あなたにとっての“住みやすい街”が見つかる「暮らしデータ」

埼玉県の子育て関連の独自の取り組み

埼玉県内の子育て関連の独自の取り組みについて、市区の違いを一覧で比較。市区名をクリックするとその市区の詳細が確認できます。

市区名子育て関連の独自の取り組み
(1)父親の子育て参加の推進(父親等の1日保育士・幼稚園教諭体験の実施、父親向け子育て応援冊子「父子手帖」の配布)。(2)のびのびルーム事業(3歳未満の子どもと保護者の集い・遊びの場として、放課後児童クラブの空き時間を開放)。(3)三世代子育て応援事業(「孫育て講座」の実施、祖父母と子育て世代の関係をより円滑にするため「祖父母手帳」の配布)。(4)子どもの社会参画推進事業(「子どもがつくるまち」の実施)。
(1)父親の子育て参加の推進(父親等の1日保育士・幼稚園教諭体験の実施、父親向け子育て応援冊子「父子手帖」の配布)。(2)のびのびルーム事業(3歳未満の子どもと保護者の集い・遊びの場として、放課後児童クラブの空き時間を開放)。(3)三世代子育て応援事業(「孫育て講座」の実施、祖父母と子育て世代の関係をより円滑にするため「祖父母手帳」の配布)。(4)子どもの社会参画推進事業(「子どもがつくるまち」の実施)。
(1)父親の子育て参加の推進(父親等の1日保育士・幼稚園教諭体験の実施、父親向け子育て応援冊子「父子手帖」の配布)。(2)のびのびルーム事業(3歳未満の子どもと保護者の集い・遊びの場として、放課後児童クラブの空き時間を開放)。(3)三世代子育て応援事業(「孫育て講座」の実施、祖父母と子育て世代の関係をより円滑にするため「祖父母手帳」の配布)。(4)子どもの社会参画推進事業(「子どもがつくるまち」の実施)。
(1)父親の子育て参加の推進(父親等の1日保育士・幼稚園教諭体験の実施、父親向け子育て応援冊子「父子手帖」の配布)。(2)のびのびルーム事業(3歳未満の子どもと保護者の集い・遊びの場として、放課後児童クラブの空き時間を開放)。(3)三世代子育て応援事業(「孫育て講座」の実施、祖父母と子育て世代の関係をより円滑にするため「祖父母手帳」の配布)。(4)子どもの社会参画推進事業(「子どもがつくるまち」の実施)。
(1)父親の子育て参加の推進(父親等の1日保育士・幼稚園教諭体験の実施、父親向け子育て応援冊子「父子手帖」の配布)。(2)のびのびルーム事業(3歳未満の子どもと保護者の集い・遊びの場として、放課後児童クラブの空き時間を開放)。(3)三世代子育て応援事業(「孫育て講座」の実施、祖父母と子育て世代の関係をより円滑にするため「祖父母手帳」の配布)。(4)子どもの社会参画推進事業(「子どもがつくるまち」の実施)。
(1)父親の子育て参加の推進(父親等の1日保育士・幼稚園教諭体験の実施、父親向け子育て応援冊子「父子手帖」の配布)。(2)のびのびルーム事業(3歳未満の子どもと保護者の集い・遊びの場として、放課後児童クラブの空き時間を開放)。(3)三世代子育て応援事業(「孫育て講座」の実施、祖父母と子育て世代の関係をより円滑にするため「祖父母手帳」の配布)。(4)子どもの社会参画推進事業(「子どもがつくるまち」の実施)。
(1)父親の子育て参加の推進(父親等の1日保育士・幼稚園教諭体験の実施、父親向け子育て応援冊子「父子手帖」の配布)。(2)のびのびルーム事業(3歳未満の子どもと保護者の集い・遊びの場として、放課後児童クラブの空き時間を開放)。(3)三世代子育て応援事業(「孫育て講座」の実施、祖父母と子育て世代の関係をより円滑にするため「祖父母手帳」の配布)。(4)子どもの社会参画推進事業(「子どもがつくるまち」の実施)。
(1)父親の子育て参加の推進(父親等の1日保育士・幼稚園教諭体験の実施、父親向け子育て応援冊子「父子手帖」の配布)。(2)のびのびルーム事業(3歳未満の子どもと保護者の集い・遊びの場として、放課後児童クラブの空き時間を開放)。(3)三世代子育て応援事業(「孫育て講座」の実施、祖父母と子育て世代の関係をより円滑にするため「祖父母手帳」の配布)。(4)子どもの社会参画推進事業(「子どもがつくるまち」の実施)。
(1)父親の子育て参加の推進(父親等の1日保育士・幼稚園教諭体験の実施、父親向け子育て応援冊子「父子手帖」の配布)。(2)のびのびルーム事業(3歳未満の子どもと保護者の集い・遊びの場として、放課後児童クラブの空き時間を開放)。(3)三世代子育て応援事業(「孫育て講座」の実施、祖父母と子育て世代の関係をより円滑にするため「祖父母手帳」の配布)。(4)子どもの社会参画推進事業(「子どもがつくるまち」の実施)。
(1)父親の子育て参加の推進(父親等の1日保育士・幼稚園教諭体験の実施、父親向け子育て応援冊子「父子手帖」の配布)。(2)のびのびルーム事業(3歳未満の子どもと保護者の集い・遊びの場として、放課後児童クラブの空き時間を開放)。(3)三世代子育て応援事業(「孫育て講座」の実施、祖父母と子育て世代の関係をより円滑にするため「祖父母手帳」の配布)。(4)子どもの社会参画推進事業(「子どもがつくるまち」の実施)。
(1)川越市遺児手当(父母のいない義務教育修了前の児童保護者に支給)。(2)児童虐待防止SOSセンターを設置し、専門相談員が対応。(3)多胎児産前産後ヘルパー派遣事業。(4)子育てサービスに使える川越市3キュー子育てチケットの配布。(5)NPO法人との協働による子育て情報誌の発行。(6)ホームスタート(家庭訪問型子育て支援事業)。(7)子育て応援サイトの公開。
(1)誕生祝金支給事業(熊谷市に誕生したお子様の保護者の方に、誕生祝金として3万円を支給)。(2)子育て応援自転車おでかけ事業(幼児2人同乗用自転車の購入者に購入費の一部を補助)。(3)暑さ対策ちびっこ元気事業(3歳児対象に市オリジナルの熱中症対策帽子を配布)。(4)ブックスタート事業(乳児健診時等に、赤ちゃんにおすすめの絵本や図書館の情報が入ったブックスタートパックをプレゼント)。(5)すくすくはぐくまひんやりグッズ事業(1~2歳児を対象に市オリジナルの暑さ対策グッズ[保冷シート]を配布)。
(1)前川第6公園と南平児童交通公園にプレイリーダー(市民ボランティア)を配置(火・水・木・土はベイゴマなどの遊具を借りたり、プレイリーダーと一緒に遊べる)。(2)訪問型病児・病後児保育利用助成制度(訪問型の病児・病後児保育を利用した場合に利用料を助成)。(3)赤ちゃんにっこり応援事業(1歳未満の乳児のいる保護者へ育児用品等の購入又はレンタル、育児支援サービスの利用に対し、1万円を助成[所得制限あり]。第3子以降は2万円を助成[所得制限なし])。(4)移動式赤ちゃんの駅貸出事業(乳幼児のおむつ交換や授乳を行うためのスペースとして、テントやおむつ交換台等を貸し出ししている)。
(1)浮き城のまち・子育てジョイ・ハッピー事業(第3子以降のお子さんの誕生を祝して出生児童1人当たり1.8万円相当の「子育てハッピー券」をその保護者に贈呈し、各協賛店舗が用意するオリジナリティーあふれる「子育てハッピーセット[お祝いセット]」と引き換えていただく制度)。(2)行田市ひとり親家庭等児童養育手当。
-
(1)大学との連携による「ところっこ・親子で楽しむ運動遊び」を実施。(2)「ところっこ子育てガイド」を配布。
0歳児おむつ無償化事業。
(1)市内全22小学校区に放課後児童クラブを設置。(2)公立幼稚園で、子育て支援センター事業(相談事業、未就園児親子登園)を実施。(3)公立幼稚園全で、預かり保育を実施。(4)市内13ヶ所で子育てサロンを開催し、地域のボランティアの協力で、子育て支援を実施。(5)産後支援ヘルパーの派遣(出産退院後3ヶ月以内、30回限度)。(6)訪問支援型の子育て支援(ホームスタート)の実施。(7)加須版ネウボラとして「すくすく子育て相談室」を設置。(8)母の心身疲労回復と育児不安解消のため、産後サポート(集団学習会)事業、産後ケア(訪問型・デイサービス型)事業を実施。
本庄版ネウボラを推進するため、妊娠期から子育て中の家族へ切れ目のない支援を目指し、子育て支援課・健康推進課が連携し、子育て世代包括支援センター事業を開始。妊娠中の母子手帳交付時の面談や出産後の赤ちゃん訪問、4ヶ月~5歳の定期健康診断等を実施している。出産時から今後の支援が分かるようにリーフレットを作成し情報提供を積極的に行い、子育て世代を応援している。妊娠中や子育て中の方に妊娠週数やお子さんの月齢に合わせた子育て応援メールを配信することで、出産・子育ての不安、産後うつ等の予防・解消を図るとともに、予防接種のスケジュール管理機能で面倒な管理の負担を軽減する「すくすくメール配信事業」を実施。
(1)子育てコンシェルジュの設置。(2)保育施設等第3子以降利用者負担金(保育料)無料化制度の実施。(3)インフルエンザ予防接種費用の一部助成(中学校3年生対象)。(4)東松山市パパ・ママリフレッシュチケットの配布。(5)ブックスタートの実施。(6)セカンドブックの実施。(7)ファミリ―サポートセンター・緊急サポートセンターの設置。(8)東松山市子育て支援アプリの配信。
ファミリー・サポート事業(子育て中の人が、子どもを一時的に預かってもらえる制度。既に小学生以下の子ども2人以上と同居しており、3人目以降の子どもを出産した家庭に、ファミリー・サポート無料券を10時間分交付。利用できるのは生後6ヶ月から小学生の児童で、有効期限は発行日より1年間。ただし、有効期限内でも対象となる第1子が小学校を卒業してしまう場合は、その年の3月31日までとなる。市外からの転入者も同様に対象となる)。
(1)さやまし子育てガイドブックの配布。(2)子育てボランティア養成講座の実施。(3)めだかクラブの実施。(1歳半~就学前児童及び保護者 相談及び遊びの場の提供等支援)(4)遺児就学援助金の支給。(5)さやま子育て支援ネットワーク事業補助金の支給。(6)狭山市地域子育て活動支援補助金の支給。
(1)インフルエンザ予防接種費用の一部助成。(2)多子世帯保育料軽減事業。
(1)こうのとり交付金事業(県助成額を控除した額で1年度当たり10万円まで、通算5年度まで支給)。(2)ブックスタート。(3)青少年ふれあい体験事業。(4)情報発信型子育て支援事業(子育て支援アプリ、ガイドブック等)。(5)5歳児健診・相談。(6)子育て短期支援事業(宿泊を伴った一時預かりを行う事業)。(7)妊婦歯科検診。(8)早期不妊検査費・不育症検査費助成事業(1回限り上限2.5万円まで)。(9)産後ケア事業(1回の出産で7日以内)。
【三世代同居・近居支援事業】小学生以下の子ども(出産予定を含む)がいる子育て中の世帯が、深谷市に居住する親元の近くに新たに住み替える(同居を含む)場合に、引越し費用の1/2を助成する(上限は市内5万円、市外10万円)。
(1)全小・中学校に電子黒板を設置、Wi-Fi環境を完備、普通教室にエアコンを完備。(2)小学校1~6年生の英語の授業全てを担任とALTのティーム・ティーチングで実施。(3)中学校3年生が対象の「中学生海外派遣研修」を通して英語に触れる環境を整備。(4)学校図書館支援員を全小・中学校に配置。(5)全小学校でロボットプログラミング教材等を活用したプログラミング教育を実施。(6)放課後児童クラブの待機児童ゼロを継続中。(7)子育てガイドブック配布。(8)病児・病後児保育を市内4ヶ所で実施。(9)妊活・妊娠から子育て期までサポートする子育て世代包括支援センターを市内3ヶ所に開設。
(1)0歳から15歳までの子どもの育ちを園・学校・家庭・地域が共に支える幼保小中を一貫した教育の推進。(2)そうか子育て応援・情報サイト「ぼっくるん」で、子育て関連の行政情報、イベント情報、遊び場や預け先、さらに子育てを応援している団体・個人等幅広く紹介。
-
(1)学校耐震化率100%。(2)35人程度学級。(3)保育料の独自軽減(1人目と2人目がいずれも0~2歳児の場合、2人目の保育料無料)。
(1)産前産後支援ヘルプサービス。(2)こども医療費助成。(3)トワイライトステイ事業。(4)遺児手当(5)子どもの学習支援(6)多子世帯応援クーポン上乗せ事業(7)子どもの居場所づくりセミナー
(1)安心して子育てや介護ができる職場環境の整備を目的に、市内企業・団体と共同によるイクボス宣言の推進やワーク・ライフ・バランスの推進に向けた意識啓発事業に取り組んでいる。(2)ファミリー・サポート・センター事業及び子育て緊急サポート事業の利用料の一部を助成している。
保護者の疾病等の理由により、家庭における児童の養育が一時的に困難になった場合に、里親宅において原則1週間以内の養育をするショートステイ事業の実施。
(1)在宅子育て家庭向け「ランチで食育」。(2)在宅子育て家庭向け「リフレッシュ保育クーポン券」(無料)プレゼント。(3)児童発達相談センターにおける発達支援事業。
わこう版ネウボラ事業(妊娠期から子育て期にかけての切れ目のない支援)。
(1)子育て支援ホームヘルパー派遣事業(出産直後の母親のうち家族で、親戚などからの家事援助が得られない方に対し、退院日を含めて30日以内でホームヘルパーを派遣して家事援助を行う。多胎児を養育する場合は、当該多胎児の出生直後の退院の日から起算して1年以内で、加えて20日を限度とする)。(2)新座市子どもの放課後居場所づくり事業[ココフレンド](小学校施設を活用し、地域の方々の協力を得ながら、子どもたちが放課後等に安全・安心に集える居場所づくりを行う)。(3)新座っ子ぱわーあっぷくらぶ(土曜日の学習・文化・スポーツ・体験活動の場として、安全・安心な活動ができる居場所を提供し、地域のボランティアを活用することで、地域教育力の活性化を図る)。
幼児2人同乗用自転車(3人乗り)購入費用の補助制度。
(1)すくすく出産祝い金(久喜市に1年以上在住し、第3子以降の出産に対する祝金)。(2)おもちゃ図書館(発達障がい児向けの学習施設)。
(1)産前産後子育て支援ヘルパー派遣事業。(2)おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)、インフルエンザワクチンの任意予防接種費用補助。(3)0歳児おむつ無料化事業(2021年度事業終了予定)。(4)多子出産祝金・多子世帯応援給付金制度。(5)ブックスタート事業。(6)ベビーベッド貸出事業。(7)子育て応援事業。
(1)すくすく子育て(保育所開放)。(2)やしお子育てほっとステーション(子育て親子が気軽に集える「子育てひろば」や地域の子育て情報を紹介する「子育てコーディネーター」など様々な子育て支援サービスを実施している駅前の子育て支援のための拠点)。
「夢つなぐ富士見プロジェクト+(プラス)~富士見市子どもの貧困対策整備事業計画~」を実行するため、「子ども未来応援センター」を開設し、妊娠期からの切れ目ない支援をつなげ、子ども食堂等、子どもの居場所づくりを支援している。
(1)予防接種自動スケジューラーのサービス提供(健康情報の配信を含む)。(2)大人の風しん・おたふくかぜ・インフルエンザ予防接種費用の一部助成。(3)地域の栄養相談。(4)市民団体の依頼を受け、地域で母子健康教育を実施。(5)子育て支援ステーション(妊娠・出産から子育て期にわたる総合相談窓口)を開設。(6)妊娠届出・子育て相談・ハローベイビー教室・離乳食教室をインターネット上で予約できるサービス(かいちゃんとつぶちゃんの予約サポート)の提供。(7)子育て支援ステーションと子育て支援拠点協働事業、多胎児のサロン「ふたごちゃん!集まれ」の実施。
教育委員会内に児童福祉担当課を設置し、教育委員会内で結婚から妊娠、出産、就学前の子育て・保育、学齢期の子育て、青少年の健全育成までをワンストップで実施。
(1)女子栄養大学の協力を得て、市内小学校5~6年生の授業(道徳・家庭科等)および中学校1・2年生(特別活動)に食育プログラムを導入し、食育活動を推進。また坂戸市食育推進計画により、他の関係機関等と連携し、学校給食等の食育活動も展開。(2)乳児の発育状況等の確認に役立てていただくため、乳児用体重計の無料貸出を実施。(3)予防接種スケジュールを自動作成するモバイルサイト「おまかせ!坂戸予防接種ナビ」を運用。(4)多子世帯学校給食費軽減事業。
(1)出産もしくは1歳未満児を養育していて転入した保護者に有料指定ごみ袋50枚を支給。(2)市内で子育て支援活動を行うサークル等の活動に対し、公募により助成金を支給。(3)市内小中学校又は特別支援学校に在籍している児童及び生徒が2人以上いる保護者に学校給食費を補助(3人目以降は全額補助)。
第2子以降の子どもが生まれた家庭に対し、「多子世帯応援金」を支給。支給額は、第2子1万円、第3子以降は5万円。
-
(1)未就学児を抱える引きこもりがちな親に対し、地域ボランティアが自宅へ出向く、家庭訪問型子育て支援事業「ホームスタート事業」を実施。(2)生活習慣病予防の為に、保健センターで行う集団健診に託児室を設け、ママが受診しやすい環境整備。(3)母親学級を受け、出産後に育児グループとして集まる機会をもっている(サークルの立ち上げ支援も行っている)。(4)公民協働で開設した子育て応援サイト「ママフレ」、公民協働で作成した「吉川市子育て応援ガイドブック」、子育て関係情報を利用者目線で紹介する「よしよしねっと」を公開。
(1)子育て応援サイト「ママフレ」の開設。(2)子育てタウンアプリの配信(2017年1月~)。(3)三人乗り電動アシスト付き自転車の貸与(20台)。(4)パパ・祖父母向けの子育て応援手帳YELLの発行。(5)行政サービスガイド冊子「ふじみ野市子育てガイドブック」の発行。(6)移動式赤ちゃんの駅貸出。
ベビーベッドの無料貸与乳児の健やかな成長の支援と保護者の経済的負担の軽減を目的とし、乳児[0歳児]の保護者に対し、ベビーベッドを無料で貸出ししている。利用期間は6ヶ月で、1歳の誕生日の前日まで延長できる。

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

子育て関連の独自の取り組みについて、ほかのエリアを見てみる

首都圏
関西
東海
北海道
東北
甲信越・北陸
中国・四国
九州・沖縄

埼玉県について、ほかのテーマをチェックする

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

出産・育児
乳幼児医療
幼稚園・保育園
小学校・中学校

住まいの給付金(補助金・助成金)

新築建築
新築購入
中古購入
増築・改築・改修
その他

公共サービスや治安

公共料金
安心・安全
医療
ごみ

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

選択した市区を比較する
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元