あなたにとっての“住みやすい街”が見つかる「暮らしデータ」

愛知県の子育て関連の独自の取り組み

愛知県内の子育て関連の独自の取り組みについて、市区の違いを一覧で比較。市区名をクリックするとその市区の詳細が確認できます。

市区名子育て関連の独自の取り組み
(1)なごや子育てアプリ「NAGOMii(なごみー)」による子育て支援情報の提供。(2)子育て家庭優待カード「ぴよか」の交付。
(1)なごや子育てアプリ「NAGOMii(なごみー)」による子育て支援情報の提供。(2)子育て家庭優待カード「ぴよか」の交付。
(1)なごや子育てアプリ「NAGOMii(なごみー)」による子育て支援情報の提供。(2)子育て家庭優待カード「ぴよか」の交付。
(1)なごや子育てアプリ「NAGOMii(なごみー)」による子育て支援情報の提供。(2)子育て家庭優待カード「ぴよか」の交付。
(1)なごや子育てアプリ「NAGOMii(なごみー)」による子育て支援情報の提供。(2)子育て家庭優待カード「ぴよか」の交付。
(1)なごや子育てアプリ「NAGOMii(なごみー)」による子育て支援情報の提供。(2)子育て家庭優待カード「ぴよか」の交付。
(1)なごや子育てアプリ「NAGOMii(なごみー)」による子育て支援情報の提供。(2)子育て家庭優待カード「ぴよか」の交付。
(1)なごや子育てアプリ「NAGOMii(なごみー)」による子育て支援情報の提供。(2)子育て家庭優待カード「ぴよか」の交付。
(1)なごや子育てアプリ「NAGOMii(なごみー)」による子育て支援情報の提供。(2)子育て家庭優待カード「ぴよか」の交付。
(1)なごや子育てアプリ「NAGOMii(なごみー)」による子育て支援情報の提供。(2)子育て家庭優待カード「ぴよか」の交付。
(1)なごや子育てアプリ「NAGOMii(なごみー)」による子育て支援情報の提供。(2)子育て家庭優待カード「ぴよか」の交付。
(1)なごや子育てアプリ「NAGOMii(なごみー)」による子育て支援情報の提供。(2)子育て家庭優待カード「ぴよか」の交付。
(1)なごや子育てアプリ「NAGOMii(なごみー)」による子育て支援情報の提供。(2)子育て家庭優待カード「ぴよか」の交付。
(1)なごや子育てアプリ「NAGOMii(なごみー)」による子育て支援情報の提供。(2)子育て家庭優待カード「ぴよか」の交付。
(1)なごや子育てアプリ「NAGOMii(なごみー)」による子育て支援情報の提供。(2)子育て家庭優待カード「ぴよか」の交付。
(1)なごや子育てアプリ「NAGOMii(なごみー)」による子育て支援情報の提供。(2)子育て家庭優待カード「ぴよか」の交付。
豊橋市母子父子福祉手当(ひとり親家庭等の母・父または養育者へ、支給要件にあてはまる18歳以下[18歳に達した年度末まで]の児童を養育されている方に支給する。ただし所得制限あり。また受給期間制限あり[一定の要件に該当する場合は期間延長する場合あり])。
(1)子育てガイドブックの作成、配布。(2)子育て応援すくすくメールの配信。(3)子育て応援フェア「つながる子育て in おかざき」の開催。
(1)特別支援学校(知的)児童を対象にした放課後児童クラブ「けやき児童クラブ」(定員8人)。(2)特別支援学校(肢体)児童を対象にした放課後児童クラブ「ポプラ児童クラブ」(定員21人)。(3)移動子育て支援センターの実施。
(1)子育て総合支援センターに「すくすく相談」改め「子ども・若者相談」を設置し、保護者のみではなく、子どもや若者本人からの相談ができる体制を強化している。(2)市内で子育てする方々が子育てサービスを把握できるような「子どもガイド」を作成し、乳児家庭全戸訪問事業等の際に、配布し周知している。
(1)子育て応援ハンドブックの配布。(2)はんだ孫育て応援ハンドブックの配布。(3)子育て支援センターでの生後6ヶ月児からの一時預かり。(4)病児保育の実施。(5)3人乗り自転車の貸出。(6)移動式赤ちゃんの駅の貸出。
(1)妊産婦ケア事業(デイサービス)を専用施設で実施。妊娠中から1歳未満の子どもがいる母親が、育児で疲れた時などに利用し、専門職による相談も受けられる。(2)市民病院では、産後2ヶ月までのお母さんと赤ちゃんを対象に、産後ケア入院を実施している。産後ケア入院では、育児に不安を持つ母親に対し、助産師が中心となり24時間体制で母子の健康チェックや授乳などの育児支援・相談が受けられる。(3)子育て支援団体へ委託し、先輩ママによる訪問事業を実施
(1)産前・産後ヘルパー利用費補助事業。(2)産婦健康診査の補助。(3)産後ケア事業。(4)ロタウイルス・おたふく予防接種の一部助成。(5)特別の理由による任意予防接種費の補助事業。
(1)子育て支援センター2ヶ所では、土・日曜日も開所。また、ファミリーサポートセンターでは、病児預かり、産前産後の家事支援を増やし子育ての支援を実施。(2)2017年度から子育て支援アプリ・ウェブサイト「つしまっち」を開始。(3)子育て支援相談員が支援センター・保育所などを利用していない10ヶ月児家庭宅を訪問し、子育て支援情報を提供する。
子育て情報をメールで配信。
(1)先輩ママによる子育てに関する心配ごとの傾聴や情報提供(育児ママ訪問サポート事業)。(2)ファミリーサポートセンター利用料の一部助成。(3)新生児聴覚検査の費用助成。(4)インフルエンザウイルス(2021.1.31まで)、おたふくかぜ、特別な理由による任意予防接種の費用助成。(5)多胎児を養育する家庭に支援金を支給。(6)母子手帳アプリ「はぴかり」の運用。(7)2020年度生まれの新生児におむつ券交付。
豊田市こども園等給食費減免要綱に基づく、主食費の免除。
新生児聴覚検査費用の助成等。
保育園・幼稚園の主食費無料。
(1)認可外保育施設に通う、3歳未満の第3子の保育料相等額を助成。(2)赤ちゃんの駅事業(外出先で授乳やおむつ替えができる施設を登録)。(3)赤ちゃんサロン。(4)せんぱいパパママ教室。(5)地域でハッピー大好きパパの歯みがき教室(父親を対象とした、子どもの歯みがきの方法や関わり方の教室を実施)。(6)食育キャラバン隊。(7)食育サークル。(8)発達に「気がかりさ」がある就園前の児童とその保護者を支援する教室を公立保育園2園で実施。(9)子育てコンシェルジュの配置。
妊娠、出産、子育ての切れ目のない支援を実施していくために子育て世代包括支援センター「すくすく!いぬまる」を設置。母子健康手帳交付時に全ての妊婦と個人面接を実施。また必要な子育て支援事業へのつなぎを行う。一般不妊治療費助成事業を、愛知県の基準に上乗せして、治療の範囲を、体外受精及び顕微授精を除く一般不妊治療とし、助成額を上限5万円としている。2020年4月から、1歳から小学校入学前までの、おたふくかぜに罹患したことがない市民を対象に、おたふくかぜワクチン任意予防接種費用の一部助成(1回のみ2,000円)を実施。
スクールソーシャルワーカー活用事業(いじめ・不登校・児童虐待など児童生徒の心の問題に対し、支援を行う)。
(1)特別な理由による任意継続予防接種費用の助成。(2)江南市赤ちゃんの駅として、外出先でも授乳、おむつ換えが出来る施設に登録してもらい、発信している。該当施設にはステッカーを掲示している。
(1)母子手帳を親子健康手帳とし、15歳まで記録できる、親から子へのメッセージ欄があるなど、独自の手帳を作成。(2)1歳の誕生日にアニバーサリー事業として絵本等をプレゼントし、その機会に育児相談や情報手教を実施。(3)ひとり親家庭等の子で2018年度以降に大学等へ入学する際に子ひとりにつき12万円を助成。(4)子等を3人以上養育し、そのうち3番目以降の子にかかる認可保育所等の保育料を全額補助。(5)同一生計の子のうち出生順位が3番目以降の子にかかる幼稚園および認可保育所等の給食費のうち副食費を4,500円を上限に補助。
-
(1)全15園を保育所型認定こども園として一体運営(基本保育時間8:30~15:00)。(2)保育料の低負担化。基本保育料(16階層)0~2歳児は0円~2万8,100円。3~5歳児延長保育料無料。
(1)子育て広場。(2)えほん館。(3)幼児一時預かり。(4)親子発達支援ルーム等を開設し子育て支援を実施。
(1)全小中学校および全保育園に給食室を設置し、単独校(園)方式の給食を実施。(2)先駆的なICTを活用した学校教育。(3)全小中学校全学年を対象にフッ化物洗口を実施。(4)全小学校区内に設置された放課後クラブでは、待機児童をつくらない方針で、小学校6年生までを受け入れており、更に児童数の定員を設けず実施。(5)姉妹都市のオーストラリア・ポート フィリップ市への中学生海外派遣事業。
ブックスタート(出産後、赤ちゃん訪問をし、絵本1冊贈呈)。
(1)少人数学級事業・きめ細かな指導対応教員配置事業。(2)子どもサポート教員配置事業(不登校・いじめ・発達障害児対応)。(3)早期適応教室設置事業(外国からの編入学児童生徒の早期日本語適応指導)。
(1)子育て不安解消を目的としたLet's産後ケアとアラフォーママの会の開催、子育て仲間づくりを目的としたすくすく赤ちゃんサロンと1歳のお誕生日会の開催、子育て力アップを目的としたすくすく子育て講座の開催。(2)認可外保育支援事業(市の保育室の基準を満たしている施設に対して助成)。(3)利用者支援事業「あさぴー子育てコンシェルジュ」を開設(母子保健コーディネーター[助産師・保健師]を配置し、妊娠期から乳幼児期の相談・支援を実施)。
-
(1)第3子以降学校給食費無償化。(2)岩倉市保育園送迎ステーション事業(岩倉駅前のこどものまち保育園に併設して、岩倉市保育園送迎ステーションを開設。送迎ステーションと在籍の保育園の間を専用車両により児童を送迎)。
(1)子育て情報誌「すくすくこども」の配布。(2)ネウボラ推進。(3)ままさぽ事業。(4)妊娠期教室。(5)産婦健康診査受診票の交付(産後8週以内の母体の健診費用補助2回分)。(6)新生児聴覚検査費補助。(7)お誕生おめでとう電話。(8)乳児全戸訪問。(9)ブックスタート事業(3ヶ月児健診)。(10)一般不妊治療費の費用助成。(11)産後ケア事業。(12)養育支援訪問。(13)ロタウイルスワクチン予防接種費用助成。(14)インフルエンザ予防接種費用助成。
赤ちゃんの駅認定事業。移動式赤ちゃんの駅の貸出。民間企業との官民連携協定の締結。
(1)子ども医療制度(中学校3年生まで医療費無料)。(2)保育料の第3子軽減(満18歳未満の児童が3人以上いる世帯の3人目以降の児童が3歳未満児で入所した場合無料)。(3)国民健康保険税算定の際、就学未満児については、均等割を3割減免。
-
(1)子育て情報発信事業としてスマートフォン用アプリ「キヨスマ」を制作し、市内の子育て関連施設のイベントやお出かけ情報等を掲載、子育て日記で健診や予防接種の管理ができる。(2)妊娠前から子育て期にわたり、あるゆる相談を受け付けるワンストップ窓口として「子育て世代包括支援センター」を設置している。
(1)未就学児入院時食事療養費の助成。(2)各小学校区に1館児童館設置。(3)各小学校区ごとに放課後児童クラブを設置し、土曜日も活動している(活動時間は下校時間~午後7時30分。学校休業日は午前7時30分~午後7時30分)。(4)子育てコンシェルジュを設置。(5)子どもの任意予防接種助成:インフルエンザ予防接種、ロタウイルス予防接種
(1)1歳児親子教室(1歳の子どもと親を対象に生活習慣の大切さや親子のふれあい遊びを通じて健やかな成長を促す教室)。(2)保育所防煙教室(市立保育所の年長児を対象に、大型絵本を用いてタバコの害や受動喫煙防止の教育を行う事業)。(3)すくすくクリニック(発達に問題を抱える児を小児科医の診察や臨床心理士による発達検査を通して早期治療や早期療育につなげる)。(4)心理士による発達相談(未就学児対象)。(5)保育所フッ化物洗口事業。(6)児童館親子歯みがき教室。
(1)公園や児童館に出向いて、親子遊びを行う出前型子育て支援活動「あおぞら広場」「にこにこ広場」。(2)子育てに関する情報を集約し、イベント情報や施設検索等ができる子育て支援アプリ「みよぴよ!」。
-
(1)産前・産後ヘルパー派遣事業。(2)新生児聴覚検査受診票交付。

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

子育て関連の独自の取り組みについて、ほかのエリアを見てみる

首都圏
関西
東海
北海道
東北
甲信越・北陸
中国・四国
九州・沖縄

愛知県について、ほかのテーマをチェックする

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

出産・育児
乳幼児医療
幼稚園・保育園
小学校・中学校

住まいの給付金(補助金・助成金)

新築建築
新築購入
中古購入
増築・改築・改修
その他

公共サービスや治安

公共料金
安心・安全
医療
ごみ

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

選択した市区を比較する
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元