あなたにとっての“住みやすい街”が見つかる「暮らしデータ」

京都府の子育て関連の独自の取り組み

京都府内の子育て関連の独自の取り組みについて、市区の違いを一覧で比較。市区名をクリックするとその市区の詳細が確認できます。

市区名子育て関連の独自の取り組み
(1)「自由来館機能」と昼間留守家庭児童を対象とした「学童クラブ機能」を一体的に有する「一元化児童館」を130館設置(2)こんにちはプレママ事業の実施(妊婦訪問)(3)にんしんホッとナビの設置(メール相談窓口の設置等)(4)児童虐待の防止に係る医療機関と保健福祉センターの連携(5)子ども保健医療相談・事故防止センター設置(6)京都版ブックスタート事業(7)次世代はぐくみプロジェクト事業(8)京都はぐくみアプリの配信(9)子育て支援コンシェルジュの育成
(1)「自由来館機能」と昼間留守家庭児童を対象とした「学童クラブ機能」を一体的に有する「一元化児童館」を130館設置(2)こんにちはプレママ事業の実施(妊婦訪問)(3)にんしんホッとナビの設置(メール相談窓口の設置等)(4)児童虐待の防止に係る医療機関と保健福祉センターの連携(5)子ども保健医療相談・事故防止センター設置(6)京都版ブックスタート事業(7)次世代はぐくみプロジェクト事業(8)京都はぐくみアプリの配信(9)子育て支援コンシェルジュの育成
(1)「自由来館機能」と昼間留守家庭児童を対象とした「学童クラブ機能」を一体的に有する「一元化児童館」を130館設置(2)こんにちはプレママ事業の実施(妊婦訪問)(3)にんしんホッとナビの設置(メール相談窓口の設置等)(4)児童虐待の防止に係る医療機関と保健福祉センターの連携(5)子ども保健医療相談・事故防止センター設置(6)京都版ブックスタート事業(7)次世代はぐくみプロジェクト事業(8)京都はぐくみアプリの配信(9)子育て支援コンシェルジュの育成
(1)「自由来館機能」と昼間留守家庭児童を対象とした「学童クラブ機能」を一体的に有する「一元化児童館」を130館設置(2)こんにちはプレママ事業の実施(妊婦訪問)(3)にんしんホッとナビの設置(メール相談窓口の設置等)(4)児童虐待の防止に係る医療機関と保健福祉センターの連携(5)子ども保健医療相談・事故防止センター設置(6)京都版ブックスタート事業(7)次世代はぐくみプロジェクト事業(8)京都はぐくみアプリの配信(9)子育て支援コンシェルジュの育成
(1)「自由来館機能」と昼間留守家庭児童を対象とした「学童クラブ機能」を一体的に有する「一元化児童館」を130館設置(2)こんにちはプレママ事業の実施(妊婦訪問)(3)にんしんホッとナビの設置(メール相談窓口の設置等)(4)児童虐待の防止に係る医療機関と保健福祉センターの連携(5)子ども保健医療相談・事故防止センター設置(6)京都版ブックスタート事業(7)次世代はぐくみプロジェクト事業(8)京都はぐくみアプリの配信(9)子育て支援コンシェルジュの育成
(1)「自由来館機能」と昼間留守家庭児童を対象とした「学童クラブ機能」を一体的に有する「一元化児童館」を130館設置(2)こんにちはプレママ事業の実施(妊婦訪問)(3)にんしんホッとナビの設置(メール相談窓口の設置等)(4)児童虐待の防止に係る医療機関と保健福祉センターの連携(5)子ども保健医療相談・事故防止センター設置(6)京都版ブックスタート事業(7)次世代はぐくみプロジェクト事業(8)京都はぐくみアプリの配信(9)子育て支援コンシェルジュの育成
(1)「自由来館機能」と昼間留守家庭児童を対象とした「学童クラブ機能」を一体的に有する「一元化児童館」を130館設置(2)こんにちはプレママ事業の実施(妊婦訪問)(3)にんしんホッとナビの設置(メール相談窓口の設置等)(4)児童虐待の防止に係る医療機関と保健福祉センターの連携(5)子ども保健医療相談・事故防止センター設置(6)京都版ブックスタート事業(7)次世代はぐくみプロジェクト事業(8)京都はぐくみアプリの配信(9)子育て支援コンシェルジュの育成
(1)「自由来館機能」と昼間留守家庭児童を対象とした「学童クラブ機能」を一体的に有する「一元化児童館」を130館設置(2)こんにちはプレママ事業の実施(妊婦訪問)(3)にんしんホッとナビの設置(メール相談窓口の設置等)(4)児童虐待の防止に係る医療機関と保健福祉センターの連携(5)子ども保健医療相談・事故防止センター設置(6)京都版ブックスタート事業(7)次世代はぐくみプロジェクト事業(8)京都はぐくみアプリの配信(9)子育て支援コンシェルジュの育成
(1)「自由来館機能」と昼間留守家庭児童を対象とした「学童クラブ機能」を一体的に有する「一元化児童館」を130館設置(2)こんにちはプレママ事業の実施(妊婦訪問)(3)にんしんホッとナビの設置(メール相談窓口の設置等)(4)児童虐待の防止に係る医療機関と保健福祉センターの連携(5)子ども保健医療相談・事故防止センター設置(6)京都版ブックスタート事業(7)次世代はぐくみプロジェクト事業(8)京都はぐくみアプリの配信(9)子育て支援コンシェルジュの育成
(1)「自由来館機能」と昼間留守家庭児童を対象とした「学童クラブ機能」を一体的に有する「一元化児童館」を130館設置(2)こんにちはプレママ事業の実施(妊婦訪問)(3)にんしんホッとナビの設置(メール相談窓口の設置等)(4)児童虐待の防止に係る医療機関と保健福祉センターの連携(5)子ども保健医療相談・事故防止センター設置(6)京都版ブックスタート事業(7)次世代はぐくみプロジェクト事業(8)京都はぐくみアプリの配信(9)子育て支援コンシェルジュの育成
(1)「自由来館機能」と昼間留守家庭児童を対象とした「学童クラブ機能」を一体的に有する「一元化児童館」を130館設置(2)こんにちはプレママ事業の実施(妊婦訪問)(3)にんしんホッとナビの設置(メール相談窓口の設置等)(4)児童虐待の防止に係る医療機関と保健福祉センターの連携(5)子ども保健医療相談・事故防止センター設置(6)京都版ブックスタート事業(7)次世代はぐくみプロジェクト事業(8)京都はぐくみアプリの配信(9)子育て支援コンシェルジュの育成
保育所入所者に、6,000円支給(所得制限あり)。
(1)市地域子育て応援情報サイト「そよかぜネットまいたん」(URL:http://mai-tan.jp/)(2)地域子育て支援ステーション事業(3)子育て交流施設「あそびあむ」の運営(4)子ども何でも相談窓口
(1)シルバー・チャイルドハウス事業(高齢者と子どもたちとの交流によって地域ぐるみで子育てを支援)(2)乳幼児健全育成活動事業費(乳幼児の健全育成活動支援)(3)子育て活動事業(自主的な子育て活動を支援)。
(1)市役所1階に「来庁者子育て支援コーナー」の設置(子どもと一緒に来庁した市民のために保育士による子どもの一時預かりや、保育士や専門相談員による子育ての相談及び支援事業の紹介などを行っている。)(2)毎年度作成している「宇治子育て情報誌」を未就学児のいる全家庭に郵送等により配布。(3)主に未就学児を対象とした子育て世帯への情報発信の充実をめざし、2017年5月1日からLINE(ライン)による情報発信を開始。
宮津市子育て支援センター(子育て親子に好評の屋内遊園地「ペップ・キッズ・ガーデン」と、気軽に子育ての相談などができる機能を備える複合型の「子育て支援センター」。子育て支援の拠点として子育ての様々な相談に応じるほか、「季節の行事や工作」「絵本の読み聞かせやリズム遊び」や「子育てサークルの支援」などを行う総合的な拠点施設。[2017年11月末にオープン予定])
(1)子育て支援センターが行う「かめおかっこひろば」は、親や子ども同士、世代を超えての交流事業を展開(2)ファミリー・サポート・センターは、まかせて会員とおねがい会員とを結んで、子育てを支えあう活動を展開(3)利用者の個別ニーズに応じた相談支援を行う利用者支援事業を実施(4)妊娠・出産から子育てまで切れ目なく支援することを目的に「亀岡市子育て世代包括支援センターBcome」を開設
市に登録された保育士の資格を持つ保育経験豊富な昼間里親の自宅で、0歳~2歳児を家庭的な雰囲気の中で保育する昼間里親保育事業を実施している。また、年度途中に保育所への入所が困難であったり、他の保育所を希望し待機している0歳~2歳児について、3園の私立保育園において、保育に支障が生じない範囲で受け入れる保育所待機児童解消入所円滑化事業を実施している。
-
-
子育て中の保護者がスマートフォンなどを使って、子どもの成長記録や生活の様子などを記録し、必要に応じて専門職による相談・支援に活用できる「子どもの育ち情報システム」を構築。また、こども園・保育園・幼稚園では個々の園児の記録や支援内容などをタブレットで職員が記録する「園児情報システム」を構築。これらシステムにより、家庭と園・施設とが必要な情報を可視化・共有化し、子育て家庭への切れ目ない支援を実施。
(1)父子手帳(2)産前産後ヘルパー事業(3)京田辺市心身障害児童特別手当(4)不妊治療等助成制度(不育治療・男性不妊治療を含む)(5)保育所保育料の減免に関する要件拡大(6)京田辺市特別児童福祉手当
京丹後市子育て支援医療費助成制度(中学校卒業までの京都府の制度は、通院は1月につき3,000円まで自己負担で、助成方法が償還払いのところを、京丹後市は、一部負担金を200円、現物給付による助成を行っている。また中学校卒業から18歳3月末までは京都府の制度がないが、京丹後市は一部負担金は200円、償還払いの現金給付による助成を行っている。)
(1)入学祝金(小学校入学時に3万円、中学校入学時に4万円を支給)(2)子育て手当(5歳未満の児童に第1子月額2,000円、第2子月額3,000円、第3子以上月額5,000円を支給)(3)すこやか子育て医療費助成(中学校卒業から高校卒業までは、医療機関ごとに自己負担分から月800円を控除した額を支給)(4)南丹市子育て支援医療費助成(3歳から中学校卒業までは、医療機関ごとに自己負担分から月200円を控除した額を支給)(5)子宝祝金(1人につき5万円を支給)
(1)第3子無償(所得制限をなくし保育料を免除)(2)アプリ「きづがわいい」(予防接種や健診の情報が送られてくる等)。

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

子育て関連の独自の取り組みについて、ほかのエリアを見てみる

首都圏
関西
東海
北海道
東北
甲信越・北陸
中国・四国
九州・沖縄

京都府について、ほかのテーマをチェックする

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

出産・育児
乳幼児医療
幼稚園・保育園
小学校・中学校

住まいの給付金(補助金・助成金)

新築建築
新築購入
中古購入
増築・改築・改修
その他

公共サービスや治安

公共料金
安心・安全
医療
ごみ

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

選択した市区を比較する
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元