北海道 帯広市の暮らしデータ

北海道 帯広市(おびひろし)
市区を変更する他の市区と比較する
概要 帯広市は、北海道東部の十勝(とかち)地方のほぼ中央に位置する、人口約17万人のまちです。1883年に本格的な開拓がはじまり、碁盤目状の道路網など計画的な市街地形成を行ってきました。また、農業を主要産業とする十勝地域(約35万人、1市16町2村)の中核都市としての役割を担っています。
市区役所住所 帯広市西5条南7-1  TEL:0155-24-4111
http://www.city.obihiro.hokkaido.jp/
この市区の駅
結婚育児助成金制度
出産・育児  
出産祝い あり
出産祝い-備考 先着で苗木の引換券を贈呈。
子育て関連の独自の取り組み (1)肢体不自由児向けの親子広場(2)子育てメールの配信(0~3歳児までの子どものいる保護者で配信を希望される方を対象)(3)乳幼児向け親子コンサートの実施(市民協働の取り組み)(4)おむつの無料収集(2011年4月より実施)(5)子育て応援事業所の登録(従業員の育児休暇取得や子育て中の市民へサービスを行なう等、子育てを応援する企業を広める)(6)先輩ママさんアドバイザーの設置(子育てサークルを支援)。
チャイルドシート助成制度 なし
チャイルドシート助成制度-備考 -
乳幼児医療  
乳幼児医療費助成(通院)対象年齢 小学校就学前まで(ただし、市民税全部減免者を含む市民税非課税世帯は小学校卒業まで)
乳幼児医療費助成(通院)自己負担 自己負担なし
乳幼児医療費助成(通院)自己負担-備考 -
乳幼児医療費助成(通院)所得制限 所得制限あり
乳幼児医療費助成(通院)所得制限-備考 扶養親族等の数が0人の場合、所得制限限度額は622万円。以降1人増えるごとに38万円を加算した額。所得には一定の控除あり。さらに老人控除対象配偶者または老人扶養親族がいる場合は、1人につき6万円加算した額。
乳幼児医療費助成(入院)対象年齢 小学校卒業まで
乳幼児医療費助成(入院)自己負担 自己負担あり
乳幼児医療費助成(入院)自己負担-備考 課税世帯の小学生は自己負担額の1/3の自己負担あり。小学校就学前、および市民税非課税世帯(市民税全部減免者を含む)は、自己負担なし。 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児医療費助成(入院)所得制限 所得制限あり
乳幼児医療費助成(入院)所得制限-備考 扶養親族等の数が0人の場合、所得制限限度額は622万円。以降1人増えるごとに38万円を加算した額。所得には一定の控除あり。さらに老人控除対象配偶者または老人扶養親族がいる場合は、1人につき6万円加算した額。
幼稚園・保育園  
公立幼稚園の入園料・保育料減免 なし
私立幼稚園入園料補助金 なし
私立幼稚園保育料補助金 なし
公立保育所数 10所
0歳児保育を実施している公立保育所 7所
公立保育所定員数 960人
公立保育所在籍児童数 812人
私立保育所数 16所
0歳児保育を実施している私立保育所 16所
私立保育所定員数 1610人
私立保育所在籍児童数 1731人
保育所入所待機児童数 0人
小学校・中学校  
公立小学校1学級当たりの平均生徒 21.8人
公立中学校1学級当たりの平均生徒 24.6人
学校給食 【小学校】完全給食 【中学校】完全給食
学校給食民間委託 一部で導入(配送)
公立中学校の学校選択制 一部実施(特定地域選択制)
公立小中学校の耐震化率 100.0%
住宅支援助成金制度
新築建築  
利子補給制度 あり 
利子補給上限金額 (融資限度額)300万円 
利子補給条件・備考等 【帯広市ユニバーサルデザイン住宅建設資金貸付】一定の条件を満たす方に、新築費用において最大300万円の無利子貸付。(20年償還) 
補助/助成金制度 あり 
補助/助成金上限金額 (商品券)20万円 
補助/助成金条件・備考等 【おびひろ住宅づくり奨励金】帯広市内に自身が居住するため、省エネ基準を満たす住宅を新築した者に建築奨励金として20万円分の商品券を交付。所得、年齢など条件あり。 
新築購入  
利子補給制度 なし 
補助/助成金制度 あり 
補助/助成金上限金額 (商品券)20万円 
補助/助成金条件・備考等 【おびひろ住宅づくり奨励金】帯広市内に自身が居住するため、省エネ基準を満たす住宅を新築した者に建築奨励金として20万円分の商品券を交付。所得、年齢など条件あり。 
中古購入  
利子補給制度 なし 
補助/助成金制度 なし 
増築・改築・改修  
利子補給制度 あり 
利子補給上限金額 (融資限度額)150万円 
利子補給条件・備考等 【帯広市ユニバーサルデザイン住宅建設資金貸付】一定の条件を満たす方に、増改築費用において最大150万円の無利子貸付。(20年償還) 
補助/助成金制度 あり 
補助/助成金上限金額 (1)30万円(2)(商品券)5万円(3)40万円 
補助/助成金条件・備考等 (1)【帯広市木造住宅耐震改修補助】耐震診断により「倒壊する可能性がある」と診断され、耐震改修工事を行うとき、上限30万円。(2)【帯広市住まいの改修助成】帯広市内に自ら所有し居住している住宅について、10万円(消費税除く)以上の改修工事に対して5万円分の商品券を交付。(3)【帯広市ユニバーサルデザイン住宅改造資金補助】一定の条件を満たす方に、住宅改造資金として40万円を補助。 
その他  
(都道府県)太陽光発電補助制度 なし
(市区)太陽光発電補助制度 あり
移住支援制度 短期移住体験のための滞在施設を割安で提供。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし
基本情報
総面積 619.34km2
世帯数 77707世帯
人口総数 168539人
年少人口率(15歳未満) 12.19%
生産年齢人口率(15〜64歳) 61.43%
高齢人口率(65歳以上) 26.37%
転入者数 7839人
転入率(人口1000人当たり) 46.51人
転出者数 7735人
転出率(人口1000人当たり) 45.89人
主な祭り・行事 おびひろ平原まつり おびひろ菊まつり おびひろ氷まつり おびひろ広小路七夕まつり 岩内仙峡もみじまつり 八千代牧場まつり とかちマルシェ とかちばん馬まつり フードバレーとかちマラソン ラリー北海道 十勝川花火大会
市区独自の取り組み 帯広市は、「食」と「農林漁業」を柱とした経済活動を行うための旗印として「フードバレーとかち」を掲げて十勝19市町村が連携した協力体制を強化するとともに、国に提案し採択された「国際戦略総合特区」や「バイオマス産業都市構想」を活用しながら、産業基盤の強化や海外販路の拡大、地域の豊富なバイオマスの有効活用によるエネルギー自給率の向上に取り組むなど、自立した地域経済の確立を目指しオール十勝で取り組んでいる。
ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、(1)各種基金に積み立て(2)福祉(3)子育て(4)ばんえい競馬の振興(5)図書館図書整備など、寄附者の意向を踏まえて活用。特典は、市内公共施設等ので入場料の減免をはじめとした各種サービスを受けられる特典利用券を送付(市外居住者限定)。
歳入額:1人当たり 495千円
歳出額:1人当たり 490千円
地方税 21,717,404千円
地方税:1人当たり 129千円
地方債現在高 96,321,319千円
地方債現在高:1人当たり 572千円
財政力指数 0.56
実質公債費比率 8.9%
暮らし
公共料金・インフラ  
ガス料金(22m3使用した場合の月額) 帯広ガス(大空地区以外)6383円
帯広ガス(大空地区)6450円
水道料金(口径20mmで20m3の月額) 帯広市4654円
帯広市(簡易水道)4654円
下水道料金(20m3を使用した場合の月額) 帯広市2916円
下水道普及率 96.9%
安心・安全  
刑法犯認知件数 1115件
刑法犯認知件数:1000人当たり 6.58件
ハザード・防災マップ あり
医療  
一般病院総数 17所
一般診療所総数 99所
小児科医師数 33人
 小児人口10000人当たり 16.06人
産婦人科医師数 16人
 15〜49歳女性人口1万人当たり 4.59人
介護保険料基準額(月額) 5470円
ごみ  
家庭ごみ収集 有料
家庭ごみ収集−備考 指定ごみ袋有料。
家庭ごみの分別方式 6分別〔可燃ごみ 不燃ごみ 資源ごみ 有害ごみ 大型ごみ おむつ類〕
家庭ごみの戸別収集 一部実施(身体の障害や高齢・病気・けがなどの理由でごみステ-ションまでごみ出しができない世帯)
粗大ごみ収集 あり
粗大ごみ収集−備考 大型ごみ用処理券1枚600円を購入し、センターに連絡。
生ごみ処理機助成金制度 あり
生ごみ処理機助成金額(上限) 20000円
生ごみ処理機助成比率(上限) 50.0%
※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

複数の市区のデータを比較する

北海道帯広市 と他の市区データを比較できます。最大3つの市区と比較できます。

この市区の物件を探す

北海道帯広市の物件を検索する
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元