あなたにとっての“住みやすい街”が見つかる「暮らしデータ」

長野県の子育て関連の独自の取り組み

長野県内の子育て関連の独自の取り組みについて、市区の違いを一覧で比較。市区名をクリックするとその市区の詳細が確認できます。

市区名子育て関連の独自の取り組み
(1)公私立保育園と私立幼稚園が「おひさま広場」という名称で、未就園児とその保護者に園開放や育児相談、子育て情報の提供などの支援を実施。(2)妊産婦とそのパートナー、6歳までの子育て世帯を対象に、妊娠・出産から子育てに関する基礎知識や長野市からの子育て支援情報を、携帯電話などへメールマガジンを配信。(3)妊娠・出産・乳幼児期の子育て情報や予防接種の予定などをスマートフォンで確認・管理ができるアプリを配信。
(1)子どもの権利に関する条例・子どもにやさしいまちづくり推進計画。(2)不妊・不育症治療費助成事業。(3)歯科管理登録事業。(4)同時通園または低所得世帯の保育料の減免。(5)ひとり親家庭のファミサポ利用料助成。(6)発達障害児童などの継続的支援。(7)子ども用品を回収し希望者に配布。(8)「ファーストスプーン」贈呈。(9)誕生記念樹贈呈。(10)ブックスタート。(11)おたふくかぜ・B型肝炎予防接種費用の一部助成。(12)保育料に係る市民税寡婦(夫)控除のみなし適用。
(1)子育て支援施設「ゆりかご」(産褥期に家庭で子育て等の支援を受けることが困難な母子に対し、宿泊型施設で生活支援)。(2)病児・病後児保育センター(病気治療中又は回復期にある児童を一時的に、医療法人健静会上田病院において預かり、病児・病後児保育を実施)。(3)結婚~子育て応援サイト及びアプリ「うえだ家族」(「出会い・結婚」「妊娠・出産」「子育て」「仕事・地域交流」の情報を一つにまとめて発信)。
放課後の子どもの居場所づくり事業([小学校1年生から6年生]仲間と群れて遊ぶ楽しさ、不登校の未然防止など、様々なねらいを持っており、地域と学校で、子どもを支えようという事業。地域の特色を生かした自由な時間の使い方で、子どもたちと過ごす。地域ボランティアの強い協力が必要)。
(1)市内の各保育園・幼稚園で発達支援プログラムを導入し、要支援児童への個別の指導を行う。(2)地域子育て応援情報冊子の作成、配布。(3)従来の保育料軽減に加え、更なる一括引下げと多子世帯に対する軽減を拡充。(4)障がい児保育、地域活動事業への補助金交付。
(1)多子世帯などに対する保育料の軽減拡充。(2)児童センター運営事業(0歳~18歳までの子どもと保護者が利用できる遊び場)。(3)巡回支援専門員配置による発達支援。
(1)すこやか相談事業(5~6歳児を対象に発達に関する相談事業、療育支援)。(2)信州すざか農業小学校豊丘校(自然や農業体験することで、子どもたちにたくましい精神力、想像力を身につけさせる)。(3)子育てセミナー(家庭での教育力の向上を目指す)。(4)子育て応援メールマガジン(子育てに関する情報発信)。(5)子育てガイドブック(子育て支援に関する冊子の発行)。(6)保育園給食レシピ集(食に関する子育て支援)。(7)妊娠・子育てなんでも相談「おひさま」。
-
(1)移住定住の視点から子育てしやすい環境の支援。(2)小規模園の地域との連携をとる「田舎暮らしモデル地域」認定保育園、地域とともに保育する「信州やまほいく」などの取り組み。(3)虐待防止自助グループ、親育て孫育て講座、の開催。(4)父母の死亡、重度障害となった児童へ「遺児等福祉金」の支給。
(1)5歳児健診、2歳3ヶ月育児相談。(2)作業療法士・言語療法士による保育園等への定期的な巡回相談。(3)地域子育て事業交付金。(4)子育て支援短期入所事業。(5)キッズわくわく宿。(6)こまがね子育て10か条。(7)十二天の森プレパーク。(8)子育て広場への助産師・保健師の派遣。
子育て用品給付事業(0歳から2歳までの乳幼児がいる家庭に、可燃ごみ指定袋[10リットル]120枚を支給)。
(1)地産地消推進補助金。(2)特色ある学校づくり補助金。(3)登校支援指導員・心の教室相談員を市費で加配。(4)子育て応援事業(3歳児[育児家庭応援]及び7歳児[入学おめでとう]のいる家庭に市内で使える商品券[3万円分]を贈呈)。
第3子以降保育料無料。
(1)全保護者(父と母)を対象とした「1日保育士体験事業」の実施。(2)子どもがお腹に宿った時から18歳になるまでの成長の様子や健康状態を記録し、健診時や医療機関の受診時などに活用していただく「どんぐり手帳」の配布。(3)心身の発達に支援を必要とする0歳から18歳までの子どもとその保護者、家族などからの相談や支援を行う「茅野市発達支援センター」の設置。(4)子育て、子育ちのための施設として、0123広場、10地区こども館、CHUKOらんどチノチノの設置。
(1)0歳~概ね18歳までの全ての子どもの育ちを応援支援する元気っ子応援事業の実施。(2)子育て全般の市の施策を盛り込んだ子育て応援bookの作成、配布。(3)幼少期の家庭での保育の大切さをテーマとした保育講演会の開催。(4)家庭で育児している保護者と未就園の子どもに対して、保護者の育児リフレッシュの場として「えんぱー保育園」を開催。
(1)妊産婦を対象に、母子手帳交付月の初日から出産(流産・死産含む)の翌月末まで、診療科に関わらず保険診療の医療費自己負担分に対し助成(助成内容は「乳幼児・子ども医療費助成」と同様)。(2)おたふくかぜワクチン予防接種費用の一部助成。
(1)子育て支援活動費補助事業(子育てサークル等の活動費に対する補助事業)。(2)千曲市子育て応援アプリ(妊娠、育児時期にあった情報や手続き方法の案内のほか、妊産婦と子どもの健康データの記録管理や予防接種のスケジュール管理等)。
(1)市立病院に隣接して助産所の設置(2010年度)。(2)市立病院での吃音外来。(3)5歳児発達相談会。(4)5歳児視力検査。(5)自然活動体験事業(入園前から小学校1年生まで)。(6)第3子以降の児童の保育料の軽減。(7)信州型自然保育(普及型)。(8)子育て支援ポータルサイト「すくすくぽけっと」開設。(9)小規模保育事業所A型認可。
(1)不妊・不育治療費の一部助成事業。(2)フッ化物洗口。(3)妊娠歯科検診費用の全額助成(1回)。(4)妊婦健診県外受診費一部助成。(5)保育園児(年中児)視力検査。(6)相談・医療支援事業。(7)子育て応援手当(第2子以降を家庭で保育している世帯への経済的支援3,000円/人、月額)。

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

子育て関連の独自の取り組みについて、ほかのエリアを見てみる

首都圏
関西
東海
北海道
東北
甲信越・北陸
中国・四国
九州・沖縄

長野県について、ほかのテーマをチェックする

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

出産・育児
乳幼児医療
幼稚園・保育園
小学校・中学校

住まいの給付金(補助金・助成金)

新築建築
新築購入
中古購入
増築・改築・改修
その他

公共サービスや治安

公共料金
安心・安全
医療
ごみ

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

選択した市区を比較する
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元