あなたにとっての“住みやすい街”が見つかる「暮らしデータ」

奈良県の子育て関連の独自の取り組み

奈良県内の子育て関連の独自の取り組みについて、市区の違いを一覧で比較。市区名をクリックするとその市区の詳細が確認できます。

市区名子育て関連の独自の取り組み
(1)一般不妊治療助成事業。(2)子育てスポット事業。(3)子育てサークル運営補助金。(4)子育て情報サイト「子育て@なら」運営。(5)子育て情報ブックの配布。(6)イクメンハンドブック配布。(7)少人数学級(小学校1、2年生で少人数学級での学級運営)。(8)多子世帯支援事業(3人目以降出生時に奈良市ポイント[1万円分]付与)。
-
(1)親子たんとん広場(市内の公民館内などに、こおりやま子育てステーションに未就園の子ども達が、保護者のみなさんと一緒に遊べる、みなさんの子育てを応援する「親子たんとん広場」を開設)。(2)きんとっと広場(常設のたんとん広場とは違い、市内各地で子育て支援広場を実施。保育士、保健師が子育てのお手伝いをしている)。
-
(1)「幼児2人同乗用自転車」購入費の一部助成。(2)子育てサークル・子育て支援ボランティア団体に補助金交付。(3)保育所(園)・認定こども園における副食費について、国基準による免除対象者以外の一部児童について市独自で免除対象者とし、免除対象者以外の児童については1人当たり1,500円を上限とし保護者に対し助成を行う。
(1)育児用品貸出事業。(2)BPプログラム事業。(3)産後ケア事業。
幼児2人同乗自転車購入に対し補助金を交付している。購入費の1/2(上限2万円)。
(1)御所市に住民登録があり、2歳未満の子を養育している保護者に対し、対象となる子ども1人につき1回限り、申請により「御所市指定ごみ袋 中(30リットル)」を200枚(原則)支給。途中転入者には、申請時の年齢により40~160枚を支給。(2)6歳未満の乳幼児を対象に(1人につき1回)、チャイルドシートの購入費を補助。1.5万円を上限として購入費の半額(1,000円未満切り捨て)を給付。 (3)保育料・延長保育料・副食費・副食費の補足給付において、第3子のカウント方法における所得制限を撤廃し、市独自に3子として無償、給付の対象としている。
病後児保育事業(病気回復期にある児童の一時的な保育を行う[1日2,000円])。
大阪樟蔭女子大学と香芝市が協働で、「グリム絵本館(学生ボランティアによる絵本の読み聞かせ広場)」、「赤ちゃん学校(乳幼児保護者対象の講座」の子育て支援事業を実施。
-
(1)学校余裕教室で実施している、学童保育の開設時間は早朝保育は7時30分から延長保育は19時まで。(2)1歳の誕生月に絵本3冊を贈呈。

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

子育て関連の独自の取り組みについて、ほかのエリアを見てみる

首都圏
関西
東海
北海道
東北
甲信越・北陸
中国・四国
九州・沖縄

奈良県について、ほかのテーマをチェックする

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

出産・育児
乳幼児医療
幼稚園・保育園
小学校・中学校

住まいの給付金(補助金・助成金)

新築建築
新築購入
中古購入
増築・改築・改修
その他

公共サービスや治安

公共料金
安心・安全
医療
ごみ

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

選択した市区を比較する
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元