あなたにとっての“住みやすい街”が見つかる「暮らしデータ」

奈良県の新・省エネルギー設備機器等導入補助制度

奈良県内の新・省エネルギー設備機器等導入補助制度について、市区の違いを一覧で比較。市区名をクリックするとその市区の詳細が確認できます。

市区名(都道府県)新・省エネルギー設備機器等導入補助制度(市区)新・省エネルギー設備機器等導入補助制度
【平成29年度スマートハウス普及促進事業補助金】対象のスマートハウス関連設備の設置に、補助金を交付。定置用リチウムイオン蓄電池は10万円。V2Hは10万円。家庭用燃料電池は8万円。太陽熱利用システムの場合、強制循環型は9万円、自然循環型は3万円。なし
【平成29年度スマートハウス普及促進事業補助金】対象のスマートハウス関連設備の設置に、補助金を交付。定置用リチウムイオン蓄電池は10万円。V2Hは10万円。家庭用燃料電池は8万円。太陽熱利用システムの場合、強制循環型は9万円、自然循環型は3万円。【住宅用太陽光発電システム設置費補助金】1件につき5万円の補助。
【平成29年度スマートハウス普及促進事業補助金】対象のスマートハウス関連設備の設置に、補助金を交付。定置用リチウムイオン蓄電池は10万円。V2Hは10万円。家庭用燃料電池は8万円。太陽熱利用システムの場合、強制循環型は9万円、自然循環型は3万円。【大和郡山市家庭用燃料電池(エネファーム)設置助成】家庭用燃料電池を設置した方に1件あたり5万円分の大和郡山市商工会登録加盟店「市内共通商品券」を交付。
【平成29年度スマートハウス普及促進事業補助金】対象のスマートハウス関連設備の設置に、補助金を交付。定置用リチウムイオン蓄電池は10万円。V2Hは10万円。家庭用燃料電池は8万円。太陽熱利用システムの場合、強制循環型は9万円、自然循環型は3万円。なし
【平成29年度スマートハウス普及促進事業補助金】対象のスマートハウス関連設備の設置に、補助金を交付。定置用リチウムイオン蓄電池は10万円。V2Hは10万円。家庭用燃料電池は8万円。太陽熱利用システムの場合、強制循環型は9万円、自然循環型は3万円。(1)【橿原市エコライフハウス推進事業】家庭用太陽光発電システム設備設置(1kW以上10kW未満)は、1件につき10万円の補助。定置用リチウムイオン蓄電池設備設置は、1件につき5万円の補助。ガスエンジン給湯器設備設置は、1件につき3万円の補助。燃料電池コージェネレーションシステム設備設置は、1件につき5万円の補助。(2)【既存木造住宅省エネルギー改修工事等補助事業】木造住宅の省エネルギー改修工事等に対して補助。上限50万円
【平成29年度スマートハウス普及促進事業補助金】対象のスマートハウス関連設備の設置に、補助金を交付。定置用リチウムイオン蓄電池は10万円。V2Hは10万円。家庭用燃料電池は8万円。太陽熱利用システムの場合、強制循環型は9万円、自然循環型は3万円。【桜井市住宅用太陽光発電システム設置奨励金制度】市内在住で、太陽光発電システムを導入する家庭に対し、1件あたり5万円の市内限定商品券で補助。
【平成29年度スマートハウス普及促進事業補助金】対象のスマートハウス関連設備の設置に、補助金を交付。定置用リチウムイオン蓄電池は10万円。V2Hは10万円。家庭用燃料電池は8万円。太陽熱利用システムの場合、強制循環型は9万円、自然循環型は3万円。なし
【平成29年度スマートハウス普及促進事業補助金】対象のスマートハウス関連設備の設置に、補助金を交付。定置用リチウムイオン蓄電池は10万円。V2Hは10万円。家庭用燃料電池は8万円。太陽熱利用システムの場合、強制循環型は9万円、自然循環型は3万円。なし
【平成29年度スマートハウス普及促進事業補助金】対象のスマートハウス関連設備の設置に、補助金を交付。定置用リチウムイオン蓄電池は10万円。V2Hは10万円。家庭用燃料電池は8万円。太陽熱利用システムの場合、強制循環型は9万円、自然循環型は3万円。【生駒市創エネ・省エネシステム普及促進事業補助金】太陽光発電システムは1kW当たり2万円(上限10万円)。エネファームは1件当たり7万円。HEMSは設置に要す費用(上限2万円)。家庭用リチウムイオン蓄電システムは蓄電容量1kWh当たり2万円(上限8万円)。V2Hシステムは1件当たり5万円。
【平成29年度スマートハウス普及促進事業補助金】対象のスマートハウス関連設備の設置に、補助金を交付。定置用リチウムイオン蓄電池は10万円。V2Hは10万円。家庭用燃料電池は8万円。太陽熱利用システムの場合、強制循環型は9万円、自然循環型は3万円。なし
【平成29年度スマートハウス普及促進事業補助金】対象のスマートハウス関連設備の設置に、補助金を交付。定置用リチウムイオン蓄電池は10万円。V2Hは10万円。家庭用燃料電池は8万円。太陽熱利用システムの場合、強制循環型は9万円、自然循環型は3万円。【住宅用太陽光発電システム設置補助金】1件につき5万円の補助。
【平成29年度スマートハウス普及促進事業補助金】対象のスマートハウス関連設備の設置に、補助金を交付。定置用リチウムイオン蓄電池は10万円。V2Hは10万円。家庭用燃料電池は8万円。太陽熱利用システムの場合、強制循環型は9万円、自然循環型は3万円。【住宅用太陽光発電システム設置補助】補助金の交付額は、住宅用太陽光発電システムの設置1件につき5万円を「ウッピー商品券」にて交付。

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

新・省エネルギー設備機器等導入補助制度について、ほかのエリアを見てみる

首都圏
関西
東海
北海道
東北
甲信越・北陸
中国・四国
九州・沖縄

奈良県について、ほかのテーマをチェックする

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

出産・育児
乳幼児医療
幼稚園・保育園
小学校・中学校

住まいの給付金(補助金・助成金)

新築建築
新築購入
中古購入
増築・改築・改修
その他

公共サービスや治安

公共料金
安心・安全
医療
ごみ

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

選択した市区を比較する
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元