住宅ローン基礎知識 新規借り入れ

連帯保証と連帯債務

住宅ローンを組む際に、本人ひとりの年収だけでは希望の融資が受けられない場合や、両親が保有している土地に、息子が住宅ローンを借りて家を建てるなど、「連帯保証」もしくは「連帯債務」のどちらかにが必要となる場合があります。
住宅ローンを借りる人を債務者といいますが、その債務者の「債務」を保証する人を「連帯保証人」といい、一緒に債務者になる人を「連帯債務者」といいます。
「連帯保証人」と「連帯債務者」のでは何が違うのでしょうか。

連帯保証人とは

「保証人」とは、お金を借りた債務者が返済できない場合に、代わりに返済する責任を持ちます。
つまり、債務者に支払い能力があれば、債権者から返済を求められることはありませんが、「連帯保証人」となると、事実上債務者と全く同じ義務を負うことになります。
債権者である金融機関は、「債務者」と「連帯保証人」のどちらから先に、返済を求めても構わない事になっています。
連帯保証人は、債務者に先に請求するように要求する権利がないのです。

連帯債務者とは

「債務者」とは、借金などの返済義務がある人をいいますが、「連帯債務」とは、2人とも同じ債務を負って住宅ローンを一緒に返済していく義務があることを意味し、連帯債務を負う人を「連帯債務者」といいます。債権者である金融機関は、「債務者」と「連帯債務者」のどちらから先に、返済を求めても構わない事になっています。
連帯債権者は、先に債務者に請求するように要求する権利がないのです。

連帯債務と連帯債務との違い「住宅ローン特別控除について」

2人で住宅ローンを組む場面での、「連帯債務」は、負担割合に応じて「借金」についても、「不動産」についても、持分を決定することとなります。
つまり、借金の名義人の一人となるため、住宅ローン減税を各人の持分割合に応じて使う事ができます。
「連帯保証」は、あくまでも保証するだけの関係です。
つまり「借金」の名義人では無いので、住宅ローン減税を使う事はできません。
「連帯債務」は、借金を一部持つことになるため、不動産の持分がありますが、「連帯保証」の場合には、不動産の持分がまったくゼロというケースもあります。

中村 諭(なかむら さとし)
中村 諭
住宅ローンソムリエ(R)、ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)
貸金業務取扱主任者、オールアバウトガイド

千葉県市川市生まれ、「税理士・FPなどの専門家も相談にくる」住宅ローン・アパートローン専門のFP事務所を経営。
新聞、雑誌、ラジオ出演、講演、執筆と幅広く活躍中。

借り入れ可能額がわかる!家探し前のカンタン事前審査