あなたにとっての“住みやすい街”が見つかる「暮らしデータ」

東京都 杉並区のデータ

【杉並区役所】所在地:杉並区阿佐谷南1-15-1 TEL:03-3312-2111 URL:http://www.city.suginami.tokyo.jp/

杉並区は関東大震災以降、農村的たたずまいから住宅地へと変貌を遂げました。特に高円寺は「古着の町」として若者に人気があります。高円寺びっくり大道芸、阿佐ヶ谷飲み屋さん祭り、阿佐谷ジャズストリート、久我山ホタル祭り、太田黒公園紅葉ライトアップなど1年を通して多彩なイベントが目白押しです。子育て施策として、妊婦1万円分、出生時2万円分、0~2歳児に2万円分の杉並子育て応援券を交付。子どもたちが、自然・文化・芸術・スポーツなどのさまざまな体験・交流事業への参加を支援すべく、杉並次世代育成基金やチャレンジ・アスリート事業といった区独自の取り組みを実施しています。

このページでは次の項目について調べることができます

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

育児
出産祝い なし
出産祝い-備考 -
子育て関連の独自の取り組み (1)杉並子育て応援券(有料の子育てサービスに利用できる券。妊婦1万円、出生時2万円、0~2歳児2万円、小学生以下の第3子以降は2.5万円分の無償券交付、0~5歳は年間2万円分の有償券[1冊1万円分が3,000円]を購入可能)。(2)妊婦歯科健康診査(妊娠中に1回、区内指定医療機関で受診可)。(3)産婦健康診査(産後8週間以内に1回、区内指定医療機関で無償で受診可)。
乳幼児医療
乳幼児医療費助成(通院)対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児医療費助成(通院)自己負担 自己負担なし
乳幼児医療費助成(通院)自己負担-備考 -
乳幼児医療費助成(通院)所得制限 所得制限なし
乳幼児医療費助成(通院)所得制限-備考 -
乳幼児医療費助成(入院)対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児医療費助成(入院)自己負担 自己負担なし
乳幼児医療費助成(入院)自己負担-備考 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児医療費助成(入院)所得制限 所得制限なし
乳幼児医療費助成(入院)所得制限-備考 -
幼稚園・保育園
公立保育所数 43所 15位(813市区中)
0歳児保育を実施している公立保育所 30所
公立保育所定員数 4028人 25位(809市区中)
公立保育所在籍児童数 3964人 27位(797市区中)
私立保育所数 75所 29位(813市区中)
0歳児保育を実施している私立保育所 67所
私立保育所定員数 6612人 34位(808市区中)
私立保育所在籍児童数 5606人 37位(793市区中)
保育所入所待機児童数 29人 650位(815市区中)
0歳児の認可保育所月額保育料 32,100円 60位(803市区中)
0歳児の認可保育所月額保育料-備考 ただし、2019年4月以降は、35,000円となる。
認可外保育所に預ける保護者への補助 あり
認可外保育所に預ける保護者への補助内容 区内在住の認定を受けた、月160時間以上の月極め契約で入所している児童の保護者が対象。補助額は住民税の世帯合計額・子どもの人数・世帯状況に応じる。杉並区保育室、杉並区グループ保育室は月3,000円~5.4万円。東京都認証保育所は、認証保育所保育料と認可保育所に入所した場合の保育料との差額で上限は3歳未満8万円、3歳以上7.7万円。都(県)の指導監督基準を満たした認可外保育施設は認可外保育施設保育料と認可保育所に入所した場合の保育料との差額、上限3万円。
認定こども園数 0園 686位(813市区中)
預かり保育実施園数-公立 6園
預かり保育実施園数率-公立 100.0% 1位(427市区中)
預かり保育実施園数-私立 32園
預かり保育実施園数率-私立 84.2% 428位(507市区中)
長期休業期間中の預かり保育実施園数-公立 6園
長期休業期間中の預かり保育実施園数率-公立 100.0% 1位(424市区中)
長期休業期間中の預かり保育実施園数-私立 17園
長期休業期間中の預かり保育実施園数率-私立 44.7% 401位(472市区中)
小学校・中学校
公立小学校1学級当たりの平均生徒 27.7人 83位(814市区中)
公立中学校1学級当たりの平均生徒 30.4人 125位(814市区中)
学校給食 【小学校】完全給食 【中学校】完全給食
学校給食民間委託 一部で導入(調理・配缶・食器洗浄・清掃等※小学校41校中34校、中学校23校中19校)
公立中学校の学校選択制 未実施
公立小中学校の耐震化率 100.0% 1位(815市区中)

住まいの給付金

新築建設
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし
新築購入
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし
中古購入
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし
増築・改築・改修
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 500万円
利子補給条件・備考等 自己所有の住宅の修繕・増築(改築は含まない)にかかる費用について、区と契約をしている金融機関へ融資のあっせんをし、取扱金融機関が決定した貸付金額に対して利子の一部を補給している。融資あっせん金額上限額は一般融資300万円(特別融資500万円)。本人負担利率は一般1.5%(特別利率1%)。償還期間は300万円以下の場合7年。300万円超の場合は10年。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)10万円(2)100万円(3)50万円(4)10万円(5)100万円(6)30万円(7)50万円(8)100万円
補助/助成金条件・備考等 【木造耐震助成】(1)診断は上限10万円。(2)改修は助成率1/2、上限100万円(簡易50万円)。(3)シェルター等設置は助成率9/10、上限50万円。【新耐震基準木造耐震助成】(4)診断は上限10万円。(5)改修は助成率1/2、上限100万円。【非木造耐震助成】(6)診断は、助成率1/2、上限30万円。(7)補強設計は助成率1/2、上限50万円(事業費上限2,060/m2)。(8)改修は、(2)同様 ※(2)・(8)で区指定のものは割増あり。
その他
(都道府県)新・省エネルギー設備機器等導入補助制度 あり
(都道府県)新・省エネルギー設備機器等導入補助内容 (1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業】蓄電池システムは機器費の1/6、1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファームは機器費の1/5、上限10万円/台(戸建)。太陽熱利用システムは機器費・工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円(戸建)。
(市区)新・省エネルギー設備機器等導入補助制度 あり
(市区)新・省エネルギー設備機器等導入補助内容 【平成30年度杉並区低炭素化推進機器等導入助成】高日射反射率塗装は1,000円/m2、上限15万円。窓断熱改修は上限15万円。太陽光発電システムは4万円/kW、上限12万円。強制循環式ソーラーシステムは2万円/m2、上限6万円。自然循環式太陽熱温水器は1万円/m2、上限2万円。定置用リチウムイオン蓄電池は1万円/kWh、上限8万円。自然冷媒ヒートポンプ給湯器・家庭用燃料電池は定額5万円。
移住支援制度 なし
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

公共サービスや治安

公共料金・インフラ
ガス料金(22m3使用した場合の月額) 東京瓦斯(東京地区等)3898円 32位(649事業者中)
水道料金(口径20mmで20m3の月額) 東京都水道局2764円 361位(1128事業者中)
下水道料金(20m3を使用した場合の月額) 東京都下水道局2030円 142位(842事業者中)
下水道普及率 99.9% 47位(784市区中)
安心・安全
刑法犯認知件数 4079件 771位(815市区中)
刑法犯認知件数:人口1000人当たり 7.23件 536位(815市区中)
ハザード・防災マップ あり
医療
一般病院総数 20所 64位(815市区中)
一般診療所総数 491所 31位(815市区中)
小児科医師数 120人 36位(815市区中)
小児人口10000人当たり 20.56人 213位(815市区中)
産婦人科医師数 47人 49位(815市区中)
15〜49歳女性人口1万人当たり 3.21人 421位(815市区中)
介護保険料基準額(月額) 6200円 621位(815市区中)
ごみ
家庭ごみ収集(可燃ごみ) 無料
家庭ごみ収集(可燃ごみ)−備考 一度に多量のごみを出す場合は有料(45リットルの袋で4袋以上を排出する場合、40円/kg)。
家庭ごみの分別方式 3分別10種〔可燃ごみ 不燃ごみ 資源(びん、缶、プラスチック製容器包装、ペットボトル、古紙[新聞紙、雑紙(雑誌・書籍・包装紙等)、段ボール、紙パック])〕 拠点回収:使用済小型家電 水銀体温計 水銀血圧計 水銀温度計 衣類
家庭ごみの戸別収集 一部実施(ふれあい収集[集積所まで運び出すことが困難なひとり暮らしの高齢者や障害のある方のみの世帯には、職員が戸別に玄関先まで訪問して、可燃ごみ、不燃ごみ、資源の収集を行っている)
粗大ごみ収集 あり
粗大ごみ収集−備考 有料。最大辺が概ね30cmを超え、2.2m以下の大きなごみ。事前申込制。
生ごみ処理機助成金制度 あり
生ごみ処理機助成金額(上限) 20000円 248位(534市区中)
生ごみ処理機助成比率(上限) 50.0% 46位(532市区中)

人口などの統計情報

概要 杉並区は、東京23区の最西部に位置し、地名は江戸時代の初めに領地の境である青梅街道に沿って植えられた杉並木が由来となっています。杉並木はなくなりましたが、村名、町名として採用され、1932年の区制施行を経て現在に至っています。関東大震災以降、農村的たたずまいから住宅地へと変貌を遂げ、文化人や学者が多数移住するなど、今日に至るまで良好な住宅都市として発展を続け、現在では、人口が56万人を数えるまでに至っています。
総面積 34.06km2 700位(815市区中)
世帯数 312001世帯 20位(815市区中)
人口総数 564489人 29位(815市区中)
年少人口率(15歳未満) 10.34% 704位(815市区中)
生産年齢人口率(15〜64歳) 68.62% 11位(815市区中)
高齢人口率(65歳以上) 21.04% 772位(815市区中)
転入者数 48903人 17位(815市区中)
転入率(人口1000人当たり) 86.63人 15位(815市区中)
転出者数 42647人 17位(815市区中)
転出率(人口1000人当たり) 75.55人 15位(815市区中)
主な祭り・行事 春らんまんまつり 高円寺びっくり大道芸 ハロー西荻 阿佐ヶ谷飲み屋さん祭り 荻窪飲み屋さん祭り 西荻茶散歩 久我山ホタル祭り 杉並方南歌謡祭&みんなで踊ろうエイサー 西荻おわら風の舞 阿佐谷七夕まつり 東京高円寺阿波おどり 阿佐谷ジャズストリート すぎなみ舞祭 高円寺フェス すぎなみフェスタ 荻窪音楽祭 高円寺演芸まつり 杉並演劇祭 大田黒公園紅葉ライトアップ 農業祭(すぎなみフェスタ会場内) アグリフェスタ
市区独自の取り組み 杉並次世代育成基金(すべての子どもたちが夢を抱き健やかに育つように、自然・文化・芸術・スポーツなどの様々な体験・交流事業への参加を支援) チャレンジ・アスリート事業(杉並次世代育成基金を活用し、オリンピック選手との交流やパラリンピック種目体験などプログラムの充実を図り、子どもたちに多様な体験機会を提供し、夢に向かって自らの意思でスポーツを選びチャレンジする子供を育成・支援)
ふるさと納税に対する取り組み 健全な寄附文化の醸成を図り、都市と地方の共存共栄を目指す。使い道は、(1)荻外荘の復原・整備(2)日本フィルハーモニー交響楽団が行う被災地支援の応援(3)次世代育成(4)社会福祉(5)NPO支援(6)みどりの育成(7)区政全般。お礼の品は、(1)区内の障害者施設の製品とする事で障害者の就労支援につなげる。(2)寄附者本人がお礼の品を受け取らずに、お礼の品相当額を児童福祉施設等へ贈呈することができる。
地方債現在高 26,592,781千円 386位(815市区中)
地方債現在高:1人当たり 47千円 8位(815市区中)

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

杉並区のおすすめ新築マンション

杉並区の新築マンション情報をもっと見る

杉並区のおすすめ新築一戸建て

杉並区の新築一戸建て情報をもっと見る

杉並区にある駅のクチコミを見る

高円寺阿佐ヶ谷荻窪西荻窪下井草井荻上井草八幡山永福町西永福浜田山高井戸富士見ヶ丘久我山東高円寺新高円寺南阿佐ヶ谷方南町

近隣の市区のデータを見る

朝霞市和光市新座市千代田区中央区港区新宿区文京区目黒区世田谷区渋谷区中野区豊島区北区板橋区練馬区武蔵野市三鷹市調布市小金井市狛江市東久留米市西東京市川崎市高津区川崎市多摩区

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

選択した市区を比較する
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元