住宅ローン基礎知識 新規借り入れ

2人で組む住宅ローン

 住宅ローンならではの特徴は、「低金利」で「長期」に「多額」のローンが組めることなのですが、「自分の年収では、希望する額の融資が受けられない」「自分の年齢では、長期のローンが組めない」など、住宅ローン本来の特徴を使い切れない場合があります。
そのような時には、自分1人ではなく、2人でローンを組むことで、住宅ローン本来の特徴を使うことも可能となります。

夫婦2名でローンを組む

1本のローンで申し込む方法

夫婦2人で1本の住宅ローンを申し込む方法を「収入合算」といいます。
収入合算とは、同居する親、子、配偶者の中に、所得のある人がいれば、その人の年収も住宅ローンを申し込む人(主債務者)の年収に足し合わせて、世帯年収として、1本のローンとして融資を申し込む方法です。

追加で加わる人を「合算者」といいますが、この「合算者」の条件は金融機関によって異なります。
「合算者」の収入を100%みてくれる金融機関、50%までしか合算収入に入れられない金融機関等、金融機関によって取り扱いが異なるため、事前に確認が必要です。

金融機関によって、合算者の立場は「連帯保証人」となるケース、「連帯債務者」となるケースがあるため、「連帯保証」と「連帯債務」との違いについて、理解して申し込む必要があります。

2本のローンで申し込む方法

夫婦2人の名義で2本の住宅ローンを申し込む方法を「ペアローン」といいます。
希望融資額を2本に分けて、夫婦1本ずつローンを申し込む方法です。
夫婦それぞれが、各々の契約額の主債務者となります。かつ、お互いに連帯保証人となる必要があります。

親子2名でローンを組む

1本のローンで申し込む方法

夫婦のとき同様に「収入合算」を使う方法です。
この他に「親子リレー」という方法もあります。

「親子リレーローン」は、主契約者には親がなり、子が債務を継承する形式で、1本のローンとして融資を申し込む方法です。
ひとつの借入れに対し、複数の方が債務者となる「連帯債務」となります。
連帯債務者相互(親と子)でそれぞれの負担割合を決めて、その割合に応じて登記することが望ましいのですが、負担割合を取り決めずに契約する人も多く、割合が不明の場合には平等の負担、持分とされます。
しかし、連帯債務の一方の返済負担額が、支払い能力を超えているとみなされると、贈与税の対象となることもあるため注意が必要です。

2本のローンで申し込む方法

一般的に「ペアローン」とは夫婦2名で2本に分けたローンを組む場合を指しますが、親子で2本に分けてローンを組む場合は「親子ペアローン」といいます。
希望融資額を2本に分けて、親子1本ずつローンを申し込む方法です。
親の申込み時の年齢との兼ね合いから、親の融資期間は短くなることが想定されるため、2本のローンの融資期間が異なることになります。
親子それぞれが、各々の契約額の主債務者となります。かつ、お互いに連帯保証人となる必要があります。

兄弟姉妹2名でローンを組む

原則として、兄弟姉妹で一緒にローンを組むことを金融機関は受け入れていません。
ただし、永続して同居が見込まれる場合で他に収入合算できる人が居ないなど、特別の事情があれば認められることもあるようです。
金融機関への問い合わせが必要です。

中村 諭(なかむら さとし)
中村 諭
住宅ローンソムリエ(R)、ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)
貸金業務取扱主任者、オールアバウトガイド

千葉県市川市生まれ、「税理士・FPなどの専門家も相談にくる」住宅ローン・アパートローン専門のFP事務所を経営。
新聞、雑誌、ラジオ出演、講演、執筆と幅広く活躍中。

借り入れ可能額がわかる!家探し前のカンタン事前審査