あなたにとっての“住みやすい街”が見つかる「暮らしデータ」

山梨県の増築・改築・改修の利子補給制度、補助/助成金制度

山梨県内の増築・改築・改修の利子補給制度、補助/助成金制度について、市区の違いを一覧で比較。市区名をクリックするとその市区の詳細が確認できます。

市区名利子補給制度補助/助成金制度
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 (1)100万円(2)30万円
条件・備考等 -条件・備考等 (1)【木造住宅耐震改修】耐震補強に係る工事費等の50%以下かつ上限100万円。ただし、高齢者世帯等の一定条件に該当する場合、上限100万円。1981年5月31日以前に工事着手した木造住宅の内、耐震診断で総合評価が1.0未満の住宅を1.0以上に耐震補強する改修工事が補助対象工事。(2)【空き家改修助成制度】中央部地域等内にある空き家の購入者及び賃貸人が行う改修工事に要する費用の一部を助成。費用の1/3、上限30万円。他要件あり。
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 (1)4.5万円(2)100万円(3)24万円(4)50万円
条件・備考等 -条件・備考等 【木造住宅耐震関係】1981年5月31日以前に建築の木造建築物が対象。(1)耐震診断は4.5万円。(2)耐震改修・建替は対象経費の4/5、100万円が上限。低コスト工法の場合、県による20万円上乗せ補助有。(3)耐震シェルター設置は対象経費の2/3、24万円が上限。(4)【中古物件改修支援奨励金】空き家バンクに登録された物件の改修工事に要する費用の1/2(上限50万円)を助成。
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 (1)50万円(2)全額(3)100万円(4)24万円
条件・備考等 -条件・備考等 (1)【都留市空き家バンク利活用補助金】市内施工業者による対象工事経費の1/2、上限50万円を補助。(2)【木造住宅耐震診断支援事業】市民は無料。(3)【木造住宅耐震改修事業】対象建築物の耐震改修設計・工事または建替えに伴う新築設計・工事費の4/5、上限100万円※条件に応じて県による上乗せあり。(4)【木造住宅耐震シェルター設置支援事業】
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 (1)100万円(2)10万円
条件・備考等 -条件・備考等 【山梨市木造住宅耐震改修等支援事業費補助金】木造住宅において耐震診断を行い、評点(1.0)未満の木造住宅で耐震改修または、建替を行う場合に補助。1981年5月31日以前に着工されたものが対象。補助上限金額は、100万円。(2)【住宅リフォーム補助事業】住宅を市内施工業者において、リフォームする場合に補助。上限10万円。
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 (1)10万円(2)100万円
条件・備考等 -条件・備考等 (1)【大月市空き家バンク成約物件リフォーム助成金制度】空き家バンクに登録された住宅を購入した方に、リフォーム工事に要する費用の1/2(上限10万円)を助成。(2)【木造住宅耐震改修事業】山梨県木造住宅耐震診断マニュアル等に基づいて耐震診断を行った結果、総合評点が1.0未満と診断され、総合評点が1.0以上にする耐震補強工事の4/5以内かつ上限100万円を助成。
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 (1)140万円(2)110万円万円
条件・備考等 -条件・備考等 (1)【木造住宅耐震改修事業】1981年5月31日以前に着工した住宅で耐震不足が指摘された住宅の耐震改修に対し補助。その他要件あり。(2)【空き家バンク登録物件リフォーム補助金】空き家におけるリフォームまたは家財処理に対し補助。その他要件あり。
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 (1)100万円(2)10万円
条件・備考等 -条件・備考等 (1)【木造住宅耐震改修(補強)支援事業】1981年5月31日以前に着工された木造在来工法の2階建て以下の個人住宅で、耐震診断の結果、総合評点が1.0未満と判定された住宅を対象に、総合評点1.0以上に補強する改修工事費用を助成。補助額は費用の2/3以内で上限100万円。(2)【住宅リフォーム等総合支援事業】住宅リフォーム工事に要する費用の一部を助成。改修費用が50万円以上(消費税を除く)の工事に対して10万円助成。
制度の有無 あり制度の有無 あり
上限金額 20万円上限金額 (1)100万円(2)100万円
条件・備考等 【子育て住宅ローン利子補給事業】住宅ローンの利子相当額を5年間支給。限度額は年20万円。条件・備考等 (1)【木造住宅耐震改修支援事業】対象工事の80%以内、上限100万円。(2)【子育て住宅リフォーム費補助事業】費用の1/2以内、上限100万円。
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 (1)120万円(2)100万円
条件・備考等 -条件・備考等 (1)【木造住宅耐震化支援事業】耐震改修事業は、費用の4/5以内、上限100万円。耐震シェルター設置事業は、費用の2/3以内、上限24万円。耐震リフォーム事業は、木造住宅耐震改修工事と併せて施工する20万円以上のリフォーム工事。費用の1/5以内、上限20万円。(2)【空き家バンクリフォーム補助金】空き家バンク登録物件の所有者、居住者および居住予定者が対象となり、市内業者による施工で総額20万円以上の居住部分の工事が対象。(外構工事は対象外)費用の1/2以内、上限100万円。
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 80万円
条件・備考等 -条件・備考等 【木造住宅耐震改修事業費補助金】1981年5月31日以前に建てられた木造住宅で、耐震診断の結果総合評価1.0未満の住宅を耐震改修する場合、対象経費の2/3、最大80万円を助成。
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 (1)10万円(2)80万円
条件・備考等 -条件・備考等 (1)【住宅リフォーム補助金】バリアフリー等工事、3万円~10万円(上限)。(2)【耐震改修事業補助金】上限45万円(高齢者又は未就学児子育て世帯は80万円)。
制度の有無 なし制度の有無 なし
上限金額 -上限金額 -
条件・備考等 -条件・備考等 -
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 (1)全額(2)100万円(3)20万円
条件・備考等 -条件・備考等 (1)【木造住宅耐震診断】1981年5月31日以前に建築の木造建築物が対象。耐震診断は無料。(2)【木造住宅耐震化補助事業】耐震改修設計及び耐震改修の対象経費の2/3、上限100万円。耐震シェルター設置は対象経費の2/3、上限24万円。(3)【空き家バンク物件リフォーム等補助金】空き家バンクに登録された物件の20万円以上のリフォーム工事に要する費用の1/2、上限20万円。空き家バンクに登録された物件の5万円以上となる家財処分のうち、居住部分に供されていた家財道具の処分にかかる費用の1/2、上限5万円。

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

増築・改築・改修の利子補給制度、補助/助成金制度について、ほかのエリアを見てみる

首都圏
関西
東海
北海道
東北
甲信越・北陸
中国・四国
九州・沖縄

山梨県について、ほかのテーマをチェックする

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

出産・育児
乳幼児医療
幼稚園・保育園
小学校・中学校

住まいの給付金(補助金・助成金)

新築建築
新築購入
中古購入
増築・改築・改修
その他

公共サービスや治安

公共料金
安心・安全
医療
ごみ

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

選択した市区を比較する
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元