住宅ローン基礎知識 新規借り入れ

住宅ローン金利の種類

住宅ローンといえば、自分が借りる金利が気になりますね。
住宅ローン金利の種類は、大きく分けて「固定金利」と「変動金利」の2種類になります。

しかし、もっと大切な金利。是非、押さえておいて欲しい金利があります。
それは「基準金利」と「優遇金利」です。

あなたが住宅ローンを組んで、支払っていく利息は、「基準金利」から「優遇金利」を引いた後、つまり値引きを受けた後の金利が適用されます。一般的に馴染みのない「優遇金利」という単語ですが、実はとても重要なワードなのです。

基準金利

金融機関は「お金」を様々な手段を使って集めてきます。
例えば銀行は、定期預金等の利息を支払って、「お金」を集めています。
その調達コストに銀行の経費等を勘案し、更に、将来の市場金利動向に合わせて、集めて来た「お金」に金利を付加して融資しています。

つまり、「金利」は、各金融機関が独自に経営判断して決定しています。
この独自に決めている「金利」を、各金融機関の「基準金利」といいます。各金融機関が独自に決めている為、金融機関によって「基準金利」は異なります。

そして、「変動金利」「固定期間3年」「固定期間5年」「固定期間10年」「全期間固定」等々、銀行には沢山の種類の住宅ローンがありますが、その銀行で取り扱っている住宅ローンの種類だけ、「基準金利」は存在します。(「基準金利」を「店頭金利」という場合もあります。)

優遇金利

住宅ローンの申込者が各金融機関が定める一定の条件を満たす場合に、「基準金利」から一定の割合を引き下げた金利で融資を受けることがあります。
引き下げた後の金利を「適用金利」といい、引き下げ幅の金利のことを「優遇金利」といいます。
この「優遇金利」には「全期間優遇タイプ」と「当初期間優遇タイプ」の2パターンがあります。

全期間優遇タイプ

借り入れ当初より、返済終了まで全期間にわたって「優遇金利」の引き下げ幅が適用されるタイプです。

(例)
固定金利選択型(2年固定)住宅ローン、1.25%(当初期間優遇)の例
基準金利(2.65%)、優遇金利(全期間:▲1.40%)

全期間一律優遇タイプ

全期間一律優遇タイプのイメージ図

当初期間優遇タイプ

借り入れ当初の一定期間「優遇金利」の引き下げ幅が適用されるタイプです。
一定期間経過後は「優遇金利」の引き下げ幅が小さくなります。

(例)
固定金利選択型(2年固定)住宅ローン、0.55%(当初期間優遇)の例
基準金利(2.65%)
優遇金利(当初期間:▲2.10%、当初期間終了後:▲1.0%)

当初期間優遇タイプ

当初期間優遇タイプのイメージ図

優遇金利の取り消し

もしも、あなたが住宅ローンの返済を2か月連続して、遅延してしまった場合には、ペナルティとして「優遇金利」は取り消されます。
「優遇金利」が無い住宅ローンということは、今後、「基準金利」の利息を支払い続けることを意味します。

「優遇金利」が使える条件や取り消される条件は、各金融機関によって異なります。
住宅ローンを申し込む際に、良く聞いて理解しておくことが大切です。

中村 諭(なかむら さとし)
中村 諭
住宅ローンソムリエ(R)、ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)
貸金業務取扱主任者、オールアバウトガイド

千葉県市川市生まれ、「税理士・FPなどの専門家も相談にくる」住宅ローン・アパートローン専門のFP事務所を経営。
新聞、雑誌、ラジオ出演、講演、執筆と幅広く活躍中。

借り入れ可能額がわかる!家探し前のカンタン事前審査