住宅ローン基礎知識 中古住宅

リフォームローンのメリット・デメリット

最近は、リフォーム技術の向上や建物の耐久性・耐震性の改善、交通の利便性などから、あえて中古住宅を購入し、リフォームするという方も増えつつあります。
また、老後に備えての自宅のバリアフリー化や、二世帯住宅へのリフォームも多く見られます。

リフォーム資金にあてることができるローンには、次の3種類があります。

リフォームローンの種類

ローンの種類 使用目的
フリーローン・カードローン(※) 限定されていない(事業性資金は除く)
リフォームローン 住宅のリフォーム
住宅ローン 宅地の取得や住宅の新築・増改築、
既存の住宅ローンの借り換え

※フリーローンは追加融資なし、カードローンは限度額内で利用枠が残っていれば、追加融資可能なもの

小規模リフォームでは、借入額も小さいため、担保なしのリフォームローン利用が考えられますが、金利が比較的高めで、返済期間も短いため、毎月の返済額が大きくなります。

また、大規模リフォームで借入額が大きくなる場合は、担保有りのリフォームローンになるため、返済期間は長く、金利は低めになりますが、住宅ローンとほぼ同様、審査が厳しく、諸費用もかかります。

そうなると、リフォームローンを単独で借りるメリットは少ないといえます。
最近は、リフォーム費用に対応している住宅ローンもあります。
中古住宅購入後、リフォームも考えているならば、住宅ローンにリフォーム費用を組み込んで、一緒に借りた方が、手続き・諸費用が少なくてすみ、金利も低く有利といえます。

リフォームローンの特徴(メリット・デメリット)

担保 返済期間 金利 審査 融資限度額 諸費用
フリーローン・カードローン 基本的には無し 短い 高い(フリーローンはカードローンより低い) 即日~一週間程度
(フリーローンの方が厳しい)
300万~1000万円
程度
あまりかからない
10年以内が多い
リフォームローン 有り 長い
最長35年くらいまで
低い(住宅ローンよりは高い) 住宅ローンとほぼ同じ 2000万~3000万円程度 かかる
無し 短い
10年~15年程度
カードローンより低く、担保有リフォームローンより高い 比較的早い 500万~1000万円程度 あまりかからない
住宅ローン 有り 長い 低い 審査基準が厳しく、時間がかかる 契約者の年収・年齢などによる かかる

(注:各金融機関によって異なります)

中村 諭(なかむら さとし)
中村 諭
住宅ローンソムリエ(R)、ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)
貸金業務取扱主任者、オールアバウトガイド

千葉県市川市生まれ、「税理士・FPなどの専門家も相談にくる」住宅ローン・アパートローン専門のFP事務所を経営。
新聞、雑誌、ラジオ出演、講演、執筆と幅広く活躍中。

借り入れ可能額がわかる!家探し前のカンタン事前審査