あなたにとっての“住みやすい街”が見つかる「暮らしデータ」

北海道の新築建築の利子補給制度、補助/助成金制度

北海道内の新築建築の利子補給制度、補助/助成金制度について、市区の違いを一覧で比較。市区名をクリックするとその市区の詳細が確認できます。

市区名利子補給制度補助/助成金制度
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 160万円
条件・備考等 -条件・備考等 【札幌版次世代住宅補助制度(市民向け戸建住宅)】札幌市独自の高断熱・高気密住宅の基準である「札幌版次世代住宅基準」に適合する戸建住宅を自ら居住するために市内に新築する建築主に対して、等級に応じた新築費用の一部を補助(トップランナー:160万円、ハイレベル以上:110万円、スタンダードレベル以上:50万円)。
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 160万円
条件・備考等 -条件・備考等 【札幌版次世代住宅補助制度(市民向け戸建住宅)】札幌市独自の高断熱・高気密住宅の基準である「札幌版次世代住宅基準」に適合する戸建住宅を自ら居住するために市内に新築する建築主に対して、等級に応じた新築費用の一部を補助(トップランナー:160万円、ハイレベル以上:110万円、スタンダードレベル以上:50万円)。
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 160万円
条件・備考等 -条件・備考等 【札幌版次世代住宅補助制度(市民向け戸建住宅)】札幌市独自の高断熱・高気密住宅の基準である「札幌版次世代住宅基準」に適合する戸建住宅を自ら居住するために市内に新築する建築主に対して、等級に応じた新築費用の一部を補助(トップランナー:160万円、ハイレベル以上:110万円、スタンダードレベル以上:50万円)。
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 160万円
条件・備考等 -条件・備考等 【札幌版次世代住宅補助制度(市民向け戸建住宅)】札幌市独自の高断熱・高気密住宅の基準である「札幌版次世代住宅基準」に適合する戸建住宅を自ら居住するために市内に新築する建築主に対して、等級に応じた新築費用の一部を補助(トップランナー:160万円、ハイレベル以上:110万円、スタンダードレベル以上:50万円)。
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 160万円
条件・備考等 -条件・備考等 【札幌版次世代住宅補助制度(市民向け戸建住宅)】札幌市独自の高断熱・高気密住宅の基準である「札幌版次世代住宅基準」に適合する戸建住宅を自ら居住するために市内に新築する建築主に対して、等級に応じた新築費用の一部を補助(トップランナー:160万円、ハイレベル以上:110万円、スタンダードレベル以上:50万円)。
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 160万円
条件・備考等 -条件・備考等 【札幌版次世代住宅補助制度(市民向け戸建住宅)】札幌市独自の高断熱・高気密住宅の基準である「札幌版次世代住宅基準」に適合する戸建住宅を自ら居住するために市内に新築する建築主に対して、等級に応じた新築費用の一部を補助(トップランナー:160万円、ハイレベル以上:110万円、スタンダードレベル以上:50万円)。
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 160万円
条件・備考等 -条件・備考等 【札幌版次世代住宅補助制度(市民向け戸建住宅)】札幌市独自の高断熱・高気密住宅の基準である「札幌版次世代住宅基準」に適合する戸建住宅を自ら居住するために市内に新築する建築主に対して、等級に応じた新築費用の一部を補助(トップランナー:160万円、ハイレベル以上:110万円、スタンダードレベル以上:50万円)。
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 160万円
条件・備考等 -条件・備考等 【札幌版次世代住宅補助制度(市民向け戸建住宅)】札幌市独自の高断熱・高気密住宅の基準である「札幌版次世代住宅基準」に適合する戸建住宅を自ら居住するために市内に新築する建築主に対して、等級に応じた新築費用の一部を補助(トップランナー:160万円、ハイレベル以上:110万円、スタンダードレベル以上:50万円)。
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 160万円
条件・備考等 -条件・備考等 【札幌版次世代住宅補助制度(市民向け戸建住宅)】札幌市独自の高断熱・高気密住宅の基準である「札幌版次世代住宅基準」に適合する戸建住宅を自ら居住するために市内に新築する建築主に対して、等級に応じた新築費用の一部を補助(トップランナー:160万円、ハイレベル以上:110万円、スタンダードレベル以上:50万円)。
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 160万円
条件・備考等 -条件・備考等 【札幌版次世代住宅補助制度(市民向け戸建住宅)】札幌市独自の高断熱・高気密住宅の基準である「札幌版次世代住宅基準」に適合する戸建住宅を自ら居住するために市内に新築する建築主に対して、等級に応じた新築費用の一部を補助(トップランナー:160万円、ハイレベル以上:110万円、スタンダードレベル以上:50万円)。
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 200万円
条件・備考等 -条件・備考等 【景観形成住宅等建築奨励金制度】都市景観形成地域内(伝統的建造物群保存地区を除く)の公道に面する場所において函館らしい歴史的な景観に配慮した建物を新築する場合。対象となる様式は和洋折衷様式。
制度の有無 なし制度の有無 なし
上限金額 -上限金額 -
条件・備考等 -条件・備考等 -
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 400万円+α万円
条件・備考等 -条件・備考等 【旭川市山村定住促進補助金】江丹別地域に転入し居住する方に対し、新築住宅の建築、増改修、購入及び住宅建設のための土地購入費用の1/2(上限300万円)を助成。市内事業者による建設の場合、100万円を加算。中学校2年生までの子1人につき、20万円を加算。
制度の有無 なし制度の有無 なし
上限金額 -上限金額 -
条件・備考等 -条件・備考等 -
制度の有無 なし制度の有無 なし
上限金額 -上限金額 -
条件・備考等 -条件・備考等 -
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 (1)20万円(2)20万円
条件・備考等 -条件・備考等 (1)【ユニバーサルデザイン住宅新築補助金】ユニバーサルデザイン住宅の基準を満たした住宅を新築した方に20万円を補助。(2)【おびひろスマイル住宅補助金】長期優良住宅などの環境負荷低減や長寿命化に効果的な住宅を新築した方に20万円を補助。(1)、(2)いずれも所得などの条件あり。
制度の有無 なし制度の有無 なし
上限金額 -上限金額 -
条件・備考等 -条件・備考等 -
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 250万円
条件・備考等 -条件・備考等 【夕張市新築住宅取得費補助金】住宅の新築および購入費用の一部補助。市民が新築または購入した場合は100万円。転入者が新築または購入した場合150万円。子供が1人いる場合40万円加算。子供が2人以上いる場合、80万円加算。市内業者による施工の場合20万円加算。
制度の有無 あり制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 (1)40万円(2)50万円
条件・備考等 【岩見沢市住宅購入支援助成金】独立行政法人住宅金融支援機構の住宅ローン「フラット35」を利用される場合、当初5年間、金利が0.25%引き下げられる優遇措置を受けることが可能。条件・備考等 (1)【住宅購入支援助成金】市外から移住し、市内に自ら居住する住宅を購入又は建設する者に対し30万円まで助成金を交付。中学生以下の子、対象者もしくはその配偶者が妊娠中の場合、10万円加算。(2)【新規就農サポート事業】新たに農業経営を開始する新規参入者が住宅を取得する際に、取得費用の1/2(上限50万円)を助成。
制度の有無 なし制度の有無 なし
上限金額 -上限金額 -
条件・備考等 -条件・備考等 -
制度の有無 なし制度の有無 なし
上限金額 -上限金額 -
条件・備考等 -条件・備考等 -
制度の有無 なし制度の有無 なし
上限金額 -上限金額 -
条件・備考等 -条件・備考等 -
制度の有無 なし制度の有無 なし
上限金額 -上限金額 -
条件・備考等 -条件・備考等 -
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 150万円+α万円
条件・備考等 -条件・備考等 【美唄市移住・定住促進助成金】市外から新築住宅を建設し、転入した者に対して100万円を助成。市内業者加算30万円。15歳未満の子どもがいる場合20万円加算。15歳未満の子が3人以上の場合は3人目以降1人につき助成額10万円加算。
制度の有無 なし制度の有無 なし
上限金額 -上限金額 -
条件・備考等 -条件・備考等 -
制度の有無 なし制度の有無 なし
上限金額 -上限金額 -
条件・備考等 -条件・備考等 -
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 (現金+商品券)200万円+α万円
条件・備考等 -条件・備考等 【持家住宅建設等助成】市内にマイホームを新築する方を対象に費用の一部を助成。最大200万円。18歳未満の子ども一人につき20万円のまごころ商品券を交付。
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 100万円
条件・備考等 -条件・備考等 【紋別市認証材活用住宅助成事業】森林認証材を使用して戸建て住宅を建てた方への助成制度。上限額100万円。
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 100万円
条件・備考等 -条件・備考等 【士別市住宅新築促進助成事業】市民が地元建設業において居住する住宅を新築した場合、新築住宅の居住部分1m2につき、1万円(上限100万円)を助成。
制度の有無 なし制度の有無 なし
上限金額 -上限金額 -
条件・備考等 -条件・備考等 -
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 180万円
条件・備考等 -条件・備考等 【新築住宅建設費用助成金】転入者が市内業者で新築の場合150万円を補助(市外業者の場合は100万円)。市民が市内業者で新築の場合100万円を補助(市外業者で新築の場合は70万円)。三世代が同居近居の場合20%加算。
制度の有無 なし制度の有無 なし
上限金額 -上限金額 -
条件・備考等 -条件・備考等 -
制度の有無 なし制度の有無 なし
上限金額 -上限金額 -
条件・備考等 -条件・備考等 -
制度の有無 なし制度の有無 なし
上限金額 -上限金額 -
条件・備考等 -条件・備考等 -
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 (1)120万円(2)10万円+α万円(3)30万円(4)20万円
条件・備考等 -条件・備考等 (1)【まちなか住まいる等補助金】住宅建設費を最大で5%(上限額120万円)助成。土地代、外構費用などを除く。(2)【子育て世帯支援補助金】18歳以下の子ども1人当たり10万円。子どものいない40歳以下の夫婦は10万円。(3)【同居近居促進補助金】18歳以下の子どもを持つ世帯又は子どものいない40歳以下の夫婦と同居で30万円、近居で10万円を助成。(4)【移住促進補助金】市外からの転入で20万円助成。
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 450万円
条件・備考等 -条件・備考等 【住宅取得奨励金】市に5年以上定住を確約される方で税金等の滞納がない方が対象。住宅を新築または建売住宅を購入した場合、奨励金として150万円(転入者は200万円)。さらに市内建設業者に発注もしくは購入の場合は100万円、二世帯住宅の場合は50万円、建て替えのために既存住宅を解体撤去した場合は最大50万円(費用の1/2以内)、市指定の住宅用地に新築した場合は100万円を加算。最大450万円。
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 300万円
条件・備考等 -条件・備考等 【住宅持家促進助成】助成額は、市外業者で建築する場合は30万円以内、市内業者で建設する場合は100万円以内、工事費の5/100を限度とする。まちなか居住推進エリアに建設する場合は助成金に100万円加算。さらに、3世代同居(親世帯と子世帯が同一の住宅に居住し、中学生以下の子どもがいること、出産予定を含む)に該当する場合は100万円を加算。3世代同居に該当していない場合で、中学校修了までの子(出産予定を含む)がいる世帯、市外に1年以上居住し転入する世帯または転入から2年以内の世帯はそれぞれ10万円を加算。フラット35S技術基準等を満たす住宅を対象とする。
制度の有無 なし制度の有無 なし
上限金額 -上限金額 -
条件・備考等 -条件・備考等 -
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 50万円
条件・備考等 -条件・備考等 【空家等除却後新築補助金】空家を購入し、解体及び新築を行う所有者に対し、除却費用の1/2(上限50万円)を助成。他要件あり。
制度の有無 なし制度の有無 なし
上限金額 -上限金額 -
条件・備考等 -条件・備考等 -
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 (1)200万円(2)50万円
条件・備考等 -条件・備考等 (1)【空き家改修等補助金】空き家の機能や性能を大幅に向上させる改修または建替えをした場合、最大200万円。(2)【子育て世帯住宅用地購入費支援事業補助金】住宅を新築するために土地購入をする子育て世帯に最大50万円。(1)と(2)はそれぞれ条件あり。(1)(2)ともに受付期間は2020年7月31日で終了。
制度の有無 なし制度の有無 なし
上限金額 -上限金額 -
条件・備考等 -条件・備考等 -
制度の有無 なし制度の有無 なし
上限金額 -上限金額 -
条件・備考等 -条件・備考等 -
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 100万円
条件・備考等 -条件・備考等 【空き家バンク利活用事業補助金】空き家バンク登録物件を購入後、新築を建築する際にその解体費用、最大50万円を助成。一部地域への移住・親世代との同居、近居でそれぞれ10万円加算。中学校卒業前の子がいる子育て世帯で30万円加算。

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

新築建築の利子補給制度、補助/助成金制度について、ほかのエリアを見てみる

首都圏
関西
東海
北海道
東北
甲信越・北陸
中国・四国
九州・沖縄

北海道について、ほかのテーマをチェックする

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

出産・育児
乳幼児医療
幼稚園・保育園
小学校・中学校

住まいの給付金(補助金・助成金)

新築建築
新築購入
中古購入
増築・改築・改修
その他

公共サービスや治安

公共料金
安心・安全
医療
ごみ

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

選択した市区を比較する
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元