あなたにとっての“住みやすい街”が見つかる「暮らしデータ」

埼玉県の認可外保育所の補助制度

埼玉県内の認可外保育所の補助制度について、市区の違いを一覧で比較。市区名をクリックするとその市区の詳細が確認できます。

市区名認可外保育所の補助制度
保護者が毎月16日以上かつ64時間以上の労働等により保育を必要とし、市が認定した認可外保育施設に児童が通っている場合、児童1人につき月額2万円を限度として保育料を軽減。
保護者が毎月16日以上かつ64時間以上の労働等により保育を必要とし、市が認定した認可外保育施設に児童が通っている場合、児童1人につき月額2万円を限度として保育料を軽減。
保護者が毎月16日以上かつ64時間以上の労働等により保育を必要とし、市が認定した認可外保育施設に児童が通っている場合、児童1人につき月額2万円を限度として保育料を軽減。
保護者が毎月16日以上かつ64時間以上の労働等により保育を必要とし、市が認定した認可外保育施設に児童が通っている場合、児童1人につき月額2万円を限度として保育料を軽減。
保護者が毎月16日以上かつ64時間以上の労働等により保育を必要とし、市が認定した認可外保育施設に児童が通っている場合、児童1人につき月額2万円を限度として保育料を軽減。
保護者が毎月16日以上かつ64時間以上の労働等により保育を必要とし、市が認定した認可外保育施設に児童が通っている場合、児童1人につき月額2万円を限度として保育料を軽減。
保護者が毎月16日以上かつ64時間以上の労働等により保育を必要とし、市が認定した認可外保育施設に児童が通っている場合、児童1人につき月額2万円を限度として保育料を軽減。
保護者が毎月16日以上かつ64時間以上の労働等により保育を必要とし、市が認定した認可外保育施設に児童が通っている場合、児童1人につき月額2万円を限度として保育料を軽減。
保護者が毎月16日以上かつ64時間以上の労働等により保育を必要とし、市が認定した認可外保育施設に児童が通っている場合、児童1人につき月額2万円を限度として保育料を軽減。
保護者が毎月16日以上かつ64時間以上の労働等により保育を必要とし、市が認定した認可外保育施設に児童が通っている場合、児童1人につき月額2万円を限度として保育料を軽減。
対象施設は市が定めた基準を満たし、委託契約を交わした施設(家庭保育室)。対象者は、生後8週間から2歳児クラスまでの保育が必要な乳幼児の保護者(月極契約)。補助額は、世帯の課税状況により月額0円~4.7万円を助成。兄弟が家庭保育室、認可保育園、認可幼稚園、認定こども園、地域型保育施設等に入所している場合、さらに0円~1.2万円の多子軽減の補助を実施。
-
月1万円(上限額)を助成。条件については、(a)0歳から5歳までのお子さんであること(b)子どもと保護者が川口市の住民基本台帳に記録され、川口市内に居住していること(c)保護者が支給認定を受けていること(d)保育所等の利用申込を行い、利用保留(待機)となっていること(e)月64時間以上の月極契約を行っていること(f)認可外保育施設の利用料を滞納していないこと。
-
-
-
-
-
-
所得税の世帯合計額に応じて、家庭保育室の保育料から7,000円~4.3万円を減額(上限額あり)。市内に住所を有し、月極めの契約で入所している児童に限る。兄弟姉妹が2人以上いる世帯の内、対象となる児童が世帯の3人目以降でかつ3歳未満児の場合、各家庭保育室で定める保育料を無償化。市内に住所を有し、月極めの契約で入所している児童に限る。
-
-
-
対象施設に月極め契約で入所しており、保育を必要とする要件に該当する場合に、0~4万1,200円を補助する(保護者の市民税への所得割額の合算で算出)。
-
市と契約している家庭保育室に入室している児童(2歳児クラスまで)の保護者に対して、家庭保育室保育料と認可保育所保育料との差額分について、市町村民税所得割合算額に応じて月額2~4万円を上限に補助。
-
-
指定された「家庭保育室」のみ。所得による制限あり。
市の基準に適合する認可外保育施設を家庭保育室として指定し、保護者の就労や疾病などにより、保育が必要な家庭の児童を預けた場合に、住民税の世帯合計額・対象保育室に預けている人数・年齢に応じて、月3,000円~5.8万円を助成。
-
市の指定する施設については、保護者の市町村民税所得割額等に応じて、月7,000円~5.3万円を補助。月極め契約に入所している児童の保護者に限る。なお、一時的な預かりをする際(一時保育)には、30分200円の補助を行っている。また、前述の施設以外については、就園費補助として1人につき3.3万円(月額)。入園費補助として1人につき5,000円(入園時)。
世帯の前年分の所得税に応じて、1人につき月額8,000円から1.5万円の補助。同一世帯から保育園と家庭保育室に入室している場合は、家庭保育室に入室している人数1人につき、月額5,000円追加。同一世帯から2人以上家庭保育室のみに入室している場合、第2子以後1人につき月額5,000円追加。
世帯の所得税額、市民税額に応じて月2,000円~2.5万円を助成。
新座市に住所を有し、就労要件等を満たす世帯に対し、住民税所得割額・対象施設に預けている人数に応じて、月1.2万円~5.5万円を補助。世帯の第3子以降は2歳児まで5.5万円を補助。補助対象は月極め契約に限る。
家庭保育室を利用している3歳未満児の保護者に対し、家庭保育室保育料と桶川市が「桶川市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の利用者負担額に関する規則」に定める保育料(第2子の軽減等なし)との差額を月額1.5万円を限度に助成。
-
-
-
埼玉県が独自に行っている「家庭保育室」制度で、指定を受けている施設に入所(委託)している児童を対象に、特定教育・保育施設を利用する場合と同等の負担額となるよう、実際の保育料との差額分を補助(月額5万4,800円を上限とする)。
-
-
-
-
2子以上いる場合で、第1子が認可保育所又は認可外保育所等の保育施設に入所している場合の第2子以降が認可外保育所に入所しているときは、児童1人について月額5,000円を補助する。
-
-
市が指定する家庭保育室に入所したお子様の保護者に対し補助制度あり。保護者負担の軽減をを図るため、毎月1日現在に入所している児童の保護者に対して、家庭の状況に応じ、基本保育料の一部を負担。前年分の所得税の課税状況による区分・非課税世帯・被保護世帯等により補助額を決定。補助の金額は0円~5万5,600円。
-

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

認可外保育所の補助制度について、ほかのエリアを見てみる

首都圏
関西
東海
北海道
東北
甲信越・北陸
中国・四国
九州・沖縄

埼玉県について、ほかのテーマをチェックする

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

出産・育児
乳幼児医療
幼稚園・保育園
小学校・中学校

住まいの給付金(補助金・助成金)

新築建築
新築購入
中古購入
増築・改築・改修
その他

公共サービスや治安

公共料金
安心・安全
医療
ごみ

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

選択した市区を比較する
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元