あなたにとっての“住みやすい街”が見つかる「暮らしデータ」

新潟県の子育て関連の独自の取り組み

新潟県内の子育て関連の独自の取り組みについて、市区の違いを一覧で比較。市区名をクリックするとその市区の詳細が確認できます。

市区名子育て関連の独自の取り組み
(1)企業と行政の連携による「にいがたっ子すこやかパスポート」事業。(2)男性の育児休業取得促進事業。(3)子育て応援アプリによる情報発信。(4)保育園等に文庫を開設し絵本を貸出。(5)子育て相談を受けコーディネートする機能を持った相談窓口の運営支援。(6)食と花、動物とのふれあい、創作活動等を一体的に学べる「いくとぴあ食花」の設置運営。
(1)企業と行政の連携による「にいがたっ子すこやかパスポート」事業。(2)男性の育児休業取得促進事業。(3)子育て応援アプリによる情報発信。(4)保育園等に文庫を開設し絵本を貸出。(5)子育て相談を受けコーディネートする機能を持った相談窓口の運営支援。(6)食と花、動物とのふれあい、創作活動等を一体的に学べる「いくとぴあ食花」の設置運営。
(1)企業と行政の連携による「にいがたっ子すこやかパスポート」事業。(2)男性の育児休業取得促進事業。(3)子育て応援アプリによる情報発信。(4)保育園等に文庫を開設し絵本を貸出。(5)子育て相談を受けコーディネートする機能を持った相談窓口の運営支援。(6)食と花、動物とのふれあい、創作活動等を一体的に学べる「いくとぴあ食花」の設置運営。
(1)企業と行政の連携による「にいがたっ子すこやかパスポート」事業。(2)男性の育児休業取得促進事業。(3)子育て応援アプリによる情報発信。(4)保育園等に文庫を開設し絵本を貸出。(5)子育て相談を受けコーディネートする機能を持った相談窓口の運営支援。(6)食と花、動物とのふれあい、創作活動等を一体的に学べる「いくとぴあ食花」の設置運営。
(1)企業と行政の連携による「にいがたっ子すこやかパスポート」事業。(2)男性の育児休業取得促進事業。(3)子育て応援アプリによる情報発信。(4)保育園等に文庫を開設し絵本を貸出。(5)子育て相談を受けコーディネートする機能を持った相談窓口の運営支援。(6)食と花、動物とのふれあい、創作活動等を一体的に学べる「いくとぴあ食花」の設置運営。
(1)企業と行政の連携による「にいがたっ子すこやかパスポート」事業。(2)男性の育児休業取得促進事業。(3)子育て応援アプリによる情報発信。(4)保育園等に文庫を開設し絵本を貸出。(5)子育て相談を受けコーディネートする機能を持った相談窓口の運営支援。(6)食と花、動物とのふれあい、創作活動等を一体的に学べる「いくとぴあ食花」の設置運営。
(1)企業と行政の連携による「にいがたっ子すこやかパスポート」事業。(2)男性の育児休業取得促進事業。(3)子育て応援アプリによる情報発信。(4)保育園等に文庫を開設し絵本を貸出。(5)子育て相談を受けコーディネートする機能を持った相談窓口の運営支援。(6)食と花、動物とのふれあい、創作活動等を一体的に学べる「いくとぴあ食花」の設置運営。
(1)企業と行政の連携による「にいがたっ子すこやかパスポート」事業。(2)男性の育児休業取得促進事業。(3)子育て応援アプリによる情報発信。(4)保育園等に文庫を開設し絵本を貸出。(5)子育て相談を受けコーディネートする機能を持った相談窓口の運営支援。(6)食と花、動物とのふれあい、創作活動等を一体的に学べる「いくとぴあ食花」の設置運営。
産前産後家庭生活応援事業(母子健康手帳の交付を受けてから産後3ヶ月までの妊産婦が家事または乳児の育児の支援を登録事業者から受けたとき、その利用料のうち1,000円を市が助成)。
(1)妊産婦医療費助成制度(三条市内に住所のある妊産婦を対象に、医療費の自己負担額のうち、次の一部負担金を引いた額の1/2を助成する[助成金は後日登録した口座に振り込み]。通院530円[同医療機関において、1ヶ月4日まで、5日目以降は無料]。入院1,200円[差額ベッド代や食事負担額などは対象外]。訪問看護1日250円。調剤一部負担金なし。助成対象期間は、登録申請をされた日から出産された月の翌月末日まで)。(2)サンキッズカードの配布。
人材育成と子育て支援の推進を図ることを目的に、2000年度に市民の寄付金等からなる「かしわざき子ども育成基金」を設立。同基金の活用事業として学校や家庭だけではできない活動を通し、子どもたちの生きる力を育むことなどを目指した「かしわざき子ども大学」を2007年度から開設。
(1)第3子以降出産費助成事業(出産費の金額から出産育児一時金を控除した額、上限15万円)。(2)第3子以降保育料助成事業(第3子以降の0歳児から5歳児の保育料の無料化)。(3)子育て応援カードの交付。(4)子育て情報のメール配信。
(1)紙おむつ用ごみ袋交付(3年分の指定ごみ袋を交付)。(2)ベビーファースト運動(優先駐車スペースの確保など)。(3)妊婦訪問指導(助産師による相談対応や健康状態チェック、乳房手当の指導など)。(4)先天性股関節脱臼検診(レントゲン検査無料受診票を交付)。(5)産後ケア(医療機関に宿泊又は日中滞在し、母子のケアや授乳指導・育児指導等を受けることができる。利用料の一部を市が負担)。
(1)チャイルドシート購入費補助金(チャイルドシート購入価格の20%を補助。上限1万円)。(2)13歳未満インフルエンザ予防接種費用助成。
(1)地域子育て応援カード事業(18歳未満の子どもを3人以上養育している世帯にカードを発行し、このカードを協賛店に提示することにより割引やサービスを受けることができる)。(2)祖父母のための孫育て教室事業(祖父母を対象に現在の育児事情を学ぶ機会を提供する)。
(1)子育て応援カード。(2)紙おむつ用ごみ袋交付。(3)子育て応援メールの配信。(4)不育症医療費助成。(5)子育て支援サイト。(6)ネウボラみつけ。(7)赤ちゃんの駅。(8)学校給食費補助。(9)中学校英検受験補助。(10)妊産婦医療費助成。(11)インフルエンザ予防接種費用の一部助成。(12)特別の理由による任意予防接種費用助成。(13)不妊治療費助成。(14)放課後児童クラブ ひとり親家庭半額助成。(16)病後児保育室「にじ」半額助成。
(1)村上市奨学金制度。(2)奨学金返済支援補助金。(3)医学生奨学資金貸与制度。(4)ぱすのーと(相談支援ファイル)の配布。(5)子育てメールマガジン「はぐナビ」の発行。(6)乳幼児紙おむつ処理支援事業。(7)病児保育センターの設置(1ヶ所)。(8)第3子以上の保育料を無償化。(9)子育て支援センター(7ヶ所)。(10)高校生までの医療費を助成。
小学生以下の子ども達から郷土史を含んだ内容を学んでもらう目的から“燕市かるた(つばめっ子かるた)”を作成し、遊びながら学んでいる。
(1)妊婦健診はすべて無料。(2)さんさん子育てサポート事業(子育てする世帯に優遇カードを交付)。
満1歳になった幼児のいる全世帯に保育士等が家庭訪問し、市の子育て支援制度の紹介や子育てについての心配ごとの聞き取りを行い子育て不安負担の軽減を図る。
(1)妊婦健診通院助成(7,000円)。(2)妊産婦医療費助成(子ども医療費と同様)。(3)妊婦歯科健康診査料助成(1回分)。(4)子育て世帯が協賛店でサービスを受けられるごせんにこパスの配布。(5)子ども及び妊婦のインフルエンザ予防接種費用の一部助成。(6)子育て応援ポータルサイトにこサポ。(7)妊婦が安心して出産できるよう出産サポートタクシーを配置(料金は市が負担)。(8)産後1ヶ月母子健康診査費助成(上限1万円)。(9)子育て世代包括支援センターでの産前産後サポート事業等の実施。
(1)ファミリーヘルプ保育園(生後8週間から就学前の乳幼児の保護者で、就労や疾病、リフレッシュなどにより緊急または一時的に保育が難しいと認められるときに子どもを預かる)。(2)子育てジョイカード(18歳未満の子どもが3人以上いる世帯に交付し、協賛店で買い物などをした場合、割引などのサービスを受けられる)。(3)保育園士雇用事業(社会経験の豊富な中高齢者を保育園士として各保育園に配置し、世代間交流を促進する)。
(1)特定不妊治療費助成。(2)妊産婦医療費助成(回数制限無)・妊婦健診助成・産後健診助成。(3)第2・3子保育料一部無料。(4)Uターン奨学金補助。(5)児童生徒各種大会参加費助成。(6)検診時フッ素塗布無料及びフッ素洗口無料。(7)子育て応援カード制度。(8)放課後児童クラブ。(9)放課後スクール。(10)温故塾。(11)子ども見守りメール配信サービス。(12)インフルエンザ予防接種助成。(13)児童生徒ボランティア活動助成。
(1)子育てエンジョイカードの配付。(2)小児科(一般病床200床以上の病院)の初診料無料化。(3)保育料負担額の減免制度(無料・半額)。
(1)保育所等入所児童第2子以降保育料無償。(2)子ども医療費助成を18歳に達する日以降の3月31日まで拡充。
保育料の減免(18歳未満の最年長の兄弟姉妹を第1子として数え、第3子目以降の子どもに対し20%減免)。妊産婦医療費助成(母子手帳発行の翌月から出産の翌月までの妊産婦に、保険適用医療費を償還払いにて全額助成)。
(1)胎内市「あかちゃんの駅」を設置(2018年4月現在 市内20ヶ所)。(2)「子育て情報メール」を配信。(3)病児・病後児保育。(4)ファミリー・サポート・センター。(5)ブックスタート。(6)こころとことばの相談室。(7)インフルエンザ予防接種費用の一部助成。

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

子育て関連の独自の取り組みについて、ほかのエリアを見てみる

首都圏
関西
東海
北海道
東北
甲信越・北陸
中国・四国
九州・沖縄

新潟県について、ほかのテーマをチェックする

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

出産・育児
乳幼児医療
幼稚園・保育園
小学校・中学校

住まいの給付金(補助金・助成金)

新築建築
新築購入
中古購入
増築・改築・改修
その他

公共サービスや治安

公共料金
安心・安全
医療
ごみ

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

選択した市区を比較する
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元