住宅ローン基礎知識 借り換え

金利上昇に備える借り換え

住宅ローンの借り換えを検討する場合は、その「目的」によって、取るべき対策が異なります。

【借り換え目的】

  1. 毎月の返済額を下げたい
  2. 総返済額を下げたい
  3. 金利上昇リスクを低くしたい

1. 毎月の返済を下げる目的

毎月の返済額を下げるには次の方法があります。

  • 現在借りている金利をもっと低い金利に換える
  • 住宅ローンの残りの返済期間を延ばす
  • このふたつを同時に行う

2. 総返済額を下げる目的

総返済額を下げるには、次の方法があります。

  • 現在借りている金利をもっと低い金利に換える
  • 住宅ローンの残りの返済期間を短くする
  • このふたつを同時に行う

3. 金利上昇リスクを抑える目的

金利上昇リスクを抑えるには、次の方法があります。

  • 変動金利で借りているローンを固定金利のローンに換える
    (現在固定金利で借りていたら、金利上昇リスクはありません)
  • 現在借りている金利をもっと低い金利に換える

固定金利で借りている人の対策

現在、固定金利で借りている人は、金利上昇リスクはありません。
しかし、金利がこのまま上がらなければ、高い金利の利息を支払い続けるリスクはあります。
そこで、対策としては、現在借りている住宅ローンよりも低い固定金利の住宅ローンへの借り換えが考えられます。
金利上昇に備えるには、借り換えをせずに現状維持という選択も充分に考えられます。

変動金利で借りている人の対策

変動金利から固定金利へ変更したいだけであれば、現在借りている銀行で金利プランの変更手続きをすれば、「変動金利」から「固定金利」への変更は可能です。
手続きも費用も借換えに比べて、負担が低く済みます。

しかしながら、金利プランの変更では適用金利が高い場合には、他の金融機関への借り換えは有効です。
また、金利が上昇して困るのは、毎月の返済額が増えてしまう事なので、返済月額を抑えるには変動金利から変動金利への借り換えで、「金利をもっと下げる」という対策も有効です。

住宅ローンの変動金利の指標となる国の政策金利は、ゼロ金利政策が続いており、無担保コール翌日物や、固定金利の指標である長期金利(新発10年国債利回り)も最低水準となっています。
しかしながら、この金利状態がいつまで続くのか、いつどれくらい上昇するかは誰にも分かりません。

住宅ローン金利が、これ以上大幅に下がることは考えにくく、金利上昇を意識した住宅ローンとの付き合い方が必要になります。

中村 諭(なかむら さとし)
中村 諭
住宅ローンソムリエ(R)、ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)
貸金業務取扱主任者、オールアバウトガイド

千葉県市川市生まれ、「税理士・FPなどの専門家も相談にくる」住宅ローン・アパートローン専門のFP事務所を経営。
新聞、雑誌、ラジオ出演、講演、執筆と幅広く活躍中。

住宅ローン一括審査申込み無料

事前にご用意くださいご準備いただくと入力がスムーズです

【共通】
・前年度年収のわかる資料
・保険証などのご家族の状況がわかる資料
・勤務先の概要がわかる資料(会社名、住所、設立年月、資本金など)
・借入がある場合は契約内容や残高がわかる資料
【住宅購入(新規)】
・対象物件の概要がわかる資料(住所、建物・土地面積、構造など)
【借り換え】
・現在お借入の住宅ローンの返済予定表
まずは住宅ローンシミュレータで支払い額を確認!
簡単な条件や希望を入力するだけで、諸費用も含めた支払額を確認!

■金融機関についてのご注意

表示される金融機関について
候補として表示された提携金融機関はあくまでもお客様の入力情報にもとづいた融資実行見込みがある金融機関です。株式会社イッカツがお客様に対し、表示された提携金融機関からローンが受けられることを保証するものではありません。お客様が株式会社イッカツ宛にローン契約の申し込みに必要な情報を送信された場合であっても、各金融機関の審査の結果、ローン契約を締結できない場合があります。
住宅ローン金利はすべて同じではありません!金利比較してください
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2015 株式会社イッカツ All Rights Reserved.
住宅本舗