住宅ローン基礎知識 新規借り入れ

住宅ローンの本審査対策

住宅ローンの仮審査で金融機関から承認されたら、不動産購入の重要事項説明を受けて、不動産売買契約を結びます。
この段階で正式に金融機関にて、住宅ローンの申込を行います。
これを本申込みといい、この時の金融機関の審査を本審査といいます。

この本申込では、住宅ローン申込書に必要事項を記入し、署名捺印して、必要書類を一式準備します。
ここからは金融機関の審査だけではなく保証会社も審査に加わります。
そして、団体信用生命保険の申し込みも同時に行います。

本審査を受けるための主な必要書類等

金融機関が用意する書類 住宅ローン借入申込書
団体信用生命保険申込書兼告知書
本人が用意する資料 本人確認資料 運転免許証、住民票謄本、健康保険証など
年収確認資料 給与所得者:源泉徴収票、所得証明書など
自営業者:納税証明書、確定申告書(3年分)など
会社経営者:源泉徴収票、法人決算書(3年分)など
物件についての資料 不動産売買契約書、重要事項説明書、土地・建物の登記事項証明書、物件概要書、公図、物件案内地図、間取り図、測量図、配置図など

通常は審査結果までに2~3週間程度の期間を要します。
必要書類はマンション、戸建てなど物件によって違いますが、必ず、金融機関に必要書類に関する一覧表を準備してもらい、提出書類に不備が無いか確認しましょう。
金融機関はすべての必要書類が整って審査に入る為、提出書類に不備があると、審査結果が出るのに時間がかかることとなります。

本審査では該当物件について、現地で直接確認するなど、仮審査よりも厳密に審査をします。
金融機関は最悪の場合を想定し「住宅ローンの残高を物件の売却価格でカバーできるか」という観点から、担保評価を行うためです。

申込のときは住宅ローン特約を必ず確認

住宅ローンの正式な申込を行う前に、その不動産に関する権利関係や取引条件などについて、書面で重要事項説明を交わします。
この重要事項説明書の中の取引条件に関する事項に、ローン特約という項目があります。
一般的に「申し込む住宅ローンの審査が否認された場合は契約解除ができて、手付金も返済される」というような内容です。
借入額、金利、返済条件など、住宅ローンの内容が具体的に明記されている場合もあります。
とても大切な重要事項のひとつなので、必ず確認しましょう。

住宅ローンの審査を通ることは、スタートでしかありません。
無理をして住宅ローンの審査に通り、念願のマイホームを手に入れたとしても、住宅ローンの返済ができなくなると、あなたの家族が路頭に迷う危険にさらされます。
大切なことは、審査に通ることではなく、無理なく返済を継続し、完済することです。
その為にも、「借りるため」の資金計画だけでは無く、「返しきるため」の返済計画も立ててから、住宅ローンの契約書にサインすることをお勧めします。

中村 諭(なかむら さとし)
中村 諭
住宅ローンソムリエ(R)、ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)
貸金業務取扱主任者、オールアバウトガイド

千葉県市川市生まれ、「税理士・FPなどの専門家も相談にくる」住宅ローン・アパートローン専門のFP事務所を経営。
新聞、雑誌、ラジオ出演、講演、執筆と幅広く活躍中。

借り入れ可能額がわかる!家探し前のカンタン事前審査