あなたにとっての“住みやすい街”が見つかる「暮らしデータ」

滋賀県の子育て関連の独自の取り組み

滋賀県内の子育て関連の独自の取り組みについて、市区の違いを一覧で比較。市区名をクリックするとその市区の詳細が確認できます。

市区名子育て関連の独自の取り組み
-
赤ちゃんの駅設置。乳幼児を連れた保護者が、おむつ替えや授乳に気軽に立ち寄れる施設。
(1)子育て応援サイト・アプリ「ながまるキッズ!」。(2)子育て応援めーる(子育てイベント情報、乳幼児健診、支援制度など月2回配信)。(3)小学校1年生からの英語科授業の実施。(4)第2子以降保育料軽減。(5)小学校給食費無料化。
(1)4ヶ月健診時にファーストブックの配布(本の読み聞かせによる親子のコミュニケーションの大切さと、本を読む習慣を身につけるきっかけづくりとなるよう赤ちゃんに絵本を配布し、希望者に図書館の利用カードを作成するブックスタート事業)。(2)受け身の子育て支援ではなく、親自身が力をつける子育て支援として、0・1・2歳児の年齢別子育て教室やプレイセンターモデル事業に取り組んでいる。
(1)すこやか訪問。(2)ブックスタート事業。(3)草津っ子サポート事業。(4)子育てサークル活動支援。(5)産前・産後サポート事業。(6)産後ケア事業。
-
-
(1)乳幼児健康診査事業。(2)特定不妊治療費助成。(3)不育症治療費助成。(4)小学校6年生までの医療費の自己負担額を助成。(5)第2子保育料無料化(年収概ね360万未満の多子世帯対象)。
(1)【子育て家庭訪問事業】民生委員児童委員協議会への委託業務として実施。1歳を迎える子どもがいる全ての家庭に、民生委員・児童委員と主任児童委員が訪問し、絵本の配布、子育てなどに関する相談や情報提供等を行う。(2)【野洲市三方よし人材バンク】市内保育所、幼稚園及び学童保育所を就労先とする方への無料職業案内所。(3)【保育士等保育料補助事業】新たに市内の保育所、幼稚園、学童保育所(こどもの家)に就労した保育士等の子どもに係る保育料の一部を補助。
(1)多胎児家庭育児支援事業(2人以上の多胎の子を養育している家庭に対し、ホームヘルパー等を派遣し、家事、育児等に関する支援を行う)。(2)発達支援システム(発達の支援の必要な人に対し、乳幼児期から学齢期・就労期まで、保健・福祉・医療・教育および就労の関係機関の横の連携による支援と、個別の指導計画による縦の連携による支援を提供する)。(3)1ヶ月児健康診査費助成事業(健康診査の費用の一部を助成)。
(1)教育相談課題対応室を設けて、子ども・保護者・教師・一般市民から広く教育や子育てに関する様々な相談等を受け付けて継続的な支援をしている。(2)市内にある公私立の保育園、幼稚園、認定こども園に通園する児童の保育料について、すべての世帯の児童で第2子以降を完全無料化している。
(1)見守りおむつ宅配便。(2)子育てハンドブック「ららら♪」の発行と配布。(3)ブックスタート事業。(4)おひざでだっこのお話会。(5)産後ママサポートチケット事業。(6)第3子以降の保育料を世帯の所得に応じ無料または半額に軽減。(7)乳幼児から中学校3年生までの医療費を助成。(8)幼児視機能検査の新規導入。
(1)ファミリー・サポート・センター。(2)病児・病後児保育。

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

子育て関連の独自の取り組みについて、ほかのエリアを見てみる

首都圏
関西
東海
北海道
東北
甲信越・北陸
中国・四国
九州・沖縄

滋賀県について、ほかのテーマをチェックする

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

出産・育児
乳幼児医療
幼稚園・保育園
小学校・中学校

住まいの給付金(補助金・助成金)

新築建築
新築購入
中古購入
増築・改築・改修
その他

公共サービスや治安

公共料金
安心・安全
医療
ごみ

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

選択した市区を比較する
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元