あなたにとっての“住みやすい街”が見つかる「暮らしデータ」

兵庫県の子育て関連の独自の取り組み

兵庫県内の子育て関連の独自の取り組みについて、市区の違いを一覧で比較。市区名をクリックするとその市区の詳細が確認できます。

市区名子育て関連の独自の取り組み
親世帯と子世帯が近居(同一小学校区内もしくは直線距離でおおむね1.2km以内)・同居する際、移動する世帯の住み替えにかかる費用(引越代金等)の半額(上限20万円)を助成。出産予定を含む、小学校入学前の子どもがいる子世帯と、1年以上神戸市に居住している親世帯が対象(ほか条件・件数制限等あり)。引越し前に必ず申請のこと。近居範囲内の移転は対象外。2016年度の申請受付は終了。
親世帯と子世帯が近居(同一小学校区内もしくは直線距離でおおむね1.2km以内)・同居する際、移動する世帯の住み替えにかかる費用(引越代金等)の半額(上限20万円)を助成。出産予定を含む、小学校入学前の子どもがいる子世帯と、1年以上神戸市に居住している親世帯が対象(ほか条件・件数制限等あり)。引越し前に必ず申請のこと。近居範囲内の移転は対象外。2016年度の申請受付は終了。
親世帯と子世帯が近居(同一小学校区内もしくは直線距離でおおむね1.2km以内)・同居する際、移動する世帯の住み替えにかかる費用(引越代金等)の半額(上限20万円)を助成。出産予定を含む、小学校入学前の子どもがいる子世帯と、1年以上神戸市に居住している親世帯が対象(ほか条件・件数制限等あり)。引越し前に必ず申請のこと。近居範囲内の移転は対象外。2016年度の申請受付は終了。
親世帯と子世帯が近居(同一小学校区内もしくは直線距離でおおむね1.2km以内)・同居する際、移動する世帯の住み替えにかかる費用(引越代金等)の半額(上限20万円)を助成。出産予定を含む、小学校入学前の子どもがいる子世帯と、1年以上神戸市に居住している親世帯が対象(ほか条件・件数制限等あり)。引越し前に必ず申請のこと。近居範囲内の移転は対象外。2016年度の申請受付は終了。
親世帯と子世帯が近居(同一小学校区内もしくは直線距離でおおむね1.2km以内)・同居する際、移動する世帯の住み替えにかかる費用(引越代金等)の半額(上限20万円)を助成。出産予定を含む、小学校入学前の子どもがいる子世帯と、1年以上神戸市に居住している親世帯が対象(ほか条件・件数制限等あり)。引越し前に必ず申請のこと。近居範囲内の移転は対象外。2016年度の申請受付は終了。
親世帯と子世帯が近居(同一小学校区内もしくは直線距離でおおむね1.2km以内)・同居する際、移動する世帯の住み替えにかかる費用(引越代金等)の半額(上限20万円)を助成。出産予定を含む、小学校入学前の子どもがいる子世帯と、1年以上神戸市に居住している親世帯が対象(ほか条件・件数制限等あり)。引越し前に必ず申請のこと。近居範囲内の移転は対象外。2016年度の申請受付は終了。
親世帯と子世帯が近居(同一小学校区内もしくは直線距離でおおむね1.2km以内)・同居する際、移動する世帯の住み替えにかかる費用(引越代金等)の半額(上限20万円)を助成。出産予定を含む、小学校入学前の子どもがいる子世帯と、1年以上神戸市に居住している親世帯が対象(ほか条件・件数制限等あり)。引越し前に必ず申請のこと。近居範囲内の移転は対象外。2016年度の申請受付は終了。
親世帯と子世帯が近居(同一小学校区内もしくは直線距離でおおむね1.2km以内)・同居する際、移動する世帯の住み替えにかかる費用(引越代金等)の半額(上限20万円)を助成。出産予定を含む、小学校入学前の子どもがいる子世帯と、1年以上神戸市に居住している親世帯が対象(ほか条件・件数制限等あり)。引越し前に必ず申請のこと。近居範囲内の移転は対象外。2016年度の申請受付は終了。
親世帯と子世帯が近居(同一小学校区内もしくは直線距離でおおむね1.2km以内)・同居する際、移動する世帯の住み替えにかかる費用(引越代金等)の半額(上限20万円)を助成。出産予定を含む、小学校入学前の子どもがいる子世帯と、1年以上神戸市に居住している親世帯が対象(ほか条件・件数制限等あり)。引越し前に必ず申請のこと。近居範囲内の移転は対象外。2016年度の申請受付は終了。
(1)子育て学習センター事業(2)子育てサロン事業(3)交通・災害遺児手当支給事業(4)交通・災害遺児奨学金給付事業(5)児童養護施設等入所児童就職祝金支給事業(6)児童養護施設等間食給付事業。
尼崎市子どもの育ち条例(わいわいキッズプランあまがさき、地域社会の子育て機能向上支援事業、子ども家庭相談支援体制整備事業、ティーンズミーティング開催事業)。
2016年度は、保育所の待機児童解消に向け、1,000人規模の受け入れ枠の拡大をめざすとともに、9月からは保育所や幼稚園などに通う第2子以降の保育料の無料化を行う。また、小学校1年生への30人学級の導入を行うほか、中学校3年生までの医療費完全無料も継続して行う。
(1)赤ちゃんへの手紙(市内小学生から西宮に生まれた赤ちゃんの保護者に手紙を贈る事業)(2)父子手帳(父親の育児参加促進のため、妊娠中のパートナーへの配慮のほか、赤ちゃんのあやし方やお風呂の入れ方など、イラストを交えて紹介した育児マニュアルを発行。母子健康手帳交付時に一体的に配布)(3)子育て便利マップ(市内にある公園や施設などのお出かけ編と小児科を中心とした医療機関編を掲載したもの)。
新生児おむつ用ゴミ袋の配布、新生児布絵本の贈呈、洲本市子育て応援パスポート事業、洲本市子育て応援タクシー利用料金助成事業(2016年7月施行)。
(1)なかよしひろば(幼稚園で親子のふれあいや情報交換の場を提供)(2)あい・あいる~む(公共施設で親子のふれあいや情報交換の場を提供)(3)カンガルークラブ(0歳以下の第1子と保護者の親子のふれあいや育児相談の場を提供)(4)赤ちゃんの駅(オムツ交換や授乳のために気軽に立ち寄れる環境を整備)(5)移動式赤ちゃんの駅(屋外イベント会場で乳幼児の授乳やオムツ交換を行うためのテントを貸し出し)(6)子育て応援アプリ(子育て情報を配信)。
(1)単親家庭家事介助員派遣事業(2)伊丹市地域子育てバックアップ事業補助金(3)子育てサークル支援補助金(4)交通遺児等学業援助資金。
(1)市立幼稚園・小・中学校給食の無料化、市立幼稚園保育料無料化(2)子育て応援券交付事業。
(1)ママの休日プレゼント(満1歳の誕生日から満3歳の誕生日の前日までの子どもを在宅で育児している保護者に、一時保育サービス利用券を交付)(2)発達段階(マイナス1歳、3歳、6歳)に応じた子育て支援メッセージ発信事業(子育てにかかわる知恵として子育て中の保護者に配布)(3)幼児期における運動遊び事業を推進(4)英語遊び保育事業を推進。
子育て支援予防接種助成事業(任意の予防接種のうち、おたふく風邪、季節性インフルエンザについて、いずれか1つの接種料金の一部[1回限り2,000円]を市指定医療機関で接種する者の保護者に対し、助成。助成の対象は、1歳以上4歳未満)。
(1)出産助成金(出産に係る費用の一部として、出産時1人につき5万円を支給する)(2)幼児2人同乗用自転車購入費の助成(3)第3子いきいき子育て応援事業(第3子以降の出産時に5万円、第3子以降の小・中学校入学時に3万円分の商工会議所の発行する商品券を支給する)(4)中学生第3子手当支給事業(18歳の誕生日後の最初の3月31日までの児童から数えて3番目以降にあたる中学生を養育する保護者に対し、月額5,000円を支給)。
(1)子育てコンシェルジュの設置(2)3世代パパ事業(次世代・現世代・前世代)(3)父子手帳の配布。
(1)2歳児6組の親子を5日間、1クラスとして集団生活を体験する「集団保育体験事業」を11月頃に市内保育園1園で実施(2)地域の子育て支援の拠点及び地域の子どもたちの居場所として、市内7つのブロック毎に地域児童館を整備。また、それぞれの児童館を核としてブロック内の小学校区へ出前児童館事業を実施し、きめ細やかな支援を展開。
保育料50%軽減(所得等制限有)、子育てキャラバン、あんしんコーディネーター、人の目の垣根隊の育成、企業等へ子育て支援補助金、ワークライフバランス推進、学校健診の心臓・結核2次検査無料、公立幼稚園児・小学校1・2年生に歯科医師会とブラッシング指導、ジュニアゴルフ教室、三木金物ふれあい体験事業、親育ちサポート講座、保育園の園庭開放、小・中学校運動場等の開放、スーパーカウンセラー配置、ブックスタート事業、子どもいじめ防止センター。
-
-
(1)県内初高校3年生までの医療費を所得制限なしで無料化(2)就学前4・5歳児の幼児教育・保育料を所得制限なしで無料化(3)子ども(小学校6年生まで)運賃無料市内10ルートを運行するコミュニティバスらんらんバス。予約に応じて市内施設へ運行するデマンドバスも運行(4)東北大学川島隆太教授の脳科学理論に基づく「おの検定」と独自の「16か年教育」を展開。
(1)家庭児童相談体制強化(24時間ホットライン設置)(2)さんだ子育て情報ガイドの発行(3)さんだ子育てフォーラム(市民実行委員会が企画・開催)(4)赤ちゃんの駅設置(授乳・おむつ替え)(5)シニア・ユースひろば運営委託(多世代が集う居場所づくり支援)(6)SUNだっこメールの配信(未就学児の保護者へ子育て情報配信)(7)ブックスタート事業(9ヶ月健診時の読みきかせ、絵本と子育て支援情報の提供)(8)官民協働事業による「さんだ子育てハンドブック」の発行。
(1)下水道基本料金減免(就学前の子がいるひとり親家庭)(2)下水道基本料金減免(小学生以下の第3子がいる世帯)(3)3歳未満の乳幼児のいる世帯に、家庭用ごみ袋(45リットル袋)を年間50枚(最大150枚)を支給(4)第2子以降の保育料の助成。
(1)インフルエンザ予防接種費用の一部助成(2)高等学校遠距離通学費補助(3)市営住宅優先枠(4)中学校3年生までの医療費無料(5)市内の産科の利用助成等。
(1)養父市高校生通学補助事業(2)幼児教育専門指導員の配置(3)新生児聴力検査費助成事業(4)特定不妊治療費全額助成(5)新婚・妊婦歯科健診(6)不育症治療費全額助成(7)産後ケア事業(8)産前産後サポート事業(9)13歳未満児のインフルエンザ予防接種費用の一部助成(10)多子世帯における給食費の半額補助(年齢等要件有)(11)多子世帯における保育料の半額・全額補助(年齢等要件有)(12)家事、育児援助のヘルパーの派遣(年齢等要件有)。
(1)第3子以降を出産した世帯に対して、「ツープラス1」出産祝金20万円を支給(2)U・Iターン、2世帯同居による住宅の新築や新規購入の場合で、中学生以下の子供がいる世帯については、最大100万円の住宅補助。
小学校の第1学年に新入学される児童の保護者を対象として、南あわじ市内で買い物ができる「ふれあい振興商品券」1万円分を支給。
-
「保育料3歳児以上同時入所2人目無料化事業」および「学童保育利用料軽減事業」により保護者の経済的負担の軽減を実施。
(1)子育て世代への宅地分譲地の助成(2)0歳から中学校3年生までの医療費を助成(3)子育てオープンスペース事業(4)夜間応急診療所。
加東市障害児等保育支援事業(各こども園、保育所に特別支援コーディネーターを配置し、こども一人ひとりへのきめ細やかな保育の充実を図る)。
(1)子育てきらきらクーポン券(多子世帯の経済的負担の軽減及び地域振興を図るため、市内で利用できるクーポン券を発行する。)(2)市民協働委託事業(多子世帯の方が行事等[学校行事等]に容易に参加できるよう、地域住民[団体]が、公的施設[学校等]を活用し託児サービスを行う。)

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

子育て関連の独自の取り組みについて、ほかのエリアを見てみる

首都圏
関西
東海
北海道
東北
甲信越・北陸
中国・四国
九州・沖縄

兵庫県について、ほかのテーマをチェックする

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

出産・育児
乳幼児医療
幼稚園・保育園
小学校・中学校

住まいの給付金(補助金・助成金)

新築建築
新築購入
中古購入
増築・改築・改修
その他

公共サービスや治安

公共料金
安心・安全
医療
ごみ

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

選択した市区を比較する
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元