あなたにとっての“住みやすい街”が見つかる「暮らしデータ」

東京都 台東区のデータ

【台東区役所】所在地:台東区東上野4-5-6 TEL:03-5246-1111 URL:http://www.city.taito.lg.jp/

台東区は「下町」の名にふさわしく、庶民的で人情と活気に溢れる町です。東京の北の玄関として交通の便がよく、浅草流鏑馬、隅田川花火大会、谷中まつり、浅草サンバカーニバル、うえの桜まつりなど1年を通して多彩なお祭りや行事を行っており、外国人旅行客にも人気です。子育てについては【にぎやか家庭応援プラン】として、第3子以降の出生、小学校、中学校入学時に3万円相当のお祝品を贈呈。さらに三世代住宅を新築する場合、120万円を上限とした助成金を交付する制度もあります。それだけでなく、ひとり親家庭を対象に日帰りのバスハイクを年2回実施する取り組みもあります。

このページでは次の項目について調べることができます

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

育児
出産祝い あり
出産祝い-備考 【にぎやか家庭応援プラン】第3子以降の出生時に3万円相当のお祝品を贈呈(図書カード等)。
子育て関連の独自の取り組み (1)弱視等治療用眼鏡助成(9歳未満の児童が弱視等の治療用眼鏡を修理した場合及び保険で認められない期間に買い換えた場合、当該費用の一部を助成)。(2)にぎやか家庭応援プラン(第3子以降のお子さんの出生、小学校・中学校入学時に3万円相当のお祝品を贈呈)。(3)バスレクリエーション(ひとり親家庭を対象に日帰りのバスハイクを年2回[春と秋]実施)。
乳幼児医療
乳幼児医療費助成(通院)対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児医療費助成(通院)自己負担 自己負担なし
乳幼児医療費助成(通院)自己負担-備考 -
乳幼児医療費助成(通院)所得制限 所得制限なし
乳幼児医療費助成(通院)所得制限-備考 -
乳幼児医療費助成(入院)対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児医療費助成(入院)自己負担 自己負担なし
乳幼児医療費助成(入院)自己負担-備考 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担なし。
乳幼児医療費助成(入院)所得制限 所得制限なし
乳幼児医療費助成(入院)所得制限-備考 -
幼稚園・保育園
公立保育所数 11所 166位(813市区中)
0歳児保育を実施している公立保育所 8所
公立保育所定員数 1059人 185位(809市区中)
公立保育所在籍児童数 1026人 161位(797市区中)
私立保育所数 20所 165位(813市区中)
0歳児保育を実施している私立保育所 14所
私立保育所定員数 1556人 208位(808市区中)
私立保育所在籍児童数 1459人 213位(793市区中)
保育所入所待機児童数 183人 795位(815市区中)
0歳児の認可保育所月額保育料 33,500円 76位(803市区中)
0歳児の認可保育所月額保育料-備考 -
認可外保育所に預ける保護者への補助 あり
認可外保育所に預ける保護者への補助内容 認証保育所保育料助成制度。認証保育所に在籍する児童を対象に、認証保育所に支払っている保育料と認可保育所に入園した場合の保育料を比較し、その差額を月額4万円を上限に助成。
認定こども園数 5園 263位(813市区中)
預かり保育実施園数-公立 0園
預かり保育実施園数率-公立 0.0% 300位(427市区中)
預かり保育実施園数-私立 5園
預かり保育実施園数率-私立 71.4% 446位(507市区中)
長期休業期間中の預かり保育実施園数-公立 0園
長期休業期間中の預かり保育実施園数率-公立 0.0% 214位(424市区中)
長期休業期間中の預かり保育実施園数-私立 1園
長期休業期間中の預かり保育実施園数率-私立 14.3% 424位(472市区中)
小学校・中学校
公立小学校1学級当たりの平均生徒 28.4人 58位(814市区中)
公立中学校1学級当たりの平均生徒 32.6人 23位(814市区中)
学校給食 【小学校】完全給食【中学校】完全給食
学校給食民間委託 あり
公立中学校の学校選択制 実施
公立小中学校の耐震化率 100.0% 1位(815市区中)

住まいの給付金

新築建設
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 -
利子補給条件・備考等 【フラット35子育て支援型】「台東区三世代住宅助成」を利用する方が、「フラット35」(独立行政法人住宅金融支援機構)にて融資を受ける場合、当初5年間0.25%金利を優遇。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)120万円(2)240万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【三世代住宅助成】幅員50cm以上の歩道状空地、住戸専用面積70m2以上、居室4室以上、高齢者に配慮した住宅等を満たした住宅を建築し、親と子と孫が同居する場合に、助成金を交付。(2)【安心助成】準防火地域内(不燃化特区の谷中2、3、5丁目地区を除く)に、建築基準法の規定よりも耐火性能を向上させた、準耐火または耐火構造の建築物で、延べ面積50m2以上の一戸建て住宅を建設し、申請者が居住する場合に、助成金を交付。
新築購入
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし
中古購入
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし
増築・改築・改修
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 -
利子補給条件・備考等 【住宅修繕資金融資あっせん】居住部分の床面積が280m2以下で、自身が居住するための住宅に対する修繕工事費の80%以内(最高500万円まで)の融資を金融機関にあっせんし、利子の一部を区が補給。契約利率は年度ごとに異なる(2018年度、契約利率1.00%)。利子補給率0.5%、償還期間は5・7・10年で、金額により異なる。申込者の主な資格は区内に1年以上居住し、最終償還時の年齢が75歳未満であること、返済能力を有すること等。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)200万円(2)(3)工事内容により異なる(4)20万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【耐震診断助成】診断費用全額、15万円以内。【補強設計助成】設計費用の1/2、6万円以内。【耐震改修工事助成】改修工事費用の1/2、150万円以内(重点地域は2/3、200万円以内)別途、段階耐震改修工事助成あり。(2)【高齢者住宅改修予防給付】(3)【高齢者住宅設備】(2)(3)について、65歳以上の日常生活に要する設備改善工事に助成。(4)【子育て世帯住宅リフォーム支援制度】子育て世帯のリフォーム工事費(税別)の1/3、20万円を限度として助成。
その他
(都道府県)新・省エネルギー設備機器等導入補助制度 あり
(都道府県)新・省エネルギー設備機器等導入補助内容 (1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業】蓄電池システムは機器費の1/6、1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファームは機器費の1/5、上限10万円/台(戸建)。太陽熱利用システムは機器費・工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円(戸建)。
(市区)新・省エネルギー設備機器等導入補助制度 あり
(市区)新・省エネルギー設備機器等導入補助内容 (1)【我が家の省エネ・創エネアクション支援制度】家庭用燃料電池(エネファーム)は1台14万円。太陽光発電システムは1kWあたり5万円、上限20万円。高反射率塗料は上限15万円。窓、外壁等の遮熱・断熱改修は工事費用(税抜)×20%、上限15万円。(2)【民間施設緑化助成制度】屋上緑化、壁面緑化、地先緑化、駐車場緑化が対象。面積等で助成金額が異なる。上限50万円。(3)【プランター設置助成制度】上限5万円。
移住支援制度 なし
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

公共サービスや治安

公共料金・インフラ
ガス料金(22m3使用した場合の月額) 東京瓦斯(東京地区等)3898円 32位(649事業者中)
水道料金(口径20mmで20m3の月額) 東京都水道局2764円 361位(1128事業者中)
下水道料金(20m3を使用した場合の月額) 東京都下水道局2030円 142位(842事業者中)
下水道普及率 100.0% 1位(784市区中)
安心・安全
刑法犯認知件数 3902件 769位(815市区中)
刑法犯認知件数:人口1000人当たり 19.70件 811位(815市区中)
ハザード・防災マップ あり
医療
一般病院総数 7所 215位(815市区中)
一般診療所総数 236所 93位(815市区中)
小児科医師数 39人 152位(815市区中)
小児人口10000人当たり 21.60人 189位(815市区中)
産婦人科医師数 12人 192位(815市区中)
15〜49歳女性人口1万人当たり 2.60人 492位(815市区中)
介護保険料基準額(月額) 6140円 596位(815市区中)
ごみ
家庭ごみ収集(可燃ごみ) 無料
家庭ごみ収集(可燃ごみ)−備考 日量10kgを超える臨時のごみは有料。
家庭ごみの分別方式 3分別10種〔可燃ごみ 不燃ごみ 資源(新聞、雑誌・雑がみ、段ボール、紙パック、ペットボトル、缶、びん、食品発泡トレイ・カップ)〕
家庭ごみの戸別収集 実施
粗大ごみ収集 あり
粗大ごみ収集−備考 有料。一般家庭に限る。
生ごみ処理機助成金制度 あり
生ごみ処理機助成金額(上限) 25000円 211位(534市区中)
生ごみ処理機助成比率(上限) 50.0% 46位(532市区中)

人口などの統計情報

概要 台東区は、東京23区のほぼ中心に位置し、面積10.11km2、西は上野の山、東は隅田川に接した典型的な下町で、面積は23区中で最も小さい区です。東京の北の玄関として交通の要所になっているほか、伝統、歴史、芸術などの豊かな文化資源を有し、四季折々の多彩な行事を通じて多くの来街者があります。
総面積 10.11km2 808位(815市区中)
世帯数 112117世帯 103位(815市区中)
人口総数 196134人 136位(815市区中)
年少人口率(15歳未満) 9.21% 775位(815市区中)
生産年齢人口率(15〜64歳) 67.35% 16位(815市区中)
高齢人口率(65歳以上) 23.44% 724位(815市区中)
転入者数 20415人 52位(815市区中)
転入率(人口1000人当たり) 104.09人 8位(815市区中)
転出者数 17251人 53位(815市区中)
転出率(人口1000人当たり) 87.96人 10位(815市区中)
主な祭り・行事 桜橋花まつり 浅草流鏑馬 三社祭 お富士さんの植木市 鳥越祭 入谷朝顔まつり 下町七夕まつり ほおずき市 うえの夏まつり 隅田川花火大会 台東薪能 浅草サンバカーニバル 谷中まつり 酉の市 歳の市(羽子板市) うえの桜まつり 隅田公園桜まつり 江戸まちたいとう芸楽祭
市区独自の取り組み 江戸まちたいとう芸楽祭 たなか舞台芸術スタジオ 台東デザイナーズビレッジ 浅草ものづくり工房 ビジネス支援ネットワーク 台東区映像アーカイブ 池波正太郎記念文庫 幼児教育共通カリキュラムの策定 台東区オリンピック・パラリンピック教育プラン ハラール認証取得助成 東京都台東区大規模マンション等の建設における保育所等の整備に係る事前届出等に関する条例 台東区産業フェア 東京都台東区観光バスに関する条例 ふるさと交流ショップ
ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、(1)産業振興(2)観光振興(3)文化振興(4)防災・防犯対策(5)環境保全(6)教育振興(7)社会福祉(8)次世代育成など。お礼の品はなし。
地方債現在高 10,763,750千円 37位(815市区中)
地方債現在高:1人当たり 55千円 11位(815市区中)

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

台東区のおすすめ新築マンション

台東区の新築マンション情報をもっと見る

台東区のおすすめ新築一戸建て

台東区の新築一戸建て情報をもっと見る

台東区にある駅のクチコミを見る

上野鶯谷御徒町浅草橋浅草京成上野田原町稲荷町上野広小路三ノ輪入谷仲御徒町浅草上野御徒町蔵前新御徒町

近隣の市区のデータを見る

川口市草加市浦安市千代田区中央区港区新宿区文京区墨田区江東区品川区目黒区渋谷区中野区豊島区北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

選択した市区を比較する
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元