あなたにとっての“住みやすい街”が見つかる「暮らしデータ」

秋田県の移住支援制度

秋田県内の移住支援制度について、市区の違いを一覧で比較。市区名をクリックするとその市区の詳細が確認できます。

市区名移住支援制度
(1)子育て世帯移住促進事業(一定の要件を満たす子育て世帯が、秋田市へ移住する際に、住宅の購入・賃借および転居に係る費用を助成)(2)オーダーメイド移住相談ツアー(最高5万円まで経費を助成)(3)移住定住無料職業紹介所(移住相談センターと人口減少・移住定住対策課内に無料職業紹介所を設置し、紹介状の発行などを行う。)(4)空き家バンク制度(5)空き家定住推進事業(6)多世帯同居・近居推進事業(市内住宅の建築、購入に対する助成)(7)若者移住促進事業(一定の要件を満たす単身世帯等に、住居の確保、移動手段の確保および生活必需品の購入に要する費用を助成)(8)企業採用面接交通費等助成金交付事業
(1)移住定住相談窓口(2)移住体験ツアー(3)移住交流サロン(4)空き家バンク(5)若年世帯移住定住奨励金(6)住宅リフォーム支援事業(7)「秋田スギの温もり」木のまちづくり推進事業(8)就業資格取得支援事業(9)起業等相談窓口等の起業支援(10)地元で働こう新規就農支援事業等の農林業支援(11)めんchoco誕生事業(12)のしろDEマナブゥ事業(13)能代市ふるさと人材育成・定住促進奨学金(14)能代市奨学金返還助成(15)結婚・子育て祝い金事業
(1)【移住促進空家対策事業リフォーム補助金】県外からの転入者が空き家を取得して定住しようとする場合、空き家のリフォームにかかる費用の一部(1/2以内・上限100万円)を補助。(2)空き家バンク制度を実施。(3)移住コンシェルジュによる移住相談の受け付け。(4)移住体験ツアーの開催。
(1)空き家バンク制度(空き家の所有者と利用希望者のマッチング)。(2)定住奨励金制度(大館市空き家バンクに登録されている物件を移住者が成約し居住した場合、1年以内の申請で奨励金を交付するもの)。(3)起業・創業支援補助金制度(移住者への加算あり)。(4)大館市住宅リフォーム支援事業(市外から移住されるかたで、大館市の空家バンクに登録されている空家を購入し、リフォームされる場合は工事費の20%、上限50万円を助成)。
(1)空き家バンク。(2)【移住生活支援補助金】移住を希望、検討されている方が男鹿市を訪れ市内各地を体験する際の交通費の一部(経費1/2、上限2万円)を補助。
(1)【空き家改修事業補助金】移住世帯を対象に、湯沢市空き家バンクに登録された空き家の改修に係る経費について、最大100万円を助成。※中学生以下の子どもがいる場合、20万円の加算あり。(2)【お試し居住体験】参加者が希望する行程で、移住体験を実施。滞在費無料(JR湯沢駅までの交通費は自己負担)。(3)【奨学金返還助成】秋田県奨学金返還助成(一般分)の交付決定を受けた者を対象に、奨学金の返還額の一部を助成する(上限6.7万円)。(4)【移住支援金】秋田県と合同で、首都圏からの移住就業世帯(起業含む)に対して、最大100万円を交付。地方創生推進交付金事業。
(1)【鹿角市ふるさとライフ引越し支援補助金】鹿角市に移住する際の引越し費用補助。補助率1/2、上限9万円。(2)【鹿角市移住者融資資金利子補給費補助金】鹿角市に移住後3年以内の方に市提携金融機関商品のローン利息額を補助。補助率10/10、最大7年間。(3)【ふるさとライフ資格取得補助金】Aターン者等の市内での起業に向けた資格取得費用等を補助。補助率10/10、上限30万円/年(2ヶ年60万円)。
(1)【定住促進奨励金】市内に定住する意思を持って県外から転入した2人以上の世帯の方で、一定の要件を満たした方に対して一律30万円を交付(2019年4月1日改正)。(2)【無料職業紹介事業】市外在住者を対象に、求職登録をされた方に職業紹介、斡旋を行う。(3)【住まいの情報提供】住まいを探している方の希望に対応できる不動産業者を紹介する。
なし
(1)移住コーディネーターによる移住相談(2)大仙市移住促進無料職業紹介所による就職支援(3)空き家バンク制度等による住まいの情報提供(4)お試し移住体験と魅力体験住宅による大仙市の暮らし体験(5)移住者向け住宅支援事業(住宅取得補助金、引越補助金、若年・子育て世帯家賃補助金)(6)秋田県と共同して実施する秋田県移住・就業支援事業
(1)【北秋田市移住者住宅支援事業】住宅購入費の20%、最大65万円(19歳未満の子と同居は40%、最大130万円)を助成。(2)【北秋田市住宅リフォーム支援事業】住宅改修費の10%~20%(上限10~40万円)を助成。移住者は改修費の15%、上限30万円を加算。(1)(2)は併用可能。(3)【奨学金返還支援】北秋田市に住民登録をし通勤圏内で就労する奨学金返還中の45歳未満の方が対象。返還額の1/2、上限額年20万円または、1/3、上限額年13.3万円を最大60ヶ月助成。(4)【移住当初の経済負担の支援】引越しや冬の暮らしに必要な備品、普通自動車運転免許取得にかかる経費の一部を助成。(5)【移住体験事業】移住体験に要する交通費や滞在費など最大5万円を助成。
条件を満たして転入した方に、最高100万円の定住奨励金を交付。転入後3年間、固定資産税額相当額の宅地・住宅取得支援金を交付。市の温泉施設(5施設)を、家族全員が1年間入浴料無料となる定住世帯温泉無料パスポートを交付。
(1)【次世代定住支援事業補助金】次世代の定住・移住を促進するため、住宅を新築または建売住宅を購入する子育て世帯や45歳以下の夫婦に補助。定住世帯40万円、移住世帯60万円、子育て加算1人10万円(上限20万円)。市内施工業者が工事を行う場合10万円加算。(2)【定住促進奨励金】市外在住者が住宅を取得し移住した場合、納めた固定資産税相当額を奨励金として課税初年度から3年度交付。

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

移住支援制度について、ほかのエリアを見てみる

首都圏
関西
東海
北海道
東北
甲信越・北陸
中国・四国
九州・沖縄

秋田県について、ほかのテーマをチェックする

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

出産・育児
乳幼児医療
幼稚園・保育園
小学校・中学校

住まいの給付金(補助金・助成金)

新築建築
新築購入
中古購入
増築・改築・改修
その他

公共サービスや治安

公共料金
安心・安全
医療
ごみ

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

選択した市区を比較する
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元