あなたにとっての“住みやすい街”が見つかる「暮らしデータ」

秋田県の子育て関連の独自の取り組み

秋田県内の子育て関連の独自の取り組みについて、市区の違いを一覧で比較。市区名をクリックするとその市区の詳細が確認できます。

市区名子育て関連の独自の取り組み
在宅子育てサポート事業(就学前の児童を在宅子育てしている保護者に親子の遠足、一時預かりなど複数の子育て支援プランに利用できるクーポン券を交付。2018年度から2018年4月2日以降に生まれた第3子以降の児童を在宅子育てしている世帯を対象とする多子世帯サポートクーポン券を新たに交付)。
(1)能代市すくすく子育て幼稚園保育料支援金(年額2.4万円を上限とし、新制度に移行しない幼稚園の就園に要する経費に対して補助をする)。(2)めんchoco(子育て世帯が持つ優待カード[能代市発行]を、子育てを応援する協賛店で提示する事によりさまざまなサービスを受けることができる)。(3)めんchoco誕生事業(新生児に市から世界に一冊だけのオリジナル絵本またはメッセージを添えた木製品をプレゼント)。(4)インフルエンザ予防接種費用の一部助成。
(1)【すこやか子育て支援事業】保育料助成制度の上乗せ。(2)子育て情報サイト「横手市子育て情報サイトはぐはぐ」の開設。
(1)大館ふるさとキャリア教育。(2)大館市働くパパママ応援企業認定制度。(3)大館市認定保育施設助成事業費補助金(市が認定する認可外保育施設に対し、運営費を助成)。(4)はちくんすくすく子育て支援事業(第1子出産祝い金10万円)。(5)在宅子育て支援給付金(最高10万円)。(6)育児休業取得支援助成金(中小企業への助成。最高30万円×2人)。(7)認定保育施設利用支援事業(認可保育所の保育料との差額を助成)。
(1)育児用品購入費補助。(2)子育て応援米支給。(3)助産師、保健師、臨床心理士による相談窓口「おがっこネウボラ」。(4)ママサポート119。(5)おがっこネウボラWebメール配信サービス。
(1)ライフイベントサポートブックの配布。(2)ブックスタート。(3)ママと天使の交流会。(4)子育てシェアリング事業。(5)みんなで子育て街の保育園事業。(6)出会い・子育てわくわくフェスタ。(7)子育て資金借入の償還に係る経費(利子)の一部を助成。
(1)ファーストベビー祝い金事業。(2)結婚・子育て支援特別資金返済支援事業。(3)教育費支援事業(第3子以降の児童生徒の保護者を対象に、教育に係る費用について補助)。(4)インフルエンザ予防接種費用の一部助成(生後6ヶ月から高校生)。(5)福祉医療給付(高校生まで拡充)。
-
おたふくかぜ、ロタウイルス予防接種費用の一部助成。
市と連携する金融機関(市内の支店)から借り入れた子育て資金に対し、償還利子の一部を補助。
ひとり親家庭就学祝い金。
(1)放課後児童健全育成事業(全ての小学校区に学童保育クラブを設置し、利用児童の受け入れ体制の整備)。(2)移住者向けすこやか保育料助成制度(2018年4月1日以降転入した移住者世帯内の対象児童の市内保育所・認定こども園利用時の保育料全額助成。所得制限なし。移住者世帯、対象児童に条件あり)。
在宅子育てサポート事業(在宅で子育てを行っている家庭に対し、子育てに関わる有料サービスに充てることができるサポート券[年度内に1万円相当]を交付している)。

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

子育て関連の独自の取り組みについて、ほかのエリアを見てみる

首都圏
関西
東海
北海道
東北
甲信越・北陸
中国・四国
九州・沖縄

秋田県について、ほかのテーマをチェックする

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

出産・育児
乳幼児医療
幼稚園・保育園
小学校・中学校

住まいの給付金(補助金・助成金)

新築建築
新築購入
中古購入
増築・改築・改修
その他

公共サービスや治安

公共料金
安心・安全
医療
ごみ

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

選択した市区を比較する
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元