あなたにとっての“住みやすい街”が見つかる「暮らしデータ」

北海道のふるさと納税に対する取り組み

北海道内のふるさと納税に対する取り組みについて、市区の違いを一覧で比較。市区名をクリックするとその市区の詳細が確認できます。

市区名ふるさと納税に対する取り組み
使い道は、(1)国際交流の推進(2)市民活動の促進(3)福祉関連などの22分野に活用している。返礼品数は2023年6月時点で1250点を超えており、中でもアルコール飲料や旅行クーポン、水産加工食品等が人気である。
使い道は、(1)国際交流の推進(2)市民活動の促進(3)福祉関連などの22分野に活用している。返礼品数は2023年6月時点で1250点を超えており、中でもアルコール飲料や旅行クーポン、水産加工食品等が人気である。
使い道は、(1)国際交流の推進(2)市民活動の促進(3)福祉関連などの22分野に活用している。返礼品数は2023年6月時点で1250点を超えており、中でもアルコール飲料や旅行クーポン、水産加工食品等が人気である。
使い道は、(1)国際交流の推進(2)市民活動の促進(3)福祉関連などの22分野に活用している。返礼品数は2023年6月時点で1250点を超えており、中でもアルコール飲料や旅行クーポン、水産加工食品等が人気である。
使い道は、(1)国際交流の推進(2)市民活動の促進(3)福祉関連などの22分野に活用している。返礼品数は2023年6月時点で1250点を超えており、中でもアルコール飲料や旅行クーポン、水産加工食品等が人気である。
使い道は、(1)国際交流の推進(2)市民活動の促進(3)福祉関連などの22分野に活用している。返礼品数は2023年6月時点で1250点を超えており、中でもアルコール飲料や旅行クーポン、水産加工食品等が人気である。
使い道は、(1)国際交流の推進(2)市民活動の促進(3)福祉関連などの22分野に活用している。返礼品数は2023年6月時点で1250点を超えており、中でもアルコール飲料や旅行クーポン、水産加工食品等が人気である。
使い道は、(1)国際交流の推進(2)市民活動の促進(3)福祉関連などの22分野に活用している。返礼品数は2023年6月時点で1250点を超えており、中でもアルコール飲料や旅行クーポン、水産加工食品等が人気である。
使い道は、(1)国際交流の推進(2)市民活動の促進(3)福祉関連などの22分野に活用している。返礼品数は2023年6月時点で1250点を超えており、中でもアルコール飲料や旅行クーポン、水産加工食品等が人気である。
使い道は、(1)国際交流の推進(2)市民活動の促進(3)福祉関連などの22分野に活用している。返礼品数は2023年6月時点で1250点を超えており、中でもアルコール飲料や旅行クーポン、水産加工食品等が人気である。
使い道は、(1)函館市全体のために(2)子どもたちの未来のために(3)美しい景観を守るために(4)活気と賑わいのあるまちのために(5)福祉の充実のために(6)大間原子力発電所の建設凍結のために。お礼の品として、市外在住で6,000円以上の寄附をした方に、地元特産品等500品以上から金額に応じた希望の品を選択いただき贈呈。
使い道は、(1)「ふるさと応援基金」(まちづくり、観光振興、教育、子育て等)(2)「小樽ファンが支えるふるさとまちづくり資金基金」(登録歴史的建造物等の保全事業等)(3) 「新型コロナウイルス等感染症対策資金基金」(新型コロナ対策の事業)の3分野で市が指定した13事業から選択。市外に居住する寄附額1万円以上の個人の寄附者(希望者のみ)に、「お礼の品」を贈呈。
使い道は、(1)旭山動物園の施設等の整備(2)中心市街地のイベント開催に係る支援(3)経済的理由により修学が困難な家庭に対する支援ほか20の取組または用途を指定しない一般寄附から選択可。寄附に対するお礼の品は旭川家具やジンギスカン、農畜産物など1,979品の中から寄附金額に応じて選択可。クレジットカードやコンビニ・キャリア決済などの多様な方法により寄附が可能。
使い道は、(1)こども姉妹都市等交流基金(2)子育て応援基金(3)地域福祉ふれあい基金(4)交通安全対策事業基金(5)ネーチャー・ウオッチング基金(6)緑化推進基金(7)文化振興基金(8)スポーツ振興基金(9)公共施設等整備基金。お礼の品として、市外在住で一定金額以上寄付された方に、室蘭やきとり、カレーラーメン、測量山のライトアップ権など室蘭市の特産品を贈呈。
使い道は、(1)市政全般への活用(2)学校教育の振興(3)生涯学習の振興(4)動物園の充実(5)保健・医療の充実(6)福祉の充実(7)街づくり(公園)の整備(8)阿寒地域の振興(9)音別地域の振興としている。お礼の品として、市外在住でふるさと納税を行った者に、寄附額に応じた特産品を贈呈。
使い道は、寄附者の意向を踏まえ、福祉や子育て、ばんえい競馬の振興、動物園の整備、図書館図書整備など、まちづくりの各分野において活用。お礼の品を通じて地域の魅力を発信し、多くの人に帯広市を応援していただけるよう、地元特産品等を金額に応じて贈呈(市外居住者限定)。
使い道は、(1)ふるさと振興・まちづくりに関する事業(2)子育て・地域福祉に関する事業(3)スポーツ・文化の振興に関する事業(4)その他。お礼の品として、北見市の特産品約800品の中から寄附金額に応じたものを贈呈。
使い道は、(1)夕張市の地域再生及び住民の福祉の増進に必要な事業(2)高齢者や障がい者等の生活支援活動、住民の健康保持等に関する活動及び住民自治活動の維持に関する事業(3)子どもたちの健全な育成に関する事業(4)市民の文化・スポーツ活動の推進に関する事業(5)歴史的に貴重な炭鉱遺産の伝承及び保全に関する事業(6)映画ロケセット施設の保全に関する事業(7)市民による映画祭の開催に関する事業など。5,000円以上を寄付された方に、夕張市の特産品などを贈呈。
使い道は、(1)ふるさとづくりの推進(2)地域福祉(3)青少年健全育成(4)スポーツ・文化の振興(5)農業振興(6)観光振興。お礼の品として、市外在住の1万円以上の寄付者に、岩見沢市の特産品等を贈呈。
使い道は、(1)子どもたちの活動支援のために(2)スポーツ環境整備のために(3)特別支援教育推進のために(4)6次産業化・農商工連携の推進のために(5)地域医療体制の維持・充実のために(6)地域公共交通の維持・活性化のために(7)公共施設等の耐震化対策のために(8)農水産業の振興のために(9)地域社会のデジタル化推進のために(10)グリーン社会実現のために(11)その他、まちづくりのために。お礼の品として、1万円以上寄付した方に、網走市の特産品を贈呈。2008年6月に「網走市ふるさと寄付条例」を施行、市公式サイトや広報紙掲載やリーフレットの配布など、東京網走会を中心に制度周知の取り組みを実施。
使い道は、(1)萌える若者たちのまちづくり(2)ふるさとの海づくり・里山づくり(3)ニシン文化の継承(4)食のブランド化・食育(5)健康で輝きのある元気づくり(6)安心して暮らせる地域医療づくり(7)こどもの健全な育成(8)その他留萌市が推進する事業。
使い道は、苫小牧市総合戦略の基本目標である(1)地元雇用の拡大(2)社会環境の整備(3)地域ブランド力の向上(4)移住促進の4項目を促進するために活用。お礼の品として、5,000円以上の寄附をいただいた方に、市内のゴルフ場利用券や市の特産品等を贈呈。
【稚内市日本のてっぺん応援基金】使い道は、(1)教育及び少子化対策に関する事業(2)国内及び国際の交流に関する事業(3)福祉及び医療に関する事業(4)環境、新エネルギーおよび省エネルギーに関する事業(5)地場産業の振興に関する事業(6)文化及びスポーツの振興に関する事業(7)その他市長が必要と認める事業。お礼の品として、寄附金額に応じた稚内市の特産品等(稚内市外在住の方で1万円以上に限る)、または1年間広報紙「広報わっかない」を送付。
使い道は、(1)広くまちづくりへの応援(2)指定分野を応援寄付をいただいた市外の方にお礼の品として米、アスパラ等の美唄市の特産品を贈呈。
使い道は、地域福祉や観光振興、合宿振興などの政策展開や各種事業に活用。お礼の品として、ふるさと納税による寄附をされた市外の方に、寄付金額に応じた芦別市の特産品を贈呈。
使い道は、(1)自然・環境のために(2)産業のために(3)福祉・保健・医療のために(4)安全・安心のために(5)都市基盤のために(6)子育て・教育のために(7)生涯学習・文化のために(8)協働のために(9)計画推進のために(10)市にお任せする(11)~(19)市内各高等学校・大学の応援のために。お礼の品として、市外にお住まいの方に江別市の特産品を贈呈(6,000円以上の寄附をした方)。
使い道は、「赤平市ふるさとガンバレ応援寄付金」の(1)命と健康を守るため地域医療の充実を図る事業(2)子どもたちが元気で健やかに育つための事業(3)市民自らのまちづくりに資する事業(4)炭鉱遺産を保存・継承したまちづくりに資する事業(5)その他まちづくりに資する事業の中から選択。お礼の品として、5,000円以上の寄付をした市外の個人の方に、寄付金額に応じた赤平市の特産品を贈呈。
使い道は、(1)アザラシの保護活動などオホーツク海の海洋環境(2)森林、湖沼、河川等の環境保全啓発活動(3)市内経済の活性化(4)次代を担う人材の育成(5)医療、福祉又は子育て支援の充実(6)人口減少対策(7)公共施設の整備(8)市長が必要と認める事業となっている。紋別市外にお住まいの方に寄付金額に応じた市の特産品をお礼の品として贈呈。
使い道は、(1)こだわり交流プロジェクト(2)いきいき健康プロジェクト(3)すくすく子育てプロジェクト(4)さわやか環境プロジェクト(5)はつらつ産業プロジェクトの重点プロジェクトの推進に活用。お礼の品として、1万円以上の寄付者に特産品を贈呈。
使い道は、(1)大学に関する事業(2)天文台に関する事業(3)冬季スポーツの拠点化に関する事業(4)農業に関する事業(5)子育てに関する事業(6)医療と福祉に関する事業(7)その他まちづくりに必要な事業。お礼の品として、名寄産農産物などを贈呈。
使い道は、(1)人が安心して暮らせるまちづくり事業(福祉関連)(2)人が元気で働けるまちづくり事業(産業・雇用・観光振興)(3)人が快適に生活を楽しむまちづくり事業(住環境整備)(4)人が育つまちづくり事業・人と自然が共存できるまちづくり事業(歴史・文化保存)(5)人が未来に向かって夢を育めるまちづくり事業(協働・行財政運営)(6)三笠高校生レストランの運営等事業費(7)三笠鉄道村の運営事業費。お礼の品として、300数種類から贈呈。
使い道は、(1)ふるさと未来創生に関する事業(2)住み続けられる「安心」と「支え合い」のまちづくりプロジェクト(3)住みたいと思える「ひと」と「しごと」を呼び込むプロジェクト(4)みんなで実践する「市民協働」の推進プロジェクト(5)北方領土問題等の解決の促進を図るために必要な事業(6)寄附者の意向を反映し、住み良いまちづくりのために必要と認める事業の中から選択。
使い道は、(1)まちづくり全般(2)子育て支援及び教育環境の充実(3)産業の振興(4)福祉、保健、医療の充実(5)公共施設の整備。お礼の品として、「ふるさと納税」をされた千歳市外在住の個人の方へ、希望する返礼品を贈呈。
使い道は、(1)滝川市の豊かな自然や文化…まち全般に!(2)未来へはばたく子どもたちを育むまちづくり(3)豊かな資源を活かした魅力あふれるまちづくり(4)國學院大學北海道短期大学部の教育振興(5)地域の基幹病院である市立病院の医療環境の充実から選択。お礼の品として、寄付金額に応じた、味付きジンギスカンや合鴨肉、お米や野菜等の滝川市にゆかりのある自慢の特産品から選択していただき贈呈。
使い道は、(1)まちづくりへの活用(2)子育て支援・高齢者福祉への活用(3)教育環境の整備への活用(4)市立病院整備への活用の中から選択できる。お礼の品として、寄附者に、寄附額に応じて選択いただいた砂川市の特産品を贈呈。また、年度内の寄附に対し、何度でも特産品を受け取ることができる。
使い道は、(1)地域コミュニティの推進に関する事業(2)子育て支援及び教育・文化とスポーツの振興に関する事業(3)地域の活性化に関する事業(4)その他、地域振興のため市長が必要と認める事業。お礼の品として、1万円以上の寄付者は「応援寄附金返礼品一覧」の中から、ポイントに応じた希望の特産品を選択可能(詳細は市のウェブサイトを参照)。
使い道は、(1)子育てを応援(2)特産品を育む(3)若者の働く場の確保(4)文化・スポーツの振興(5)市長におまかせ。お礼の品として、深川市の魅力を多くの方に感じていただけるよう、ふかがわまい「ゆめぴりか」「ななつぼし」「ふっくりんこ」の3つのブランド米を主軸に、深川市を代表する特産品を用意。
使い道は、富良野市の豊かなまちづくりのため、(1)子育て・教育の充実(2)農林業の振興(3)医療・介護・福祉の充実(4)観光の振興(5)その他市長が必要と認める事業の5つの事業に活用。お礼の品として、1万円以上の寄附をされた市外の個人の方に、「グリーンアスパラ」「メロン」「玉ねぎ」などの豊かな農産物や「ワイン」や「チーズ」をはじめとする加工品など、寄付金額に応じた富良野市ならではの特産品を贈呈。
使い道は、(1)市役所庁舎の新築、改築又は大規模改修に関する事業(2)市民活動の促進に関する事業(3)安全安心な市民生活の充実に関する事業(4)観光をはじめとする地域経済の振興に関する事業(5)子育て支援と保健福祉の充実に関する事業(6)環境保全と景観の形成に関する事業(7)教育の充実と文化・スポーツの振興に関する事業。寄附者への感謝の気持ちを込めたお礼の品として、山の幸・海の幸を使った登別市の特産品や温泉宿泊券等を贈呈。
使い道は、(1)子育て支援事業(2)水と緑と花のまちづくり事業(3)青少年・文化振興事業(4)高等学校等入学準備金支給事業(5)スポーツ振興事業(6)社会福祉推進事業(7)農業振興事業(8)市長におまかせ。お礼の品として、1,000円以上寄付をした市外在住の方に、恵庭市の特産品を贈呈。
使い道は、(1)「健康・子育て」に関する事業~あらゆる世代が健康で幸せな生活を送ることができるよう、健康や子育て関連事業の推進。(2)北海道伊達市長におまかせ~地域が抱える課題に応じて、様々な事業に活用。お礼の品として、寄附を行った市外在住者に、農産物や水産物など伊達市の特産品約430品の中から、寄附者が希望した品を贈呈している。
使い道は、(1)北海道ボールパークに関連する施策の推進に活用(2)公共施設の改修や改築工事のために活用(3)一人ひとりが自分らしく暮らしつづけられるまちづくりに活用(4)生涯学習振興のためスポーツ、芸術文化などに活用(5)生活環境の向上により市民・来訪者にとって過ごしやすいまちづくりに活用(6)小中学校の豊かな学びを実現するための教育環境の充実に活用(7)都市と自然が融合したまちづくりに活用(8)市長におまかせ。お礼の品として、市外在住で5,000円以上寄付した方に、北広島市の特産品を贈呈。
使い道は、(1)市民とともに進める「まちづくり」を応援しよう!(2)犯罪や交通事故のない安全で安心して暮らせるまちづくり(3)手話を通して多様な言語文化を理解できる子どもを育てる(4)すべての子ども達がつながる居場所づくり(5)未来のアスリートを応援しよう!(6)環境を大切にするまちづくり(7)安全・安心・楽しい海水浴場「あそびーち石狩」をつくります!(8)子どもの未来を応援!学びを支援します(9)厚田区・浜益区の地域資源発掘プロジェクトから選択。お礼の品として、1,000円以上の寄附で、石狩の魚介類・農産物、それらを使った加工品など約560種類の中から選択可能。何度でも申込可。
使い道は、(1)北海道新幹線を活かした産業の振興と雇用の場をつくる(2)北斗市らしさを活かして人を呼び込み・呼び戻す(3)子どもを生み、育てたいという希望をかなえる(4)住み続けたいという暮らしの環境をつくり守る。お礼の品として、市外在住で5,000円以上のふるさと納税をされた方に、北斗市の特産品などを贈呈。

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

ふるさと納税に対する取り組みについて、ほかのエリアを見てみる

首都圏
関西
東海
北海道
東北
甲信越・北陸
中国・四国
九州・沖縄

北海道について、ほかのテーマをチェックする

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

出産・育児
子ども・学生等医療
幼稚園・保育園
小学校・中学校

住まいの給付金(補助金・助成金)

新築建築
新築購入
中古購入
増築・改築・改修
その他

公共サービスや治安

公共料金
安心・安全
医療
ごみ

人口などの統計情報

統計情報

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

選択した市区を比較する
見直しませんか?irumo 0.5Gで550円/月
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元
アプリで簡単 物件探し 大手不動産サイトの情報から一括検!プッシュ通知で物件を見逃さない
App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう QRコード