あなたにとっての“住みやすい街”が見つかる「暮らしデータ」

北海道の移住支援制度

北海道内の移住支援制度について、市区の違いを一覧で比較。市区名をクリックするとその市区の詳細が確認できます。

市区名移住支援制度
なし
なし
なし
なし
なし
なし
なし
なし
なし
なし
首都圏等で移住を検討されている方に対応するため、東京都内のふるさと回帰支援センターに当市の情報ブースを設置し相談にも応じているほか、当市内においても、移住相談や移住後の暮らしのサポートを行うための窓口として移住サポートセンターを開設している(業務についてはNPO法人に委託)。また、住んでみてわかる函館の魅力や暮らしを体験するため、ウィークリーマンションなどを紹介する「函館生活体験 ちょっと暮らし in 函館」事業を実施している。
市に移住の相談を受けるワンストップ窓口を設置しているとともにホームページによる情報提供を行っているほか、起業希望者を対象とした体験ツアーを実施している。
(1)「移住ワンストップ窓口」の設置(2)市のホームページやSNS、パンフレットなどでの情報提供(3)短期から長期までお試し暮らしが可能な移住生活体験住宅を3棟設置(4)【山村定住促進補助金制度】江丹別地域に住宅を新築又は購入して移住者に、1件あたり最大250万円を補助。加算あり。(4)移住体験ツアーや移住サロンの運営(地域おこし協力隊への委嘱)
シーズンステイ(ちょっと暮らし)住宅の提供
直接的な移住支援制度ではないが、マンスリーマンション等の確保や滞在中に役立つ生活情報等の発信による受入環境整備を行うなど、民間事業者と連携し、お試し暮らしとして一定期間滞在していただく、長期滞在事業を実施。
短期移住体験のための滞在施設を割安で提供。
移住コンシェルジュが移住に係る相談対応や移住後のフォローのほか「北見で暮らす」という視点で市内案内ツアーを随時実施。
夕張市への移住定住希望者のニーズに対応するため、市内不動産(売買・賃貸)情報を一元化した夕張市不動産情報ホームページを開設している。(http://yubari.dosanko.co.jp/)
住宅購入支援助成金。空き家・空き地情報の提供。お試し暮らし事業。
網走市で1ヶ月以上の滞在を希望される方を対象に「お試し暮らし滞在用物件」をご紹介している。
なし
なし
2015年度より稚内市への移住を検討している方に対し、1週間から1ヶ月以内で、「稚内市移住体験住宅」(市街地1棟、郊外2棟)の貸付を行い、実際に稚内での生活を体験してもらう「ちょっと暮らし移住体験推進事業」を実施している。<貸付料>※光熱水費、インターネット接続料を含む。市街地は1日あたり3,000~4,000円(貸付日数に応じて、貸付料が変わる。また、冬季(11月~3月)は、左記の金額に1割の料金が加算される)。郊外は1日あたり2,000円。
美唄市への移住・定住情報を提供。詳細は下記URLを参照。http://www.city.bibai.hokkaido.jp/jyumin/docs/2015061600036/
空き家・空き地情報バンク。持ち家取得奨励事業(住宅を新築・購入した者に地元産木材使用加算を含め、最大140万円の奨励金を交付)。
なし
おためし暮し(1泊1,500円で1週間から1ヶ月までの移住体験)。空き家対策として「あかびら住みかエール」として、市内の空き家の情報提供を行い、希望者に物件所有者との連絡の斡旋を行う。 【民間賃貸住宅家賃助成事業】市内民間賃貸住宅に居住する移住者に3万円を上限として市内商品券を助成。
おためし暮らし体験生活の実施。
1泊900円~(住宅の種類により変動)で、5日から2ヶ月間滞在可能。生活備品が一通り揃っており、気軽に「移住生活」や「二地域居住生活」を体験することができる。
【新規就農者等支援事業】営農実習助成金(1人当たり年額10万円以内等)、営農指導助成金(1人当たり月額7万円以内)、経営準備支援助成金(1人当たり月額10万円以内等)、経営自立安定補助金、農用地取得借入金償還利子補給金。【お試し移住住宅貸付】1泊1,200円から3,200円で、1週間から1ヶ月まで(空家バンク制度)。
(1)若者移住定住促進家賃助成(支払家賃を基準に最大月3万円を商品券で交付)(2)住宅建設等費用助成(転入者分、新築最大150万円、中古購入最大50万円助成)(3)移住定住向け民間アパートの建設費用一部助成(1棟あたり最大600万円の助成)
(1)移住体験住宅によるお試し暮らし(2)ワンストップ窓口及び移住アドバイザーによる相談窓口の設置(3)空き家・空き地バンク制度の実施(4)根室市移住交流促進協議会による各種移住事業の実施(5)市内で新たに創業等をするUIターン者を支援
移住相談窓口の開設、千歳市空き家・空き地情報の開設
移住前に生活体験ができる、温泉施設「滝川ふれ愛の里」隣接コテージの割引制度あり。(ゴールデンウィーク期間、7月中旬~8月末、年末年始は除く。また、2017年4月より、住宅を新築・購入した方に最大100万円の補助金を交付。)
新築、建売、中古住宅購入に対して費用の最大5%(上限120万円)を助成し、18歳未満の子どもがいる世帯に対しては、子ども一人当たり10万円を補助。また、他市町村からの移住者に対し一件当たり20万円の新規移住祝金を付与。市内にある空き地及び空き家の物件情報を所有者等の申請を受けて、登録・公開している。1ヶ月3万円~5万円(別途光熱水費)で1週間~2ヶ月間の移住体験ができる(完全予約制、応募多数の場合は抽選)。
(1)【定住促進制度】市内で新築住宅を取得した場合等、最大で450万円の奨励金を交付(2)【空き家バンク】(3)【短期移住生活体験】
移住希望者のワンストップ窓口として「移住定住サポートセンター」を設置。実際に深川へ移住した専任コンシェルジュ2名が皆様をサポート。また、日帰り1DAYツアーから最長6ヶ月の長期滞在まで各種移住体験プランをご用意しているほか、深川市へ移住後2年以内に自らが住む住宅を建設または購入された方には1.5万円分の商品券を移住記念品として贈呈。
ワンストップ相談窓口、空き家バンク、月額5.1万円のお試し暮らし住宅あり。
登別市の移住体験事業(ちょっと暮らし)登別温泉街にある移住体験施設で、登別の暮らしを体験可能。1室1名・7泊8日で1万6,100円、8泊以降1泊2,300円。1室2名・7泊8日で3万100円、8泊以降1泊4,300円。1室3名・7泊8日で4万600円、8泊以降1泊5,800円。
移住担当窓口対応(移住に関するご相談などをワンストップで対応)。移住・定住の情報サイト開設。市内案内ツアー。東京など首都圏への出張相談会。恵庭移住者交流会の実施など。
【空き家バンクすみか】住宅、空き地の紹介・斡旋。【移住体験】移住体験物件「グランテージ北湘南」12.1万円/月~。冷蔵庫や洗濯機など生活に必要な最低限の備品あり。【新規就農】市が認めた青年等就農計画に基づき研修を受けている方を対象に、月額10万円を最大2年間支援。住宅賃貸契約時の諸費用(敷金・礼金・契約金・火災保険金)の全額と毎月の家賃から1.5万円を引いた額を最大2年間支援する。
空き地空き家バンク、おためし移住事業。
なし
空き家バンク、北斗市空き家バンク利活用事業補助金(最大100万円)、北斗市三大都市圏、札幌圏ウェルカム移住支援事業補助金(最大20万円)。

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

移住支援制度について、ほかのエリアを見てみる

首都圏
関西
東海
北海道
東北
甲信越・北陸
中国・四国
九州・沖縄

北海道について、ほかのテーマをチェックする

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

出産・育児
乳幼児医療
幼稚園・保育園
小学校・中学校

住まいの給付金(補助金・助成金)

新築建築
新築購入
中古購入
増築・改築・改修
その他

公共サービスや治安

公共料金
安心・安全
医療
ごみ

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

選択した市区を比較する
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元