あなたにとっての“住みやすい街”が見つかる「暮らしデータ」

岡山県の子育て関連の独自の取り組み

岡山県内の子育て関連の独自の取り組みについて、市区の違いを一覧で比較。市区名をクリックするとその市区の詳細が確認できます。

市区名子育て関連の独自の取り組み
(1)心豊かな岡山っ子応援[岡山市長を団長とする市民および産学官24団体による実行委員会]で、出生児とその保護者(年間約7,000人)に絵本を提供する事業を実施。(2)官民協働による子育て情報のポータルサイト「こそだてぽけっと」を構築・運用。ツイッター(@kosodate_pocket)、フェイスブックへの情報発信あり。
(1)心豊かな岡山っ子応援[岡山市長を団長とする市民および産学官24団体による実行委員会]で、出生児とその保護者(年間約7,000人)に絵本を提供する事業を実施。(2)官民協働による子育て情報のポータルサイト「こそだてぽけっと」を構築・運用。ツイッター(@kosodate_pocket)、フェイスブックへの情報発信あり。
(1)心豊かな岡山っ子応援[岡山市長を団長とする市民および産学官24団体による実行委員会]で、出生児とその保護者(年間約7,000人)に絵本を提供する事業を実施。(2)官民協働による子育て情報のポータルサイト「こそだてぽけっと」を構築・運用。ツイッター(@kosodate_pocket)、フェイスブックへの情報発信あり。
(1)心豊かな岡山っ子応援[岡山市長を団長とする市民および産学官24団体による実行委員会]で、出生児とその保護者(年間約7,000人)に絵本を提供する事業を実施。(2)官民協働による子育て情報のポータルサイト「こそだてぽけっと」を構築・運用。ツイッター(@kosodate_pocket)、フェイスブックへの情報発信あり。
赤ちゃんの駅(乳幼児のいる家族が外出時に授乳やおむつ交換等で気軽に立寄れる施設)。
(1)まちなか子育て支援拠点事業。(2)子育て世代包括支援事業。
特別支援教育サポート事業(就学前の発達障害等のある児童を早期発見し、当該児童の社会的な自立を目指すことを目的に、市内保育所等の4歳児クラスの巡回相談を行う)。
(1)弱視等治療用眼鏡給付事業。(2)島しょ部妊婦等交通費助成。(3)おたふくかぜワクチン費用の一部助成。(4)一般・特定不妊治療支援事業。(5)不育治療支援事業。(6)離島未就学児通所支援事業。(7)子どもの食と居場所づくり支援事業。(8)放課後児童クラブ利用者負担金補助。(9)保育所保育料減免事業(a.市の独自減免を上乗せ。b.未婚のひとり親への保育所保育料みなし寡婦[夫]控除)。
(1)保育所保育料を国基準から30%軽減を目標に徴収基準を設定。(2)就学前児童のうち2人目は無料。
(1)ファミリーサポートセンターにおける病時サポート、病児保育室「ほっとチュッピー」(小学校6年生以下の病児の一時預かり)。(2)子育て王国そうじゃ(小児医療無料化の拡大、子育て応援Book、子育てバリアフリーマップの作成・配布など)。
パパ・ママ・子育て応援企業奨励金(「パパ・ママ・子育て応援企業」に登録されている企業のうち、支給対象となる企業が行う子育て支援の取組に対して、市が奨励金を交付。1件につき10万円)。
(1)保育料について、所得等の条件によらず第3子以降は無料、第2子は1/2減免(年収360万円未満相当世帯の第2子は無料)。(2)ファミサポ事業利用時に、子ども1人につき、500円/時間を助成。(3)育児休業を取得した場合の代替要員確保に係る経費を助成(中小企業)。(4)児童の養育が困難で子育て支援が特に必要な家庭にヘルパーを派遣。(5)妊婦歯科検診の無料検診(妊娠中1回)。子どもの健診(市の集団健診)で妊婦歯科健診を実施。
(1)マイ保育園制度(1歳~4歳までのお子さんが3回無料で一時保育を受けることができる[8:30~11:00])。(2)弱視等治療用眼鏡等購入助成事業(9歳~15歳の児童の弱視等の治療用眼鏡の購入額の7割を助成。上限3万円)。(3)子育て応援隊登録制度(市民等の豊富な知識や特技を持つ人材を子育て応援隊として登録。子育て活動に活用し、地域の子育て力向上を図る)。(4)子ども応援フェスタ(年1回)、子育て講座(年2回)等のイベント。
-
-
(1)乳児全戸訪問事業。(2)2歳児歯科健診健康診査。(3)療育訓練事業・療育訓練交通費補助。(4)育児支援家庭訪問事業。(5)不育治療支援事業(年間30万円まで助成)。(6)子育て世代包括支援センターの設置・コーディネーター配置。(7)産後ショートステイ事業。(8)子育て支援サポーター事業。(9)母乳育児相談事業。(10)妊婦歯科健康診査。(11)病児保育事業。(12)病児保育お迎えサービス。(13)中学生の尿中ピロリ検査。
(1)不妊治療支援事業。(2)ファミリーサポートセンター事業。(3)ブック・スタート事業。(4)保育所徴収金基準額の細分化による保育料の軽減制度。(5)年収や年令制限に関係なく、戸籍上第3子以降児童の保育料無料化。
(1)子育て世代の経済的負担軽減を図るため、こども医療費助成を中学校3年生まで拡大、第3子以降の保育料の無償化、第2子の保育料支援。(2)公立保育園・幼稚園・こども園において、外国人講師による外国語活動を週1回実施。(3)教育委員会事務局こども未来課に子育てコンシェルジュを配置。

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

子育て関連の独自の取り組みについて、ほかのエリアを見てみる

首都圏
関西
東海
北海道
東北
甲信越・北陸
中国・四国
九州・沖縄

岡山県について、ほかのテーマをチェックする

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

出産・育児
乳幼児医療
幼稚園・保育園
小学校・中学校

住まいの給付金(補助金・助成金)

新築建築
新築購入
中古購入
増築・改築・改修
その他

公共サービスや治安

公共料金
安心・安全
医療
ごみ

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

選択した市区を比較する
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元