あなたにとっての“住みやすい街”が見つかる「暮らしデータ」

石川県の子育て関連の独自の取り組み

石川県内の子育て関連の独自の取り組みについて、市区の違いを一覧で比較。市区名をクリックするとその市区の詳細が確認できます。

市区名子育て関連の独自の取り組み
(1)かなざわ子育てすまいるクーポン(親子で一緒に出かけ、ふれあう時間を応援する「お出かけクーポン」70枚、子育ての負担を軽くするためのいろいろなサービスの利用料を助成する「おためしクーポン」35枚、「絵本交換クーポン」1枚からなっている)。(2)プレミアム・パスポート(2人以上の子どものいる家庭に特典)。(3)チャイルドプレミアム(「県民育児の日」毎月19日にプレミアム協力店を訪れると、割引等の特典)。
(1)子育て応援サービス券の交付(一時保育、病児保育等に利用できるチケット1万円分)。(2)トワイライトスティ(午後6時~午後10時は750円、午後6時~翌日午前8時は1,500円、休日預かりは1,350円)。(3)ショートスティ(2歳未満児は5,350円/日、2歳以上児は2,750円/日)。(4)保育料第2子半額、第3子無料。(5)ブックスタート。(6)ごみ袋支給事業。(7)学校給食費(小・中学校)無償。(8)インフルエンザ予防接種費用の一部助成(1,000円、6ヶ月~13歳未満に2回分、13歳~15歳に1回分)。(9)妊娠を希望する女性等(風しん抗体価が低い)への風しん予防接種費用への一部助成(2,000円)。
(1)子どもの任意予防接種費用のうち、おたふくかぜ・インフルエンザについてはほぼ無償。そのほかの子どもの任意予防接種費用についても一部助成。(2)任意風しん予防接種費用の一部助成。(3)妊婦・産婦・乳児健康診査費用(出産予定日を超過した分や県外で受診した妊婦・産婦・乳児健診)の一部助成。(4)新生児聴覚スクリーニング検査費用の一部助成。(5)多胎妊娠の妊婦健康診査の助成。(6)生後3ヶ月~満1歳までのお子様を養育する家庭の見守りに合わせて紙おむつをお届け。
(1)満18歳以下の子が3人以上いる世帯の第3子以降の保育料無料。(2)0歳児から高校卒業までの子どもの医療費窓口無料。(3)インフルエンザ予防接種費用の助成(1歳~小学校6年生まで2,000円×2回、中学生2,000円×1回)。(4)ムンプス予防接種費用の助成(1歳~就学前まで2,000円×1回)。
(1)インフルエンザ予防接種費用の一部助成。(2)乳幼児任意予防接種費用助成事業(1回の接種あたり3,000円助成[0歳~年長児])。
(1)「家庭教育支援計画」に基づき、関係団体と連携し、親の学びの講演会を開催している。(2)多子世帯等学校給食費助成(多子世帯等における第3子以降の児童生徒及び長子が中学生の第2子の児童生徒を持つ保護者を対象として、学校給食費を全額援助している)。(3)子育て寄り添いおむつ事業(加賀市に住民登録がある、生後3ヶ月から1歳の誕生月までのお子さまと養育者に対し、対象乳児が生後4ヶ月目の月から1歳1ヶ月目の月まで[最大10ヶ月間]の間、保育士等による継続的な相談支援の実施と併せておむつ等を支給する)。
(1)第1子保育料無料制度(対象は市民税所得割課税額4.86万円未満の世帯。同一世帯において、複数の子どもがいる場合、最年長の子どもから順に2人目の利用者負担額は半額、3人目以降は無料。ただし、市民税所得割課税額9.7万円未満の世帯の場合、最年長の子どもから順に2人目の利用者負担額は無料)。(2)出生時に交付する子育て応援券は、市内医療機関での予防接種費用に使用できる。(3)妊娠時から利用できる子育てアプリがあり、母子手帳の電子化や預けている保育園を登録すれば、園からの情報がプッシュ通知で受け取れる。
(1)高等学校等の生徒に対して、成績優秀かつ経済的理由により就学困難な者に奨学金を支給。(2)就学援助制度にて、学校で必要な費用の一部(入学準備費)を入学前に支給。(3)保育料について、生計同一世帯の中で、年齢・所得に関係なく第2子半額、第3子無料。(4)3歳~5歳児の副食費(おかず・おやつ代)無償(所得・年齢による制限なし)。(5)高校生の通学助成として、通学定期代(鉄道のみ)の半額を助成。
(1)ブックスタート事業(4ヶ月児を対象に、ボランティアと職員が絵本の読み聞かせと絵本2冊を入れたコットンバックをプレゼント)。(2)インフルエンザ・ロタウイルス等任意予防接種費の一部を助成。(3)赤ちゃんおむつ購入クーポン支援事業(支給対象児1人につき1,000円×24枚支給。おむつ購入の際に利用することが出来る)。
(1)妊産婦医療費助成制度。(2)18歳まで医療保険一部負担金相当額(自己負担額)助成。(3)紙おむつ、粉ミルク又は乳児用液体ミルクが購入できる「のみっ子すくすく助成券」支給。(4)ひとり親家庭等福祉手当(子ども1人あたり月額2,000円)。(5)18歳未満の第3子保育料無料(所得制限なし。1号認定の3人目以降の預かり保育も無料)。(6)18歳未満の第2子の保育料は半額。(7)3歳児~小学校6年生及びその家族が利用できる市内施設(観光・文化・宿泊)の利用料割引券(3歳児~小学校6年生1人あたり3,000円分)配付。(8)新生児聴覚スクリーニング検査費の助成。(9)低所得者妊婦の初回産科受診料の助成。
(1)インフルエンザ等の予防接種費用の一部を助成。(2)保険診療で受けた不妊治療費用の一部を助成。(3)出産予定日以降に受けた妊婦健診費用の一部を助成。(4)県外で受けた妊婦・産婦・乳児健診費用の一部を助成。(5)低所得妊婦への初回産科受診料助成(非課税世帯及び生活保護世帯)。

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

子育て関連の独自の取り組みについて、ほかのエリアを見てみる

首都圏
関西
東海
北海道
東北
甲信越・北陸
中国・四国
九州・沖縄

石川県について、ほかのテーマをチェックする

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

出産・育児
子ども・学生等医療
幼稚園・保育園
小学校・中学校

住まいの給付金(補助金・助成金)

新築建築
新築購入
中古購入
増築・改築・改修
その他

公共サービスや治安

公共料金
安心・安全
医療
ごみ

人口などの統計情報

統計情報

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

選択した市区を比較する
見直しませんか?irumo 0.5Gで550円/月
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元
アプリで簡単 物件探し 大手不動産サイトの情報から一括検!プッシュ通知で物件を見逃さない
App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう QRコード