住宅ローン基礎知識 保険

火災保険の保険金

火災保険の保険金には、災害によって、「建物や家財」が直接受けた損害・損失に対して支払われる損害保険金と、それらにともなって発生する「費用」に対して支払われる費用保険金があります。

費用保険金は、意外と知られていないのですが、たとえば火災の場合、建物や家財の焼け屑を撤去するための費用が別にかかります。こうした費用をカバーするのが、費用保険金です。

費用保険金は、火災保険の基本契約にあらかじめセットされていたり、特約として追加する場合など、契約方法が保険会社によって異なります。種類も保険会社によって異なり、支払われる保険金も、実費によるものや、保険金額の一定割合といったものなど複雑です。

費用保険金

一般的な費用保険金には次のようなものがあります。

臨時費用保険金 損害保険金が支払われる時、損害保険金とは別に支払われる保険金で、使い道は限定されていません。保険会社によって異なりますが、一般に損害保険金の10~30%の範囲内で、100~300万円程度を限度に支払われます。
多くの場合、損害保険金と合わせて、保険金額を超えてしまっても支払われます。
残存物取り片付け費用保険金 損害保険金が支払われる時、損害をうけた建物や家財の残存物の取り片付けに必要な費用に対して支払われます。
損害保険金の10%程度を限度に実費が支払われます。
失火見舞い費用保険金 火災などにより、第三者の所有物に一定の損害を与えた場合、見舞金として支払われます。被災世帯一世帯につき20~50万円程度、1事故につき、保険金額の20%程度が限度額になります。
水道管修理費用保険金 専用水道管が凍結によって損害を受けた場合、修理費用として支払われます。
損害防止費用保険金 火災・落雷・破裂・爆発が発生した場合、損害の拡大を防止するために、消火活動で支出した必要・有益な費用に対して、実費で支払われます。
地震火災費用保険金 地震・噴火・またはこれらによる津波が原因の火災で、建物が半焼以上、家財が全焼した場合に支払われます。
保険会社によって異なりますが、保険金額の5%程度が支払われます。

このように、様々な費用を補償してくれる費用保険金ですが、あまり多すぎると複雑になり、把握するのが困難になります。その結果、保険会社による支払漏れや、自分自身の請求漏れにも繋がります。火災保険契約にあらかじめセットされているような場合は、内容を今一度確認してみてください。

中村 諭(なかむら さとし)
中村 諭
住宅ローンソムリエ(R)、ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)
貸金業務取扱主任者、オールアバウトガイド

千葉県市川市生まれ、「税理士・FPなどの専門家も相談にくる」住宅ローン・アパートローン専門のFP事務所を経営。
新聞、雑誌、ラジオ出演、講演、執筆と幅広く活躍中。

借り入れ可能額がわかる!家探し前のカンタン事前審査