あなたにとっての“住みやすい街”が見つかる「暮らしデータ」

茨城県の移住支援制度

茨城県内の移住支援制度について、市区の違いを一覧で比較。市区名をクリックするとその市区の詳細が確認できます。

市区名移住支援制度
(1)【水戸市子育て世帯まちなか住替え支援補助金】子育て世帯の方が中心市街地への住替えのために住宅を取得し、又は賃借した場合に補助。住宅取得の場合は年額12万円以内。住宅賃借の場合は月額1万円以内。(2)【水戸市安心住宅リフォーム支援補助金】住宅のリフォーム工事を行う方に、工事費用などの一部を補助(上限10万円)。リフォームを行う事業は経費の1/10。リフォームについて助言を得る事業は経費の1/2。
義務教育修了前の子を持つ世帯が住宅を取得等し、市内に居住した場合20万円を交付し、3世代同居の場合は10万円、近居の場合は5万円、市外からの転入の場合は20万円をそれぞれ加算する。水道基本料金1年間相当分(1.5万円)を加算及び備蓄用等にペットボトル「ひたちの水」を1ケース(500ml×24本)贈呈。
まちなか定住促進事業。詳しくはWebサイト参照。
2012年1月1日以降に転入し、2015年1月1日から2020年12月31日までに住宅・マンションを購入した若者・子育て世帯へ奨励金を交付。
木の住まい助成事業、住まいづくり推進事業、新規就農者支援対策事業、子育て世帯家賃助成補助金。
移住相談窓口を結城市以外にも東京と横浜の2ヶ所に設置雇用意欲のある市内企業と連携し、仕事と暮らしを包括的に体験できるプログラムの実施市内コワーキングスペースにおいて、コミュニティ形成を図るためのイベントの開催。
なし
【下妻市空き家バンク制度】市が所有者等から空き家に関する登録の申し込みを受け、登録を行った空き家の情報を公開するとともに、利用登録を行った方に対し、空き家の紹介を行う仕組みで、空き家物件を「売りたい・貸したい」という方と「買いたい・借りたい」という方の橋渡しを行う。利用申し込みがあった場合、公益社団法人茨城県宅地建物取引業協会の媒介による交渉となり、媒介業者の媒介には、宅地建物取引業法に基づく手数料が発生。
【常総市いきいき住マイル支援補助金】若年夫婦世帯及び子育て世帯に対し、住宅取得や改修をした場合、10~100万の範囲で補助金を交付。【移住体験バスツアー】移住交流促進のため、首都圏在住者を対象に、市内各地での体験可能のツアーを2018年10月20日(土)に実施。参加費2,000円(予定)。
新婚家庭への家賃助成。住宅取得促進助成金(定住促進のため市内に住宅を取得する子育て世帯に上限40万円まで助成)。引越し費用助成(新婚家庭で市内の民間賃貸住宅を契約し入居した方[所得制限あり340万円未満])。空き家バンク。空き家リフォーム工事助成金。空き家家財道具処分費用助成金(市内の空き家の利活用を推進するため、空き家の家財道具等の処理に要する費用の一部に対して助成。上限20万円)。お試し居住事業。
(1)高萩市お試し居住推進事業(2)高萩市物件紹介バンク(3)高萩市定住移住マッチング助成金(4)高萩市起業者等支援賃貸住宅家賃助成金
空き家バンクを設置し、空き家の売却又は賃貸を希望する所有者から申込みを受けた情報を登録し、市内へ定住を目的として空き家の利用を希望する者に対し、その情報を提供している。また、市内の空き家を活用し、当市への移住を考えている方を対象に、最長3ヶ月滞在できるお試し住宅を整備。入居期間中は、北茨城市での活動や日々を過ごしての感想などをインターネットで情報発信していただくとともに、報告書として提出していただく。
【笠間市空家・空地バンク制度】売却や賃貸を希望する所有者から申し込みを受けた市内にある空家及び空地の情報を登録し、利用希望者(笠間市に定住または定期的な滞在を目的として、笠間市空家・空地バンクに登録された空家や空地の利用を希望する方)に空家等の情報を提供する制度。【笠間市移住体験施設】笠間市への移住を考えている方が、一定期間滞在し笠間の暮らしを体験できる、空家を利用した制度。
なし
空家バンク制度を実施
つくば市空家バンク制度(建設部住宅政策課)。つくば市内の空家等の有効活用を通して、定住の促進及び地域の活性化を図ることを目的に、空家を売りたい・貸したい、買いたい・借りたいという方々の橋渡しを市が行う制度。希望により、公益社団法人茨城県宅地建物取引業協会への契約交渉の媒介を依頼することができる。
市外から転入して三世代同居または近居を始める三世代家族(親・子・孫)に対して、住宅の取得、増改築・リフォームまたは賃貸住宅への入居に要する費用の一部について助成金を交付。
【若年世帯定住促進助成金事業】助成対象者は、市街化区域等内の住宅を取得し5年以上継続的に居住する若年夫婦または若年者が親である子育て世帯で、次のすべてを満たしている方。助成金は、基本額が10万円。加算額は、転入者である場合15万円。子育て世帯であって、当該子1人当たり5万円。新築住宅、または建売住宅の場合は10万円。市が売却する土地での新築住宅、または建売の場合10万円。35万円が上限。
空家・空地情報バンク制度若年世帯定住促進事業
「学生が輝く“まち”」再生プロジェクトとして、市外の学生がシェアハウスを利用した場合の家賃を市が負担する。具体的には、市の特定の地域において、(1)18歳以上の学生で市外居住、(2)町内会活動に参加できる、(3)3人でのシェアハウスを条件に、一戸建て住宅(2階建て3LDK程度)に住んだ場合の家賃を市が負担する。
(1)移住奨励金(1世帯につき10万円)(2)空家改修費補助金(当該工事に要した費用の1/2、最高50万円)(3)移住促進協力謝礼金(5万円)
【那珂市子育て世帯等住宅取得助成金】子育て世帯等の定住促進を図り活力に満ちた元気なまちづくりを推進するため市内に新たに住宅を取得する費用の一部を助成。助成金額は、市内転居10万円、市外転入20万円。【那珂市空き家バンク制度】市内に存する空き家の所有者から申込みを受けた空き家に関する情報提供。提供する空き家情報は、市街化区域内の場合は売却・賃貸、市街化調整区域の指定区域内の場合は売却のみ。【移住相談窓口】市への移住を検討されている方へ向けた相談窓口を運営。
【若者・子育て世代住宅取得奨励金制度】市内に住宅を取得し定住した若者子育て世代の方に1世帯あたり50万円の奨励金を交付する。【多世代同居住宅取得等奨励金制度】子世帯又は孫世帯が市外から転入し、親世帯と同居又は近居のために住宅を取得、増改築する場合、20万円の奨励金を交付する。【お試し居住制度】筑西市での短期滞在を体験してもらい、筑西市への移住を推進する。(1泊1,000円)
なし
【稲敷市空き家バンク制度】空き家バンク成約奨励金として所有者等、購入者又は賃借者に5万円、空き家リフォーム工事助成金として最大50万円、家財処分費助成金として最大10万円助成。
空き家バンク。
桜川市定住促進助成金として、市外から転入して住宅を取得された方のうち所定の要件を満たす方に、最大50万円の定住促進助成金を支給。
【若年世帯住宅取得補助】取得者若しくはその配偶者が満45歳未満で、同居する世帯に、高校生相当以下である者が2人以上、又は親若しくは満65歳以上の親族が含まれていること。住宅取得にかかる原因の日から2年以内に申請すること。他要件あり。申請受付は2019年2月28日終了予定。
定住応援助成金、空き家バンク成約奨励金(双方に5万円)、移住定住促進サイト、移住体験。
地域おこし協力隊。
なし
【小美玉市移住促進住宅取得補助金】転入者を対象に住宅の新築または新築住宅の購入費(土地代を除く)の一部を補助。4%以内の額。上限30万円。他条件あり。転入者を対象に中古住宅の購入費(土地代を除く)の一部を補助。20%以内の額。上限20万円。他条件あり。転入者を対象に中古住宅の購入補助を受けた住宅の改修工事の一部を補助。20%以内の額。上限10万円。他条件あり。

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

移住支援制度について、ほかのエリアを見てみる

首都圏
関西
東海
北海道
東北
甲信越・北陸
中国・四国
九州・沖縄

茨城県について、ほかのテーマをチェックする

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

出産・育児
乳幼児医療
幼稚園・保育園
小学校・中学校

住まいの給付金(補助金・助成金)

新築建築
新築購入
中古購入
増築・改築・改修
その他

公共サービスや治安

公共料金
安心・安全
医療
ごみ

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

選択した市区を比較する
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元