住宅ローン基礎知識 その他の役立つ記事

住宅ローンの返済方法

住宅ローンの返済方法には、「元利均等返済方式」と「元金均等返済方式」次の2通りあります。一般的に「元金均等返済方式」がお得といわれていますが、ふたつの返済方式の特徴を解説します。

元金均等返済方式

月々の住宅ローンの支払いは、元金と利息を支払っていくのですが、住宅ローンで借りた金額を返済月数で割った元金の額を毎月、均等額支払うことを先に決めて、そこに、ローン残債に応じた利息を月々の元金返済に上乗せして、支払っていく方式が「元金均等返済方式」です。
ローン残高が減れば減るほど、支払利息額は少なくなっていくため、返済が進むほど、月々の金融機関への支払額は減っていきます。

元金均等返済方式のイメージ図

メリット

  • 毎月の返済額が月々少なくなっていくため、将来の家計負担が軽くなる
  • 返済期間が同じなら「元利均等返済方式」よりも総支払額が少なくなる
  • 「元利均等返済方式」に比べ、返済当初の元金の減りが早い

デメリット

  • 「元利均等返済方式」に比べ、返済当初の負担(金融機関への支払額)が重い
  • 「元利均等返済方式」に比べ、住宅ローンの融資可能額が少ない
  • 取扱っていない金融機関がある

元利均等返済方式

住宅ローンの月々の支払額を、元金と利息の合計額が、住宅ローンを借りている期間、ずっと均等に支払い続ける方式が「元利均等返済方式」です。
金利のタイプについて固定金利を選択している場合には、毎回の返済額が変わらないため、家計管理から考えると、返済計画が立てやすくなります。

元利均等返済方式のイメージ図

メリット

  • 毎回の返済額が一定なので家計管理がしやすい
  • 「元金均等返済方式」に比べ、当初の返済額が少ない
  • 多くの金融機関で取り扱っている

デメリット

  • 返済期間が同じなら「元金均等返済方式」よりも総支払額が多くなる
  • 「元金均等返済方式」に比べ、返済当初の元金の減りが遅い

元金均等返済と元利均等返済の注意点

ふたつの返済方式のメリット・デメリットを上記のとおり列挙しましたが、「損得」ではなく、「リスク管理」の面から勘案した場合、住宅購入当初はこれまでに貯めた貯金も住宅購入の「諸費用」や「頭金」に使い果たしてしまう場合もあります。
そのような時に、住宅購入間もない時期の支払額の大きい「元金均等返済方式」はリスクとなる場合があります。

また、「元金均等返済方式」の方が、総返済額が少なく済むのは、返済期間が同じ場合の比較となっています。
仮に「元金均等返済方式」の初回支払い額と同等額を、「元利均等返済方式」の毎月の返済額とすることが可能であれば、完済までの返済期間は短くすることが可能です。この場合は「元利均等返済方式」の方が、総返済額は少なく済みメリットがあることとなります。

中村 諭(なかむら さとし)
中村 諭
住宅ローンソムリエ(R)、ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)
貸金業務取扱主任者、オールアバウトガイド

千葉県市川市生まれ、「税理士・FPなどの専門家も相談にくる」住宅ローン・アパートローン専門のFP事務所を経営。
新聞、雑誌、ラジオ出演、講演、執筆と幅広く活躍中。

住宅ローン一括審査申込み無料

事前にご用意くださいご準備いただくと入力がスムーズです

【共通】
・前年度年収のわかる資料
・保険証などのご家族の状況がわかる資料
・勤務先の概要がわかる資料(会社名、住所、設立年月、資本金など)
・借入がある場合は契約内容や残高がわかる資料
【住宅購入(新規)】
・対象物件の概要がわかる資料(住所、建物・土地面積、構造など)
【借り換え】
・現在お借入の住宅ローンの返済予定表
まずは住宅ローンシミュレータで支払い額を確認!
簡単な条件や希望を入力するだけで、諸費用も含めた支払額を確認!

■金融機関についてのご注意

表示される金融機関について
候補として表示された提携金融機関はあくまでもお客様の入力情報にもとづいた融資実行見込みがある金融機関です。株式会社イッカツがお客様に対し、表示された提携金融機関からローンが受けられることを保証するものではありません。お客様が株式会社イッカツ宛にローン契約の申し込みに必要な情報を送信された場合であっても、各金融機関の審査の結果、ローン契約を締結できない場合があります。
住宅ローン金利はすべて同じではありません!金利比較してください
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2015 株式会社イッカツ All Rights Reserved.
住宅本舗