あなたにとっての“住みやすい街”が見つかる「暮らしデータ」

宮城県の移住支援制度

宮城県内の移住支援制度について、市区の違いを一覧で比較。市区名をクリックするとその市区の詳細が確認できます。

市区名移住支援制度
なし
なし
なし
なし
なし
【移住コンシェルジュ】移住に関する総合窓口の設置やお試し居住や移住者向けのイベントを企画実施する。【地域活躍支援事業】移住者を呼び込むため、起業者を育成等の人材育成を行なう。【地域交流・定着支援事業】定住促進のため、移住者同士や地域の方々との交流の場の提供する。【空き家等活用支援】居住基盤となる空き家の所有者を募集し、必要となる改修を行なう。
なし
気仙沼市移住・定住支援センターを設置し、UIJターンに関する総合窓口を開設。空き家バンクの登録やマッチング、お試し移住などの事業を実施。
定住者補助事業として、転入者で住宅を新築・購入した者に30万円。さらに市内建設関連業者を利用した場合は30万円を上乗せ。空き家物件の情報提供。
なし
定住促進・角田いらっしゃいプラン、空き家バンク。
なし
なし
移住・定住サポートセンターにおいて、仕事・住まい・暮らしやすさに関する情報を発信するとともに移住検討段階から地域への定着まで途切れない支援を行う。無料で2泊3日から9泊10日までの滞在ができる移住お試し住宅や移住体験ツアーにより、登米市の暮らしや魅力が体感できる。登米市住まいサポート事業として、市内に転入してきた夫婦(いずれかが40歳未満の人)の住居賃借費用に対し、月額1.5万円を限度として2年間助成。
(1)住まいる栗原ホームサーチ事業([空き家バンク制度]空き家の売買または賃貸を希望する所有者からの申し込みを受けて登録した空き家情報を、居住したい方へ情報提供)(2)若者定住促進助成(40歳以下の転入後1年以内の方が、住宅を新築・購入した際、借入金の年末残高の5%を上限20万円を最長5年間助成[2020年度まで])(3)空き家活用移住体験事業(市外在住の移住希望者に短期間貸し出し。利用料は無料。)
なし
移住支援専用ホームページの運営、田舎体験・自然体験事業の主催・支援、総合窓口の設置、空き家バンク制度 協力事業者登録制度。2016年4月1日から住宅新築・購入支援(最高190万円)やリフォーム支援(最高125万円)などの支援策有。
なし

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

移住支援制度について、ほかのエリアを見てみる

首都圏
関西
東海
北海道
東北
甲信越・北陸
中国・四国
九州・沖縄

宮城県について、ほかのテーマをチェックする

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

出産・育児
乳幼児医療
幼稚園・保育園
小学校・中学校

住まいの給付金(補助金・助成金)

新築建築
新築購入
中古購入
増築・改築・改修
その他

公共サービスや治安

公共料金
安心・安全
医療
ごみ

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

選択した市区を比較する
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元