住宅ローン基礎知識 新規借り入れ

無理のない住宅ローン金額の計算方法

「無理のない住宅ローン」とは「無理のない返済計画」がすべてと言って過言ではありません。
「無理のない返済」を考えるときに必要なことは、毎月「住宅費」としていくら使えるのかがポイントです。
家計の出口、「支出」から「無理のない住宅ローン金額」を考えます。

毎月の支出を書き出してみる

あなたの家計の出口はどのような項目があり、いくら出ていきますか?
年間の支出額を各項目ごとに大まかにでも構わないので、12で割って書き出してみます。

◎ 食費 [      円]/ 月
◎ 水道光熱費 [      円]/ 月
◎ 住居費 [      円]/ 月
◎ 通信費 [      円]/ 月
◎ 教育費 [      円]/ 月
◎ 保険料 [      円]/ 月
◎ 健康医療費 [      円]/ 月
◎ おこづかい [      円]/ 月
◎ レジャー費 [      円]/ 月
◎ 貯金 [      円]/ 月
◎ その他 [      円]/ 月

さて、住居費にはいくらの額が入りましたか?
次は、この住居費を更に細分化してみましょう。

住居費の内訳

住居費   [      円]/ 月

内訳
○ 住宅ローン返済額 [       円]/ 月【A】
○ 管理費・修繕積立金 [       円]/ 月
○ 固定資産税・都市計画税 [       円]/ 月
○ 駐車場代 [       円]/ 月

「住宅ローン返済」に使える、月額【A】を次の計算式に入れて、算出できた額があなたにとって「無理のない住宅ローン金額」となります。

【住宅ローン金額】=【A】÷【係数(※)】×100万円

※係数
ここに入る「係数」は、あなたが借りる住宅ローンの「期間」と「金利」から下記の表の中から該当数字を当てはめます。
「無理のない住宅ローン金額」を計算するにあたっては、金利上昇リスクの無い「固定金利」を基本に考えます。

【係数】

  1.00% 1.50% 2.00% 2.50% 3.00% 3.50%
15年 5985 6207 6435 6668 6906 7149
20年 4599 4825 5059 5299 5546 5800
25年 3769 3999 4239 4486 4742 5006
30年 3216 3451 3696 3951 4216 4490
35年 2823 3062 3313 3575 3849 4133
中村 諭(なかむら さとし)
中村 諭
住宅ローンソムリエ(R)、ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)
貸金業務取扱主任者、オールアバウトガイド

千葉県市川市生まれ、「税理士・FPなどの専門家も相談にくる」住宅ローン・アパートローン専門のFP事務所を経営。
新聞、雑誌、ラジオ出演、講演、執筆と幅広く活躍中。

借り入れ可能額がわかる!家探し前のカンタン事前審査