あなたにとっての“住みやすい街”が見つかる「暮らしデータ」

福島県の移住支援制度

福島県内の移住支援制度について、市区の違いを一覧で比較。市区名をクリックするとその市区の詳細が確認できます。

市区名移住支援制度
(1)【福島市移住引越支援金】福島市内への引越しに係る費用の1/2を補助。県外からの移住者は上限10万円、県内からの移住者は上限5万円。(2)【福島市多世帯同居・近居支援事業】市内に住宅などを購入もしくは改修を行い、多世帯での同居・近居を開始した場合、最大15万円の補助金を交付。(3)移住者のうち、移住フェアに参加などの要件を満たした者へ4つの公衆浴場の入浴料が最長3年無料になる「湯めぐりパスポート」を贈呈。(4)【空き家リフォーム支援事業補助金】空き家バンクに登録された物件を購入し、定住に向けたリフォームを行う費用に対する助成。助成額は費用の1/2(上限150万円)。
(1)移住相談セミナーの開催。(2)空き家バンク等を活用した住居探しへの支援。(3)就職支援。(4)移住相談者に対するワンストップサービスによる相談窓口の提供。(5)移住者交流会の開催。(6)移住希望者への事前準備に係る宿泊費補助。(7)移住希望者への事前準備に係る現地活動の際のレンタカー代補助。(8)Uターン・孫ターン実践者への給付金。(9)若年層移住者への奨学金償還支援。(10)40歳以下の移住実践者への家賃補助。(11)結婚と移住を同時に支援する移住婚への支援。
(1)移住・定住ポータルサイト。(2)空き家バンク制度を実施。
(1)「ふるさと回帰フェア」等への参加による移住相談や情報発信。(2)移住活動を行う際の宿泊費用を一部補助。(3)地域団体と協働での移住サポート制度。(4)空き家バンクを実施。
(1)最短1週間から最大1ヶ月間、低価格でお試し住宅を利用できる。(2)空き家の所有者と利用希望者をマッチングさせる空き家バンクを運用している。(3)空き家バンク登録物件の購入者、賃借者に対し、改修及び家財処分費の支援補助を行っている(改修費は最大150万円、家財処分費は最大5万円)。(4)市営住宅の空き住戸(5戸)を、二地域居住や移住希望者を対象として、3ヶ月以上1年未満の期間で、月額9,000円で提供している。(5)県外から白河市に定住される方に対し、引越費用を補助している(最大20万円)。
(1)【まちなか出店推進事業補助金】中心市街地区域内に出店する方の店舗内装の改修や備品購入にかかる費用、区域内にある店舗併用住宅を出店者に貸すために要する改修費の一部を補助。(2)【創業等支援補助金】創業に係る備品購入等の一部に対して補助。上限40万円。(3)【移住新規就農者家賃支援補助事業】就農のため移住された方へ家賃の一部を補助。家賃月額の1/2、上限3万円。申請から2年間。
(1)【移住希望者お試し滞在支援事業補助金】移住を検討している方の宿泊費を1泊1人当たり2,500円補助(同行者1人分まで補助、同一年度6泊まで)。(2)定住コンシェルジュ。(3)新規就農応援。(4)空き家情報提供。(5)定住自立圏移住体験ツアー、いつでも喜多方暮らし体験ツアー。(6)移住者住宅取得支援事業。(7)多世代同居住宅取得支援事業。(8)奨学金償還支援。(9)移住支援事業補助金。
【住宅取得支援事業補助金】市に移住するために住宅を取得する際、市・県共同で上限180万円を補助。
(1)【空き家改修助成金制度】50万円を限度に助成対象工事に要する費用の1/2に相当する額を助成。要件あり。(2)空き家バンク制度。
(1)【お試しチャレンジハウス】一定期間、田舎暮らしが体験できる施設。(2)【空き家リフォーム補助制度】空き家バンク物件のリフォームに対し、最大100万円支援。(3)【転入子育て世帯住宅取得補助金】子育て世帯が転入から3年以内に住宅を新築する場合、100万円を補助。(4)【住宅環境整備子ども応援事業補助制度】実家や空き家バンク物件をリフォームした場合、子ども1人あたり10万円支給。(5)【ふるさとUターン定住化促進事業】Uターン者の引っ越し費用の1/2を助成。
(1)転入する就労世帯が賃貸住宅入居の場合に家賃補助として月1万円交付。(2)(a)市外から移住し5年以内に住宅購入した世帯。(b)多世代同居世帯を目的に住宅取得した世帯。(c)近居世帯を目的に住宅取得した世帯。(d)18歳以下の子供が3人以上いる世帯。(a)~(d)対象世帯が住宅取得した際に最大200万円の奨励金交付。(3)空き家バンク登録物件を購入・賃借し改修する活用者、賃貸契約が決まった空き家バンク登録の所有者が改修する場合に最大225万円の補助金交付。(4)移住を検討する方に、お試しハウスを2泊~30泊まで無料で利用可能。(5)20~30代対象の事業化実現(起業)プログラムを実施。
(1)空き家バンク制度を実施。(2)補助制度【伊達市「来てだて」住宅取得支援事業補助金】、【伊達市移住・就業支援事業補助金】、【保育・福祉職を目指す県外学生・社会人等向けの家賃等補助】があり。(3)移住定住コンシェルジュによる移住総合相談窓口。(4)首都圏に移住相談窓口「カラフル」設置。
(1)【本宮市多世代ファミリーなかよし奨励金】2023年4月1日から2026年3月31日までの間に、新たに多世代(親・子・孫の三世代以上)で同居・近居するために住宅を新規取得した方、または増改築した方を対象に奨励金を交付する。(2)【移住定住モニターツアー宿泊費補助金】市の知名度向上、関係人口拡大、移住促進を目的として、市が実施する移住定住モニターツアーに参加した方に対し、市内宿泊施設への宿泊経費を助成。(3)【ウェルカム本宮ファミリー移住支援金】県外から2人以上の世帯で移住し、5年以上定住する世帯に支援金を交付する。

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

移住支援制度について、ほかのエリアを見てみる

首都圏
関西
東海
北海道
東北
甲信越・北陸
中国・四国
九州・沖縄

福島県について、ほかのテーマをチェックする

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

出産・育児
子ども・学生等医療
幼稚園・保育園
小学校・中学校

住まいの給付金(補助金・助成金)

新築建築
新築購入
中古購入
増築・改築・改修
その他

公共サービスや治安

公共料金
安心・安全
医療
ごみ

人口などの統計情報

統計情報

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

選択した市区を比較する
見直しませんか?irumo 0.5Gで550円/月
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元
アプリで簡単 物件探し 大手不動産サイトの情報から一括検!プッシュ通知で物件を見逃さない
App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう QRコード