住宅ローン基礎知識 新規借り入れ

頭金は大事

「頭金はいくら使えば良いですか?」住宅購入相談の中でよく質問されるワンフレーズのひとつです。
確かに頭金をたくさん用意できれば、住宅ローンの利息支払額が少なく済むのでお得です。
でも、考える順番が逆です。

最初に「頭金」に使う額を検討するのではなく、今後の生活の為に「残しておく金額」を決めた後、その時に「残ったお金」を頭金に廻すのです。
それでは、「頭金」の考え方について解説します。

たくさん頭金を用意するのは大事

「物件価格の2割~3割程度は頭金を用意しましょう。」という話があります。
これは、不測の事態が生じた時にでも、購入した住宅をすぐに売れるための対策でもあります。
住宅を売らなければならない事態に陥った時に、ローン残高が売却時の時価を下回っていれば、売却しやすいことが理由です。

また、金融機関への総返済額を考えても、借りるローン額が少なければ少ないほど、金融機関へ支払う「利息額」は少なく済み、お得です。

(例)
自己資金1500万円保有のご夫妻。
4000万円の住宅購入を検討中、頭金を500万円にすべきか?1000万円にすべきか?思案中。

頭金500万円の場合 頭金1000万円の場合
ローン額 3500万円 3000万円
金利 2.0%(固定金利) 2.0%(固定金利)
期間 35年 35年
返済月額 11万5941円 9万9378円
総支払利息額 1369万5627円 1173万9108円

頭金500万円の差は、毎月の家計を1万6563円助けます。老後の貯蓄額も200万円近く助けます。
長期的視野で見ると頭金は、多く用意すれば用意するほど、安心でお得です。

できるだけ「頭金」を使わないのも大事

頭金をできるだけ用意して、住宅ローンで借りる額を減らすことは確かに大事です。
しかしながら、それはあなたのライフプラン次第です。
状況によっては、自己資金はできるだけ手許に残し、頭金は使わずに、住宅ローンで借りる額を多くした方が良いケースもあります。

例えば
共働きのご夫妻が、ふたりの収入を基に住宅購入をするケースはよくありますが、その時には、妻側の働き方がポイントです。

  • 産休、育休に入った時の収入はどのようになりますか?
  • 仕事に復帰したとしても、以前と同じ年収は続きますか?
  • 次のお子様の出産予定はありませんか?
  • その時々の預貯金額はどのようになっていますか?

生涯働く予定でも、年収ダウンが避けられない年もあります。
このような時は、貯蓄を取り崩しての生活になります。その時に、頼りになるのが「現金」です。

住宅ローンの組み方は、「損得勘定」よりもライフプランを軸にご検討下さい。
ただし、安易に「頭金なし」で住宅ローンを組むのは止めましょう。
住宅ローンは「借金」です、ご利用は計画的に。

中村 諭(なかむら さとし)
中村 諭
住宅ローンソムリエ(R)、ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)
貸金業務取扱主任者、オールアバウトガイド

千葉県市川市生まれ、「税理士・FPなどの専門家も相談にくる」住宅ローン・アパートローン専門のFP事務所を経営。
新聞、雑誌、ラジオ出演、講演、執筆と幅広く活躍中。

借り入れ可能額がわかる!家探し前のカンタン事前審査