住宅ローン基礎知識 年代別ケーススタディ

50代の住宅資金計画

50代で住宅を購入する決断をする。
建て替えや住み替えではなく、これから新たに住宅ローンを組むという方は少なくありません。
50代の住宅購入についてメリットとデメリットを解説します。

50代で住宅購入するメリット

年収

人生の中で年収が最も高い時期ではないでしょうか。
住宅ローンの審査において「年収」は大きなポイントを占めます。
「年収」が高ければ、それだけ希望の住宅を手に入れることが可能になります。

これから大きな額のローンを組んで、長期返済が始まるのですから、メリット面よりも、デメリットや注意すべき点の方が多くなってしまいます。

自己資金が豊富

自己資金が豊富で、住宅ローンを使わずに現金で家が買える。
そのような方は、住宅ローン減税や団体信用生命保険を上手に活用する為に、住宅ローンをあえて組むことは一考の価値ありです。
現金を一括で支払ってしまうのではなく、手元に残す案は有効です。

50代で住宅購入するデメリット

住宅ローン審査

50歳を超えると金融機関における住宅ローンの審査は、問われる項目も増え厳しくなります。
定年退職後もローン返済が続くため、無理のない返済計画が肝心です。
「定年退職は何歳ですか?」
「退職金の受け取り予定額は分かりますか?」
「公的年金の受給予定額は分かりますか?」
「繰上げ返済の予定はありますか?」

完済時年齢

年齢的に35年ローンは組めません。
それでも80歳まで住宅ローンが続く人も存在します。
無理のない資金計画、特に返済の計画が重要になってきます。
老後破産という言葉があることを知って、住宅購入に望みましょう。

融資額

年収が高いという事は、高額な融資を受けられることになります。
しかしながら、年齢的に35年ローンは難しいため、毎月の返済額は多額になってきます。
「銀行から借りられる額」と「無理なく返済できる額」は違うことを、肝に銘じ住宅購入の資金計画を慎重にしましょう。

教育費

教育費が嵩(かさ)む時期と、ローン返済が重なります。
計画的な繰上げ返済も難しい可能性があります。
教育費負担を熟考し、融資を受ける住宅ローン金額を検討しましょう。

団体信用生命保険

手術や入院がなくても投薬などで症状によっては、団体信用生命保険に加入出来なくなるかもしれません。
そうなると団信加入が義務づけられている民間金融機関のローンが組めなくなります。

50代で初めて住宅ローンを組むという方のご相談で多いのが、ライフプランの変化です。
結婚や子を授かったとの場合があります。
これから住宅ローンを組み、教育費負担が始まります。その一方で、定年退職までの所得を得られる期間はそれほど長くなく、老後の生活資金も気になる頃です。
人生の三大出費が重なる可能性が大きいため、ライフプラン・キャッシュフローを作成し無理のない返済計画を立てることがとても重要になってきます。

中村 諭(なかむら さとし)
中村 諭
住宅ローンソムリエ(R)、ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)
貸金業務取扱主任者、オールアバウトガイド

千葉県市川市生まれ、「税理士・FPなどの専門家も相談にくる」住宅ローン・アパートローン専門のFP事務所を経営。
新聞、雑誌、ラジオ出演、講演、執筆と幅広く活躍中。

借り入れ可能額がわかる!家探し前のカンタン事前審査