住宅ローン基礎知識 保険

火災保険の補償内容

火災や地震など、大きな災害に見舞われると、建物や家財に甚大な損害が発生します。
そんなときに支払われるのが火災保険金ですが、損害の発生原因ごとに、次のような補償内容が設定されています。

火災保険の補償範囲・補償内容・事例・注意点

補償範囲 補償内容 事例・注意点
火災 失火・もらい火・放火などによる火災の損害 契約者・被保険者やその家族が放火犯もしくは重過失である場合は対象外
落雷 落雷による損害
  • 建物付属の電気設備が故障の場合は「建物」での補償
  • 冷蔵庫などの電化製品の場合は「家財」での補償
破裂・爆発 気体または蒸気の急激な膨張によって発生した破裂や爆発による損害 ガス漏れなどによる破裂・爆発による損害を補償
風災・ひょう災・雪災 台風や暴風雨などの異常気象により受けた建物や家財の損害
  • 風災:台風・施風・暴風・竜巻など。
  • 雪災:豪雪・雪崩(なだれ)など
水災 台風や暴風雨などが原因で起こる洪水・高潮・土砂崩れなどによる損害
  • 地震による津波や土砂崩れは対象外
  • 水災として認められる被害は、原則として床上浸水や建物・家財が再調達価額の30%以上の損害を受けたとき
水濡れ 給排水設備に生じた事故による損害・他人の戸室で生じた事故による漏水・放水・溢水(いっすい)による水濡れ損害
  • 設備などの老朽化・過失による損害は対象外
  • 自宅から階下の部屋への漏水による損害は対象外
物体の落下・衝突 建物外部からの物体の落下・衝突
  • 自動車が自宅に飛び込んできた場合
  • 野球ボールが窓ガラスを直撃し、破損した場合など
騒じょう・労働争議 集団行動などに伴う暴力行為・破壊行為による損害 デモ隊と機動隊の衝突や暴力団同士の抗争で、自宅の外壁や建物が壊された場合など
盗難 盗難による盗取(とうしゅ)や損傷・汚損などの損害
  • 泥棒に窓ガラスを割られた場合は「建物」で補償
  • 家財の盗難は「家財」で補償
  • 現金は一定額まで補償あり

※細かい補償内容は保険会社やプランにより異なりますので、契約前に必ず確認しましょう。

火災保険では、損害の対象を「建物」と「家財」に分けています。したがって、建物のみを補償対象とした火災保険に加入した場合は、家財に対しての補償は受けられないので注意しましょう。
一般的に、火災保険の補償対象となる「建物」は、建物と門や塀などの付属建物、「家財」は、家具・家電など建物に収容されている動産が補償範囲となっています。補償される対象の範囲は保険会社によって異なる可能性がありますので、より細かく知りたい方は保険会社などに確認することをおすすめします。
上記の補償内容は、建物や家財など「物」への直接的な損害に対するものですが、これとは別に、損害に伴って間接的に発生する「費用」を補償する、「費用保険」と呼ばれる補償があります。費用保険の主な補償内容は次の通りです。

財産とは

費用保険の種類と補償内容

費用の種類 補償内容
臨時費用 損害保険が支払われる場合に、損害保険金とは別に支払われる費用保険金
失火見舞い費用 火災などで、第三者に損害を与えた場合に支払われる見舞金
地震火災費用 地震・噴火・津波などによる火災で、建物が半焼以上の場合に支払われる費用
損害防止費用 火災などの発生時に、損害拡大を防止するための必要かつ有益な費用
修理附帯費用 火災・落雷・爆発などによる損害を復旧するための必要かつ有益な費用

なお、上記表でご紹介した費用保険は一例です。事故の原因などの条件によっては保険金が支払われない場合がありますので、十分に注意しましょう。
また、保険会社によって費用の種類や補償内容が異なります。火災保険に加入する際は、保険会社などにきちんと補償内容などを確認することをおすすめします。既に加入している人は、改めて内容を確認してみるとよいでしょう。

執筆者(2014年8月執筆)
中村 諭(なかむら さとし)
住宅ローンソムリエ(R)、ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)
貸金業務取扱主任者

※本記事は、2021年3月時点の情報に基づき一部内容を修正しました
監修者:小花 絵理(宅地建物取引士)


オンライン型住宅ローン借り入れサービス