あなたにとっての“住みやすい街”が見つかる「暮らしデータ」

徳島県の子育て関連の独自の取り組み

徳島県内の子育て関連の独自の取り組みについて、市区の違いを一覧で比較。市区名をクリックするとその市区の詳細が確認できます。

市区名子育て関連の独自の取り組み
(1)子ども・子育て支援ポータルサイト「こどもと.net」の開設。(2)第3子に係る保育料の無料化。(3)産前・産後家事育児支援事業(家事・育児支援サービスを受ける事ができる)。(4)赤ちゃんの駅登録推進事業(乳幼児連れの家族が気軽におむつ替えや授乳などができる「赤ちゃんの駅」を設置)。
鳴門教育大学専門家による教育相談(年8回程度)。
(1)保育所等の保育料について、多子軽減をする際のきょうだいの数え方の条件であった18歳未満の年齢制限を撤廃し、保護者と生計を一にして市民税の扶養の対象となる子に条件を変更し実施している。(2)子育て応援ガイドブック「大きくなあれ」の配布。
(1)保育料第3子以降自己負担なし(特別保育除く)。(2)公立幼稚園授業料第3子以降自己負担なし。(3)私立幼稚園授業料第3子以降年額8.4万円、第2子は4.2万円の補助あり(新制度に移行した園は市の基準どおり)。(4)阿南市子どもインフルエンザ予防接種助成事業(市内に住所を有し、満1歳から小学校就学前の子どもの保護者に対し、対象幼児1人につき、予防接種1回あたり1,500円まで、助成対象期間中2回までを限度に助成金の交付を実施する)。
育児用品購入費助成(市内の販売店で購入した育児用品代金の一部を助成。1歳の誕生日の前日までに4万円、1歳の誕生日~2歳の誕生日の前日までに4万円を上限として助成)。
(1)子育てハンドブックを発行し、子育てサークルやボランティアの情報を市民に提供。(2)ひとり親家庭等児童入学祝金支給事業。(3)交通遺児手当て事業。(4)2歳児健診を実施(2歳6ヶ月~2歳8ヶ月児が対象)。(5)1歳児の保護者を対象とした子どもの発育に関する資料送付。
(1)育児用品購入費助成事業。(2)満1歳誕生日記念品交付事業。(3)子育て用品リース補助金交付事業。(4)第3子以降オールフリー宣言事業。(5)児童クラブ利用料軽減補助事業。(6)就学前から英語遊び。(7)みまっこ子育て応援企業認定・表彰制度。
(1)三好市不妊治療費助成事業。(2)三好市育児用品購入費補助事業(子育ての経済的負担を軽減するため、2歳までの乳幼児の育児に必要な用品の代金に対し2年間で12万円を助成するもの)。(3)第3子保育料無料化(18歳未満の児童が3人以上いる多子世帯のうち、3番目以降の入所児童の保育料を無料とし保護者の負担を軽減するもの)。

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

子育て関連の独自の取り組みについて、ほかのエリアを見てみる

首都圏
関西
東海
北海道
東北
甲信越・北陸
中国・四国
九州・沖縄

徳島県について、ほかのテーマをチェックする

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

出産・育児
乳幼児医療
幼稚園・保育園
小学校・中学校

住まいの給付金(補助金・助成金)

新築建築
新築購入
中古購入
増築・改築・改修
その他

公共サービスや治安

公共料金
安心・安全
医療
ごみ

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

選択した市区を比較する
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元