切捨て)と、補助金の上限金額とを比較し、低い方の金額。太陽光発電設備、家庭用燃料電池システム、蓄電システムは上限6万円。強制循環式太陽熱利用システム、自然冷媒ヒートポンプ給湯器、V2Hは上限2.5万円。改修窓は上限2万円。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。【太陽光発電システム設置費補助金】区内事業者が施工の場合1kWあたり7.2万円、上限28.8万円。その他は1kWあたり6万円、上限24万円(2)【蓄電池・HEMS設置費補助金】上限5万円(3)【家庭用燃料電池設置費補助金】一律5万円(4)【太陽熱利用システム設置費補助金】上限10万円(5)【省エネ家電製品購入費補助金】一律1.2万円(6)【省エネリフォーム補助金】上限5万円。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。【平成29年度「個人住宅用」かつしかエコ助成金】太陽光発電システム(蓄電池と併設の場合加算あり)、太陽熱温水器、太陽熱ソーラーシステム、ガス発電給湯器、家庭用燃料電池、蓄電池(太陽光発電システムと併設で加算あり)、遮熱塗装等断熱改修、直管型高効率・LED照明機器、電気自動車等、ゼロエネルギーハウス(ZEH)が補助対象。それぞれに要件と助成金額の計算方法あり。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。なし
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。【平成29年度再生可能エネルギー利用機器設置費補助制度】太陽光発電システムの場合1kWあたり2万円、上限金額10万円。太陽熱利用システムの場合5万円。木質ペレットストーブの場合補助対象経費の1/2、上限金額10万円。補助対象機器のいずれかと併せて住宅用エネルギー管理システム(HEMS)を導入する場合1万円増額。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。なし
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。【効率的なエネルギー活用推進助成制度】太陽光発電システムの場合1kWあたり3万円、上限金額15万円。家庭用燃料電池の場合1台あたり6万円。太陽熱温水システムの場合1台あたり5万円。上記システムへの助成はHEMSの同時導入が必須(HEMSに対しても1台あたり本体額の1/2、上限額3万円の助成あり)。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。【新エネルギー・省エネルギー設備設置助成金】自ら設備の設置工事を発注した場合、太陽光発電・風力発電は1kWあたり2万円、上限8万円(太陽光発電で蓄電池ありは10万円加算)。自然冷媒ヒートポンプ給湯器・ガスエンジン給湯器は2万円。燃料電池コージェネレーションは3万円。太陽熱利用システム、強制循環式ソーラーシステムは5万円、自然循環式太陽熱温水器は2万円。購入した建物にあらかじめ設備がついていた場合、上記1設備につき一律1.5万円。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。なし
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。【エコハウス設備設置補助金交付事業】太陽光発電システムの場合1kWあたり2万円、上限金額10万円。太陽熱高度利用システムの場合2万円。ガスエンジン給湯器の場合1.5万円。二酸化炭素冷媒ヒートポンプ給湯器の場合1.5万円。家庭用燃料電池コージェネレーションシステムの場合2.5万円。雨水浸透施設の場合標準工事費の1/2、上限金額10万円。雨水貯留槽の場合本体と架台の購入に要する費用の1/4、上限金額1万円。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。【住宅用新エネルギー機器等普及促進補助金】太陽光発電は1kWあたり2万円、上限8万円。太陽熱ソーラーシステムは5万円。太陽熱温水器は2.5万円。蓄電池は、機器費の1/3以内の額、上限5万円。エネファームは5万円。エコウィルは3万円。直管型LED照明器具改修工事は工事費等の1/3以内の額、上限10万円※蓄電池及びエネファームはHEMS等の導入が条件。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。【よりよい住まいづくり応援制度】太陽光発電設備取付け等は、1kWあたり2.5万円、上限10万円の補助。太陽熱利用機器取付け等は、工事経費の10%相当、上限10万円。民生用燃料電池(エネファーム)の購入及び設置に要した経費の実支出額と4万円とのいずれか低い額を補助。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。なし
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。【平成29年度小金井市住宅用新エネルギー機器等普及促進補助金】太陽光発電設備は、1kWあたり3万円、上限10万円。蓄電システムは、一律5万円。燃料電池は、一律5万円。太陽熱温水器は、一律1.5万円。太陽熱ソーラーシステムは、一律3万円の補助。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。【平成29年度 新エネルギー機器設置モニター助成】太陽光発電システムの場合1kWあたり4万円、戸建住宅は上限金額12万円、共同住宅・事業所は上限金額15万円。燃料電池(エネファーム)の場合1機器あたり2.5万円を補助。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。【平成29年度日野市住宅用太陽光発電システム等普及促進補助金】1kWあたり2万円の補助、上限金額12万円。住宅用燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム)1件2万円。住宅用ガス発電給湯器(エコウィル)1件1.5万円。自然循環型太陽熱温水器1件2万円。強制循環型ソーラーシステム1件5万円。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。(1)【東村山市住宅用太陽光発電システム設置費補助金】1kWあたり3万円。(2)【東村山市住宅用省エネルギー機器設置費補助】家庭用燃料電池5万円Co2冷媒ヒートポンプ給湯器は2.5万円の補助。潜熱回収型給湯器は1.5万円の補助。ガス発電給湯器は2.5万円の補助。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。【国分寺市住宅用太陽光発電機器等設置助成制度】1kWあたり2万円の補助。 上限金額8万円。住宅用燃料電池コージェネレーション機器(エネファーム)4万円。住宅用ガス発電給湯器(エコウィル)2万円。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。【国立市住宅用スマートエネルギー関連システム設置費補助金交付事業】太陽光発電システムの場合5万円(HEMS設置が必須)。燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム)または蓄電池システムの場合4万円(HEMS設置でプラス1万円)。太陽熱利用システム4万円。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。なし
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。【平成29年度狛江市地球温暖化対策住宅用設備導入助成金交付制度】ホームエネルギー管理システム(HEMS)は、機器本体費用の1/3以下、上限2万円。太陽光発電システムは、1kWあたり2万円、上限8万円(共同住宅は20万円)※HEMSの導入が条件。家庭用燃料電池は1件あたり5万円。日射調整フィルムは、材料費の1/4以下、上限4万円(共同住宅は20万円)。高反射率塗装は材料費の1/4以下、上限4万円(共同住宅は20万円)。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。なし
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。【平成29年度清瀬市太陽光発電システム等設置補助金】太陽光発電システムの場合1kWあたり3万円、上限金額10万円。家庭用燃料電池の場合5万円又は対象機器等の設置に要した額のいずれか低い額。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。なし
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。【武蔵村山市安心安全・エコ住宅等改修助成事業補助金】住宅用太陽光発電システムは、1kWあたり2万円の補助、上限金額6万円。住宅用強制循環式ソーラーシステムは、1m2あたり5,500円の補助、上限金額3.3万円。住宅用自然循環式太陽熱温水器は、1m2あたり3,000円の補助、上限金額1.2万円。家庭用燃料電池コージェネレーションシステムは一律5万円の補助等。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。【平成29年度住宅(共同住宅)用創エネルギー・省エネルギー機器導入補助金】太陽熱ソーラーシステム・エネファーム・太陽光発電システム(余剰売電)の場合、5万円。太陽熱温水器の場合、3万円。電気自動車充電設備の場合、10万円(普通充電設備)、30万円(急速充電設備)。※制度の詳細は多摩市公式ホームページを参照
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。【平成29年度稲城市住宅用創エネルギー機器等導入促進事業補助金】詳細未定。11月以降決定。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。【創省エネルギー化助成制度】助成対象工事に係る経費(税抜)の1/2、または、メニューごとの上限額のいずれか低い方の金額を助成。主なメニュー内容は、太陽熱利用システム、太陽光発電システム、中水利用設備、高密度蓄電池システム、エネルギー管理システム、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)、認定低炭素住宅、次世代省エネ住宅化改修工事、高断熱化改修工事、高遮熱塗装等改修工事など。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。【あきる野市新エネルギー・省エネルギー機器設置費補助金】太陽光発電システムは、1kWあたり2万円、上限8万円の補助。CO2冷媒ヒートポンプ給湯器(エコキュート)は、3万円の補助。
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。【省エネルギー設備設置費用助成】節水節湯水栓、直管型LED照明器具、節水型トイレへの交換工事費用(機器代含む)の1/2助成(それぞれに詳細な要件、上限額あり)

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

新・省エネルギー設備機器等導入補助制度について、ほかのエリアを見てみる

首都圏
関西
東海
北海道
東北
甲信越・北陸
中国・四国
九州・沖縄

東京都について、ほかのテーマをチェックする

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

出産・育児
乳幼児医療
幼稚園・保育園
小学校・中学校

住まいの給付金(補助金・助成金)

新築建築
新築購入
中古購入
増築・改築・改修
その他

公共サービスや治安

公共料金
安心・安全
医療
ごみ

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

選択した市区を比較する
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元