住宅ローン基礎知識 新規借り入れ

仮審査と対策

住宅ローンの仮審査に通らず否認された場合、もう住宅ローンは組めないと思っていませんか?
確かに、否認された金融機関に再度申し込んでも難しい状況です。
でも、金融機関は他にもたくさんあります。他の金融機関に審査申し込みをすれば、審査に通る可能性が無いとも限りません。

ところが、別の金融機関で新たに申し込みをしようとしても、他の金融機関での申込状況を聞かれれば、否認された事実を告げなければなりません。
仮に、他の金融機関で否認された事実を隠して申し込んだとしても、個人信用情報の照会によって、他の金融機関に申し込んだ事実はすぐにわかってしまいます。
事実を隠すことは金融機関側の印象をとても悪くしてしまうので厳禁です。

現在と同じ状況のまま、やみくもに審査の申し込みをしても、同じ結果になる可能性が高いでしょう。
そこで、仮審査承認の可能性を上げるために、事前にできる対策を考えてみます。

仮審査で否認されないための対策

対策1 勤続年数が短い場合 転職の理由や職歴などを書面にして、前向きな転職であることを積極的に金融機関に伝える。
対策2 年収に対して借入金が多すぎる場合、頭金が少ない場合 「購入する物件を見直す」「親に頼んで頭金を増やす」などして、借入金を少なくする。
または、返済負担比率の基準が緩い金融機関へ申し込むなどの対策をとる。
対策3 団体信用生命保険に加入できない場合 原則として、民間の金融機関では、団体信用生命保険への加入が条件となっているので、借入はできません。
対処方法としては、加入が任意の「フラット35」を検討するか、もしくは、「ワイド団信」を取り扱っている金融機関に申込先を変更する。
対策4 住宅ローン以外の借入がある場合 自動車ローンや教育ローンはやむを得ないとしても、カードローンやキャッシングについては残高があればすぐに完済して、必要がなければ契約自体を解約する。
自動車ローンの返済が完了してから仮審査の申し込みをするのも一案です。
対策5 過去の延滞などでブラックリストに掲載されている場合 過去に借入金の返済に延滞などがあった場合は、個人信用情報機関に登録されてしまいます。
このような場合は、審査上大きなマイナス要因となり、対策案はなかなか見つかりません。
一定期間経過すれば、記録は抹消されます。記録が消されるまで待つことが基本です。
対策6 融資額が低くて希望額に届かない場合 希望金額の借入ができない場合は、家族に収入があれば次のようにすることで、借入額を増やすことができます。
  • 夫婦連盟で借入を行う
  • 夫婦の収入を合算する
  • 親子連名で借入を行う

対策の為に、否認された金融機関にその理由を問い合わせみたいところですが、残念ながらその具体的な理由は説明してもらえず、「総合的に判断して」と回答されるくらいです。
なので、仮審査で否認されないための対策としては、自ら「住宅ローンの審査で断られる理由」を想定して行くしかありません。

住宅ローンの仮審査を初めて申し込む場合でも、金融機関から断られる理由を先に知っておくだけで審査に通る可能性は大きくなります。

中村 諭(なかむら さとし)
中村 諭
住宅ローンソムリエ(R)、ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)
貸金業務取扱主任者、オールアバウトガイド

千葉県市川市生まれ、「税理士・FPなどの専門家も相談にくる」住宅ローン・アパートローン専門のFP事務所を経営。
新聞、雑誌、ラジオ出演、講演、執筆と幅広く活躍中。

借り入れ可能額がわかる!家探し前のカンタン事前審査