あなたにとっての“住みやすい街”が見つかる「暮らしデータ」

神奈川県の子育て関連の独自の取り組み

神奈川県内の子育て関連の独自の取り組みについて、市区の違いを一覧で比較。市区名をクリックするとその市区の詳細が確認できます。

市区名子育て関連の独自の取り組み
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
(1)「わくわくプラザ」事業(市内113校の市立小学校内で、全ての小学生を対象に、放課後、土曜日、長期休業日などに、遊びを通じた仲間づくりの支援等の活動を午後6時まで行っている。保護者の就労の有無に関わらず利用可能)(2)「子育て支援・わくわくプラザ」事業(午後6時から午後7時までの児童の居場所と安全を確保)(3)産後ケアや産前産後サポート事業、妊娠・出産SOS電話相談事業等(妊娠・出産包括支援事業として実施)。
(1)「わくわくプラザ」事業(市内113校の市立小学校内で、全ての小学生を対象に、放課後、土曜日、長期休業日などに、遊びを通じた仲間づくりの支援等の活動を午後6時まで行っている。保護者の就労の有無に関わらず利用可能)(2)「子育て支援・わくわくプラザ」事業(午後6時から午後7時までの児童の居場所と安全を確保)(3)産後ケアや産前産後サポート事業、妊娠・出産SOS電話相談事業等(妊娠・出産包括支援事業として実施)。
(1)「わくわくプラザ」事業(市内113校の市立小学校内で、全ての小学生を対象に、放課後、土曜日、長期休業日などに、遊びを通じた仲間づくりの支援等の活動を午後6時まで行っている。保護者の就労の有無に関わらず利用可能)(2)「子育て支援・わくわくプラザ」事業(午後6時から午後7時までの児童の居場所と安全を確保)(3)産後ケアや産前産後サポート事業、妊娠・出産SOS電話相談事業等(妊娠・出産包括支援事業として実施)。
(1)「わくわくプラザ」事業(市内113校の市立小学校内で、全ての小学生を対象に、放課後、土曜日、長期休業日などに、遊びを通じた仲間づくりの支援等の活動を午後6時まで行っている。保護者の就労の有無に関わらず利用可能)(2)「子育て支援・わくわくプラザ」事業(午後6時から午後7時までの児童の居場所と安全を確保)(3)産後ケアや産前産後サポート事業、妊娠・出産SOS電話相談事業等(妊娠・出産包括支援事業として実施)。
(1)「わくわくプラザ」事業(市内113校の市立小学校内で、全ての小学生を対象に、放課後、土曜日、長期休業日などに、遊びを通じた仲間づくりの支援等の活動を午後6時まで行っている。保護者の就労の有無に関わらず利用可能)(2)「子育て支援・わくわくプラザ」事業(午後6時から午後7時までの児童の居場所と安全を確保)(3)産後ケアや産前産後サポート事業、妊娠・出産SOS電話相談事業等(妊娠・出産包括支援事業として実施)。
(1)「わくわくプラザ」事業(市内113校の市立小学校内で、全ての小学生を対象に、放課後、土曜日、長期休業日などに、遊びを通じた仲間づくりの支援等の活動を午後6時まで行っている。保護者の就労の有無に関わらず利用可能)(2)「子育て支援・わくわくプラザ」事業(午後6時から午後7時までの児童の居場所と安全を確保)(3)産後ケアや産前産後サポート事業、妊娠・出産SOS電話相談事業等(妊娠・出産包括支援事業として実施)。
(1)「わくわくプラザ」事業(市内113校の市立小学校内で、全ての小学生を対象に、放課後、土曜日、長期休業日などに、遊びを通じた仲間づくりの支援等の活動を午後6時まで行っている。保護者の就労の有無に関わらず利用可能)(2)「子育て支援・わくわくプラザ」事業(午後6時から午後7時までの児童の居場所と安全を確保)(3)産後ケアや産前産後サポート事業、妊娠・出産SOS電話相談事業等(妊娠・出産包括支援事業として実施)。
(1)ふれあい親子サロン(乳幼児や保護者を対象にこどもセンター等で月1回(8月を除く)開催。育児相談、身体計測、栄養相談、親子あそび等を実施)(2)母子・父子家庭等福祉手当(18歳未満の児童を養育しているひとり親家庭等に対し世帯月額3,000円を支給。所得制限あり)(3)母子・父子家庭等高校進学就職支度金(中学3年生を養育しているひとり親家庭等に対し進学・就職時に支度金として児童1人につき2万円を支給)。
(1)ふれあい親子サロン(乳幼児や保護者を対象にこどもセンター等で月1回(8月を除く)開催。育児相談、身体計測、栄養相談、親子あそび等を実施)(2)母子・父子家庭等福祉手当(18歳未満の児童を養育しているひとり親家庭等に対し世帯月額3,000円を支給。所得制限あり)(3)母子・父子家庭等高校進学就職支度金(中学3年生を養育しているひとり親家庭等に対し進学・就職時に支度金として児童1人につき2万円を支給)。
(1)ふれあい親子サロン(乳幼児や保護者を対象にこどもセンター等で月1回(8月を除く)開催。育児相談、身体計測、栄養相談、親子あそび等を実施)(2)母子・父子家庭等福祉手当(18歳未満の児童を養育しているひとり親家庭等に対し世帯月額3,000円を支給。所得制限あり)(3)母子・父子家庭等高校進学就職支度金(中学3年生を養育しているひとり親家庭等に対し進学・就職時に支度金として児童1人につき2万円を支給)。
(1)「子どもが欲しい」を応援。特定不妊治療費助成(1回につき最大30万円)。不育症治療費助成(1回の治療費及び検査費10万円まで全額、10万円を超える部分はその1/2)(2)不育症判定検査費(1年度あたりの上限5万円)(3)「妊娠中・出産後」の不安を解消のため、保健師・助産師による「こんにちは赤ちゃん訪問」の実施。保育所と幼保連携型認定こども園には、国の規準を上回る保育士を配置。
保育園に通っていない地域の親子を対象に公立保育園が年に4回、公民館等で「ミニミニ運動会」を実施。親子で楽しめる運動遊びや製作遊びを行う。また、その全市版である「親子であそぼうフェスティバル」を実施。
【鎌倉市子ども・子育てきらきらプラン~かまくらっ子をみんなで育てよう!~(子ども・子育て支援事業計画)】(1)子育て家庭支援の充実(2)特別な配慮を必要とする子ども・子育て家庭への支援(3)子どもの権利や安全の確保(4)子どもの社会的成長の促進(5)仕事と生活が調和した社会(ワークライフバランス社会)の実現。
(1)インターネットで子育て情報を提供する「子育てネットふじさわ」やスマートフォンを活用した神奈川県開発の子育て情報アプリ「子育てアプリふじさわ(電子母子手帳アプリ)」・携帯電話を活用した「子育てメール」等の「子育て地域情報ネットワーク事業」の実施(2)「子育て応援メッセinふじさわ」の開催。市民(実行委員)と行政の協働事業。
-
(1)不育症治療費助成事業(不育症について診断後に実施した治療及び検査を受けられた方に対し、治療費[保険外]の一部を助成)(2)母子保健コーディネーター事業(助産師または保健師が妊娠・出産・子育ての不安や悩みを聞き、成長をサポート)(3)思春期保健事業(小学校主体の思春期健康教育に取りくむための事業)(4)ほしつ☆メソッド(子どもへのほめ方・叱り方・伝え方を練習して身につける講座。2時間×3回)。
すこやか健診(小学校4年生を対象に小児生活習慣病を予防するために実施)。
-
(1)妊娠期と子育て期(3歳のお誕生日まで)の希望の方にメール配信サービスを実施(HADANOあったかめ~る[マタニティ編]・[育児編])(2)子育て世代包括支援センターに母子保健コーディネーター(助産師)を2名配置し、妊娠期の早い段階からの支援を行っている(3)年5回(土曜日)おめでた家族教室(父親母親教室)とイクメン講座(乳児家族の教室)を同時開催し、産前産後のパパ・ママ、赤ちゃんが交流できる時間を作っている。
(1)子育て日常生活支援事業(第2子以降の0歳児のいる全ての世帯に対し、第2子は支給決定月から12ヶ月分、第3子以降は支給決定月から2歳の誕生日の属する月まで、月額4,500円以内で紙おむつやおしりふきシートなどを毎月自宅に配送)(2)子育てパスポート事業(子育て世帯がサポーター店舗で買物時に割引や特典などのサービスが受けられる)。
-
(1)虐待未然防止啓発事業として、寸劇や紙芝居を媒体にし、高校生や関係機関を対象とした「出前講座」を実施(2)居住実態が把握できない児童への初期対応マニュアルとして、庁内ガイドラインを設置(3)ひとり親家庭等の小学校・中学校入学児童に対し、入学支度金(小学生1万円、中学生1.2万円)を支給。
(1)学童保育保護者支援補助金制度 就学援助の認定を受けた保護者に対し、児童にかかる学童保育料の補助を実施(上限1.2万円/月額)(2)不育症治療費助成事業(3)児童生徒教材費支援(小学校1年生、中学校1年生対象)(4)学校管理下における児童・生徒の損害賠償保険(市内公立小・中学校の小学校1年生から中学校3年生までで個人責任を負う場合対象)(5)スポーツ振興センターが学校管理下と認めない、中学校3年生の入学試験・就職試験に対応した保険。
座間市紙おむつ等育児用品支給事業(ざまりんすくすくギフト)。新生児のいる子育て世帯の経済的負担軽減を図るために、紙おむつ等の子育て用品1万円分を新生児一人につき、1回支給。紙おむつだけでなく、哺乳瓶などの育児用品各種を、カタログから対象者が自由に選択して注文し、宅配便によって商品を自宅で受領することができる。
ばーば倶楽部(一時預り事業)の実施。シルバー会員が豊富な育児経験を活かし、1歳から小学校3年生までの子どもを、一時預りすることで、母親等が安心とゆとりを持って子育てができるよう支援する。
(1)子育て支援紙おむつ等支給事業(2)子育て練習講座(3)幼児2人同乗用自転車レンタル(4)ひとり親家庭等児童就学援助金制度。

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

子育て関連の独自の取り組みについて、ほかのエリアを見てみる

首都圏
関西
東海
北海道
東北
甲信越・北陸
中国・四国
九州・沖縄

神奈川県について、ほかのテーマをチェックする

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

出産・育児
乳幼児医療
幼稚園・保育園
小学校・中学校

住まいの給付金(補助金・助成金)

新築建築
新築購入
中古購入
増築・改築・改修
その他

公共サービスや治安

公共料金
安心・安全
医療
ごみ

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

選択した市区を比較する
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元