あなたにとっての“住みやすい街”が見つかる「暮らしデータ」

北海道の子育て関連の独自の取り組み

北海道内の子育て関連の独自の取り組みについて、市区の違いを一覧で比較。市区名をクリックするとその市区の詳細が確認できます。

市区名子育て関連の独自の取り組み
(1)交通事故・労働災害等のその他不慮の災害により、父、または母等を失った(重度障がいとなった場合を含む)義務教育終了前の遺児を扶養する方に遺児1人につき月額4,000円を支給するとともに、手当の対象となる遺児が小・中学校および高等学校に入学する際または中学卒業後、就職する際に遺児1人につき2万円を支給。(2)最も保育料の高い3歳未満の児童を対象として、第2子の保育料を無料化し、子育て世代の経済的負担を軽減。
(1)交通事故・労働災害等のその他不慮の災害により、父、または母等を失った(重度障がいとなった場合を含む)義務教育終了前の遺児を扶養する方に遺児1人につき月額4,000円を支給するとともに、手当の対象となる遺児が小・中学校および高等学校に入学する際または中学卒業後、就職する際に遺児1人につき2万円を支給。(2)最も保育料の高い3歳未満の児童を対象として、第2子の保育料を無料化し、子育て世代の経済的負担を軽減。
(1)交通事故・労働災害等のその他不慮の災害により、父、または母等を失った(重度障がいとなった場合を含む)義務教育終了前の遺児を扶養する方に遺児1人につき月額4,000円を支給するとともに、手当の対象となる遺児が小・中学校および高等学校に入学する際または中学卒業後、就職する際に遺児1人につき2万円を支給。(2)最も保育料の高い3歳未満の児童を対象として、第2子の保育料を無料化し、子育て世代の経済的負担を軽減。
(1)交通事故・労働災害等のその他不慮の災害により、父、または母等を失った(重度障がいとなった場合を含む)義務教育終了前の遺児を扶養する方に遺児1人につき月額4,000円を支給するとともに、手当の対象となる遺児が小・中学校および高等学校に入学する際または中学卒業後、就職する際に遺児1人につき2万円を支給。(2)最も保育料の高い3歳未満の児童を対象として、第2子の保育料を無料化し、子育て世代の経済的負担を軽減。
(1)交通事故・労働災害等のその他不慮の災害により、父、または母等を失った(重度障がいとなった場合を含む)義務教育終了前の遺児を扶養する方に遺児1人につき月額4,000円を支給するとともに、手当の対象となる遺児が小・中学校および高等学校に入学する際または中学卒業後、就職する際に遺児1人につき2万円を支給。(2)最も保育料の高い3歳未満の児童を対象として、第2子の保育料を無料化し、子育て世代の経済的負担を軽減。
(1)交通事故・労働災害等のその他不慮の災害により、父、または母等を失った(重度障がいとなった場合を含む)義務教育終了前の遺児を扶養する方に遺児1人につき月額4,000円を支給するとともに、手当の対象となる遺児が小・中学校および高等学校に入学する際または中学卒業後、就職する際に遺児1人につき2万円を支給。(2)最も保育料の高い3歳未満の児童を対象として、第2子の保育料を無料化し、子育て世代の経済的負担を軽減。
(1)交通事故・労働災害等のその他不慮の災害により、父、または母等を失った(重度障がいとなった場合を含む)義務教育終了前の遺児を扶養する方に遺児1人につき月額4,000円を支給するとともに、手当の対象となる遺児が小・中学校および高等学校に入学する際または中学卒業後、就職する際に遺児1人につき2万円を支給。(2)最も保育料の高い3歳未満の児童を対象として、第2子の保育料を無料化し、子育て世代の経済的負担を軽減。
(1)交通事故・労働災害等のその他不慮の災害により、父、または母等を失った(重度障がいとなった場合を含む)義務教育終了前の遺児を扶養する方に遺児1人につき月額4,000円を支給するとともに、手当の対象となる遺児が小・中学校および高等学校に入学する際または中学卒業後、就職する際に遺児1人につき2万円を支給。(2)最も保育料の高い3歳未満の児童を対象として、第2子の保育料を無料化し、子育て世代の経済的負担を軽減。
(1)交通事故・労働災害等のその他不慮の災害により、父、または母等を失った(重度障がいとなった場合を含む)義務教育終了前の遺児を扶養する方に遺児1人につき月額4,000円を支給するとともに、手当の対象となる遺児が小・中学校および高等学校に入学する際または中学卒業後、就職する際に遺児1人につき2万円を支給。(2)最も保育料の高い3歳未満の児童を対象として、第2子の保育料を無料化し、子育て世代の経済的負担を軽減。
(1)交通事故・労働災害等のその他不慮の災害により、父、または母等を失った(重度障がいとなった場合を含む)義務教育終了前の遺児を扶養する方に遺児1人につき月額4,000円を支給するとともに、手当の対象となる遺児が小・中学校および高等学校に入学する際または中学卒業後、就職する際に遺児1人につき2万円を支給。(2)最も保育料の高い3歳未満の児童を対象として、第2子の保育料を無料化し、子育て世代の経済的負担を軽減。
母子保健、児童福祉情報等の情報を盛り込んだ「子育て応援ハンドブックすくすく手帳」を作成し、出生世帯、未就学児がいる転入世帯に配付。ひとり親家庭に係る各種制度や相談窓口等を総合的に紹介した「ひとり親家庭のしおり」を作成し、ひとり親家庭に配付。小・中学校に入学する子どもの保護者に対し入学準備給付金を支給(入学する子ども一人につき3万円。所得制限等条件あり)。スマートフォン向け子育てアプリ「Grucco」により子育てに関する情報を配信。
(1)小樽わくわく共育ネットワーク(家庭教育支援事業)。(2)「移動式 赤ちゃんの駅」貸出し事業。
(1)ファミリーサポートセンター事業及び上川中部こども緊急さぽねっと事業の利用について、ひとり親・非課税世帯には利用料の4/5を、その他の世帯には利用料の1/2を助成。(2)第2子以降の特定不妊治療費助成を2016年4月より開始。(3)不育症治療費助成を2017年4月より開始。
(1)幼稚園・保育所の第3子以降保育料無料化及び寡婦(夫)みなし適用。(2)特定不妊治療費助成金(男性の不妊治療も対象)。(3)女性向け職場改善魅力アップ支援事業(女性が安心して働ける職場環境の整備への助成)。(4)子育て応援団登録制度。(5)子育て・若年者世代転入者マイホーム購入助成金。(6)室蘭の“器”スタート事業。
(1)災害遺児手当。(2)ひとり親家庭ホームヘルパー派遣。
(1)肢体不自由児向けの親子広場。(2)すこやかネット(マイナンバーカードを活用した子育て支援サイト)。(3)乳幼児向け親子コンサートの実施(市民協働の取り組み)。(4)おむつの無料収集。(5)子育て応援事業所の登録(従業員の育児休暇取得や子育て中の市民へサービスを行なう等、子育てを応援する企業を広める)。(6)先輩ママさんアドバイザーの設置(子育てサークルを支援)。
(1)子育てママさんリフレッシュ事業(出産後の母親を対象に一時預かりを無料で利用できるクーポン券を配付)。(2)プレママさんの赤ちゃんふれあい事業(出産を控えたプレママ・プレパパを対象に、保育園で過ごす0歳児や1歳児と触れ合い、情報交換などを行う)。
-
-
こども医療費の助成拡大。
保育料算定上で3歳未満で、かつ、第2子以降の保育料を無料化。19歳未満の子どもを扶養している世帯を対象に、年少扶養控除等をみなし適用し、保育料を軽減。
市内の企業等が、小さなお子さんを育てながら働く従業員が安心して働けるよう、企業内または事業所周辺に育児中の従業員向けの託児施設を開設・運営するにあたって、支援メニューや諸条件などの相談・アドバイスを行う。また、国が実施する企業主導型保育事業についても、企業の希望に応じて都度、情報提供を行う。
(1)認可保育所保育料助成(小学校3年生までの兄・姉がいる場合、保育料の算定児童数に入れ助成額決定)。(2)指定ごみ袋の無料配布(満2歳まで20リットルごみ袋年間100枚)。(3)特定不妊治療費助成(保険適用外費用[他の助成金等を控除した額]の1/2。1回上限10万円、6回まで)。(4)学校給食費助成(義務教育、幼稚園が対象。所得、未納なし等、一定の基準を満たす場合、半年相当額を助成)。(5)妊婦健康診査費の助成(基準回数を超えた妊婦に対し2回まで)。
どさんこ・子育て特典制度(制度に協賛する店舗・施設等が、基本的に小学生までの子どもがいる世帯に対し、保護者と同伴で買い物や施設などを利用する際に、[認証カード]を提示することにより様々な特典を提供)。
-
(1)江別市交通事故等災害遺児手当(交通事故等の災害により生計の中心者を失った遺児の扶養者に対し手当を支給し、遺児の健全育成を助成するとともに福祉の増進を図ることを目的とする)。(2)「えべつ」子育てアプリ(妊娠中や育児の記録がスマートフォンでカンタン便利になる電子母子手帳機能があり、江別市から情報発信・web相談機能付き)。
-
子育てガイドブックの配布。
(1)子育て支援パスポート事業。(2)特別保育推進事業(保育料の減免)。(3)ハッピーマタニティ事業(出産応援券の配付)。(4)多子世帯応援給付金支給事業(第3子以降出生時に給付金の支給)。
お祝い用誕生もち助成事業(名寄市民として1歳の誕生日を迎えるお子さんへ、もち米作付および生産量日本一の名寄産もち米で作られた誕生もち[一升もち]を健やかな成長を願い贈呈する)。
(1)小学生の給食費無料化。(2)保育料・幼稚園授業料等全額助成。(3)紙おむつ購入費用の助成(1歳未満、月6,500円分)。(4)スポーツ環境充実事業(プロスポーツチーム[野球、サッカー]と協定を結び小中学生を指導)。(5)吹奏楽指導者招致事業(札幌交響楽団所属の演奏者が小中学生を指導)。(6)学力向上未来塾(小中学生を対象に無料で塾を開設)。(7)親子英語教室。(8)インフルエンザ予防接種費用助成(高校3年生の年齢まで)。
(1)道営住宅集会所を子育て支援スペースとして利用した「つどいの広場クルクル」の運営。(2)乳幼児がいるひとり親家庭に紙おむつ等が購入できる育児用品券を交付。(3)第3子目以降の保育料および学校給食費の無料化。(4)出産支援金の支給。(5)軽度・中等度難聴児補聴器購入費等助成。(6)スポーツおよび音楽、文化活動で全道・全国大会に出場する経費の一部補助。(7)乳幼児(7ヶ月児)と小学校1年生への絵本の贈呈。
(1)転入親子ウエルカム交流ツアー。(2)ランドセル来館。(3)いいお産の日inちとせ。(4)ランチデー・ランチタイム。(5)ままサポート。(6)保育士等人材バンク。(7)子育てガイド。(8)(全児童館)合同児童館まつり。(9)不妊治療費助成事業。(10)企業連携ぷちゼミ。(11)中高生タイム。(12)私立幼稚園に通う2歳児の園児がいる世帯に対する就園奨励費。
(1)保育料10%減免。(2)病後児保育事業。(3)年末年始の休日保育事業。(4)不妊治療支援事業。(5)子育て世帯に対する住み替え支援・住宅改修・新築住宅助成制度。(6)妊婦一般健康診査受診事業。(7)ブックスタート事業。(8)住み替え世帯に対して家賃補助。
(1)多子世帯の保育料の一部助成。(2)ごみ袋の配布。(3)ファミリーサポートセンターお試しクーポンの配布。(4)施設型給付を受ける私立幼稚園に移行した園に通う児童の世帯に対する補助制度。(5)北海道子どもの国にあるふしぎの森の大人利用料が無料になるクーポン券を支給。(6)0歳児の保護者に乳児おむつ無料クーポン券を支給。
(1)小学校及び中学校における修学旅行に対し、児童・生徒にかかる旅行費用を全額補助。(2)保育所保育料無料。(3)インフルエンザ予防接種費用全額助成。(4)高校生に就学支援金月額1万円支給。
深川市独自の保育料軽減措置として(1)国の徴収基準より17%軽減した保育料の設定(2)同一世帯で保育所に入所する児童が2人の場合の第2子保育料の無料化及び3人以上の場合の第二子以降の保育料の無料化措置を就学前まで継続(3)年収640万円未満の世帯は第二子以降の保育料を3歳未満まで無料化。
(1)おむつ券交付事業(満1歳になるまでの乳児を養育する保護者を対象に、乳児一人につき1ヶ月3,000円相当とし、最大12ヶ月分を交付)。(2)おむつ用ごみ袋給付事業(満1歳になるまでの乳児を養育する保護者を対象に、おむつ用ごみ袋として富良野市指定衛生用品ごみ袋を1ヶ月5枚、最大12ヶ月分を給付)。
子ども・子育て新制度移行に伴う利用者負担額の増加を抑えるため、国基準の1号認定保育料を市独自に減額している。また、私立認定こども園に通う2号認定子どもの主食費について、公立保育所と同様に公費負担することにより、市独自に保護者負担を軽減している。
(1)ブックスタートおよびブックスタートプラス。(2)プレイセンター。(3)えにわっこサポート事業。(4)4・5歳児フッソ化物洗口事業。(5)紙おむつ用ごみ袋無償配布(2歳未満)。(6)えにわっこ応援タクシー事業。(7)子育て支援サイトえにわっこなび。(8)産後子育てサポート事業。(9)子育て応援企業表彰。(10)地域子育てコミュニケーション育成事業。(11)子どもの生活・学習支援事業。(12)多子世帯の保険料軽減支援事業。
伊達市第3子以降児童保育料助成事業(3人以上の児童[15歳以下]を養育している保護者の経済的負担の軽減を目的として、第3子以降の児童の保育料を助成)。
(1)保育所等を利用する3歳未満児を対象に、第2子を無償化。(2)幼稚園就園準備金(幼稚園が実施する「子育て支援事業」に参加している2歳児を対象に、負担額の1/3を支給[月額上限3,000円])
(1)子育てコンシェルジュの配置。(2)子育て支援アプリの配信。(3)子育てガイドブックの発行。(4)子育てネットマガジンの発行。(5)ファミサポ無料券の発行。(6)子育てネット会議(子育て支援関係者によるネットワーク会議)の開催。(7)子育て講座の開催。(8)指定ごみ袋の無償交付。(9)子ども参加プロジェクト(子ども議会)の開催。(10)母子保健コーディネーターの配置。(11)産後ケア事業の実施。
(1)遺児手当、遺児育英資金の支給。災害又は病気により養育者を亡くした遺児の就学と心身の健やかな成長に寄与するために親権者へ支給。(2)高等学校卒業まで無料となる乳幼児・子ども医療助成制度。(3)学校給食費の軽減。小学校及び中学校に2人以上就学している場合、第2子は半額、第3子以降は無料。

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

子育て関連の独自の取り組みについて、ほかのエリアを見てみる

首都圏
関西
東海
北海道
東北
甲信越・北陸
中国・四国
九州・沖縄

北海道について、ほかのテーマをチェックする

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

出産・育児
乳幼児医療
幼稚園・保育園
小学校・中学校

住まいの給付金(補助金・助成金)

新築建築
新築購入
中古購入
増築・改築・改修
その他

公共サービスや治安

公共料金
安心・安全
医療
ごみ

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

選択した市区を比較する
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元