住宅ローン基礎知識 借り換え

借り換え必要書類

住宅ローンとは長い付き合いになるのですが、時代と共に、商品内容は進化します。
住宅購入当時に最良と思えた「住宅ローン」でも、今となっては、時代遅れの、高金利ローンかも知れません。
借りたままではなく、定期的に見直しやメンテナンスが必要な時代です。
では、住宅ローンの借り換えにはどのような資料が必要でしょうか。

【借換えに必要な資料の例】

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 住民票
  • 印鑑証明書
借り換え先金融機関からの書類
  • 住宅ローン申込書
  • 金銭消費貸借契約書
  • 団体信用生命保険申込書兼告知書
  • 適用金利に関する特約書
  • 借入利率および返済方法等に関する特約書
現在ローンを支払っている
金融機関の書類
  • 金銭消費貸借契約書
  • 住宅ローン返済予定表
  • 住宅ローン返済実績(預金通帳)1年分のコピー
収入を証明する書類等
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 住民税課税証明書
  • 確定申告書(個人)
  • 納税証明書(個人)
  • 所得証明書(個人)
  • 確定申告書(法人)
  • 会社決算書(法人)
  • 納税証明書(法人)
不動産に関する書類
  • 登記済証(権利証)
  • (登記識別情報通知書)
  • 明細地図
  • 登記事項証明書(土地)
  • 登記事項証明書(建物)
  • 建築確認通知書
  • 売買契約書
  • 重要事項説明書
  • 工事請負契約書
  • 土地公図
  • 土地図面
  • 分譲案内(パンフレット)

※金融機関によって、詳細は異なります。 ※申込み人の職種によって、必要書類は異なります。

住宅ローンの借り換えは、金融機関が「全額繰り上げ返済する側」と「借り換えする側」の2か所になることからも、住宅購入時に最初に住宅ローンを申し込んだ時以上に多種多様な資料が必要です。

ただし、すべての資料を一度に用意する必要は無く、「事前審査時に必要な資料」と「本審査時に必要な資料」そして、「金銭諸費貸借契約時に必要な資料」それぞれで異なります。

段取り良くスケジュールを組んで行う事が必要です。
法務局や税務署や市区役所で取得する資料や、場合によっては勤務先に準備してもらう書類もあります。時間に余裕を持って借り換えに望むことが必要です。

中村 諭(なかむら さとし)
中村 諭
住宅ローンソムリエ(R)、ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)
貸金業務取扱主任者、オールアバウトガイド

千葉県市川市生まれ、「税理士・FPなどの専門家も相談にくる」住宅ローン・アパートローン専門のFP事務所を経営。
新聞、雑誌、ラジオ出演、講演、執筆と幅広く活躍中。

借り入れ可能額がわかる!家探し前のカンタン事前審査