あなたにとっての“住みやすい街”が見つかる「暮らしデータ」

茨城県 笠間市のデータ

【笠間市役所】所在地:笠間市中央3-2-1 TEL:0296-77-1101 URL:https://www.city.kasama.lg.jp/

笠間市は、歴史と風土に育まれた豊かな文化をもち、医療や福祉環境も整った、暮らしと余暇の双方における魅力をもった都市です。茨城県のほぼ中央部西寄り、首都東京の100km圏内に位置しています。南北に走る常磐自動車道、JR常磐線、東西に走る北関東自動車道、JR水戸線が交差する交通の要衝となっています。

このページでは次の項目について調べることができます

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

育児
出産祝い なし
出産祝い-備考 -
子育て関連の独自の取り組み (1)子育て支援ポータルサイト・スマホ用アプリ。(2)授乳・おむつ替え用テント等の貸出し(市内イベント用)。(3)地域医療センターかさま病児保育事業。(4)寺子屋事業(子どもの学びの機会や学習の場づくりの一つとして小学校5・6年生を対象に事業を実施。学力の向上、学習意欲の高揚の一助とする)。(5)体験学習(図工教室)(都内と地域の子どもの交流を図る講座)。(6)子育て支援講座(3ヶ所の子育て支援センターで実施)。(7)ママ・リフレッシュ事業(在宅で子育てをしている保護者のリフレッシュのための託児付き講座を開催)。(8)ママ・ホリデー事業(在宅で子育てをしている保護者のリフレッシュのため公立保育所で児童を一時的に預かる事業)。
乳幼児医療
乳幼児医療費助成(通院)対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児医療費助成(通院)自己負担 自己負担あり
乳幼児医療費助成(通院)自己負担-備考 医療機関ごとに、1回600円、月2日まで自己負担あり。小学生までは、自己負担なし(市単独事業として自己負担金を後日償還)。
乳幼児医療費助成(通院)所得制限 所得制限あり
乳幼児医療費助成(通院)所得制限-備考 扶養親族等の数が0人の場合、所得制限限度額は622万円。以降1人増えるごとに38万円を加算。所得には一定の控除あり。老人控除対象配偶者または老人扶養親族がいる場合は、1人につき6万円加算。
乳幼児医療費助成(入院)対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児医療費助成(入院)自己負担 自己負担あり
乳幼児医療費助成(入院)自己負担-備考 医療機関ごとに、1日300円、月3,000円まで自己負担あり。小学生までは、自己負担なし(市単独事業として自己負担金・入院時食事療養費を後日償還)。 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児医療費助成(入院)所得制限 所得制限あり
乳幼児医療費助成(入院)所得制限-備考 扶養親族等の数が0人の場合、所得制限限度額は622万円。以降1人増えるごとに38万円を加算。所得には一定の控除あり。老人控除対象配偶者または老人扶養親族がいる場合は、1人につき6万円加算。
幼稚園・保育園
公立保育所数 2ヶ所 544位(815市区中)
0歳児保育を実施している公立保育所 2ヶ所
公立保育所定員数 242人 510位(669市区中)
公立保育所在籍児童数 218人 464位(655市区中)
私立保育所数 4ヶ所 518位(815市区中)
0歳児保育を実施している私立保育所 4ヶ所
私立保育所定員数 533人 452位(726市区中)
私立保育所在籍児童数 469人 441位(708市区中)
保育所入所待機児童数 0人 1位(815市区中)
0歳児の認可保育所月額保育料 45,000円 428位(807市区中)
0歳児の認可保育所月額保育料-備考 -
認可外保育所に預ける保護者への補助 なし
認可外保育所に預ける保護者への補助内容 -
認定こども園数 8園 248位(815市区中)
預かり保育実施園数-公立 -
預かり保育実施園数率-公立 - -
預かり保育実施園数-私立 1園
預かり保育実施園数率-私立 100.0% 1位(558市区中)
長期休業期間中の預かり保育実施園数-公立 -
長期休業期間中の預かり保育実施園数率-公立 - -
長期休業期間中の預かり保育実施園数-私立 1園
長期休業期間中の預かり保育実施園数率-私立 100.0% 1位(543市区中)
小学校・中学校
公立小学校1学級当たりの平均生徒 22.3人 324位(814市区中)
公立中学校1学級当たりの平均生徒 26.9人 307位(814市区中)
学校給食 【小学校】完全給食【中学校】完全給食
学校給食民間委託 一部で導入(調理・配送)
公立中学校の学校選択制 一部実施(小規模特認校制:みなみ学園義務教育学校)
公立小中学校の耐震化率 100.0% 1位(815市区中)

住まいの給付金

新築建設
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 30万円
補助/助成金条件・備考等 【地場産材活用促進事業補助金】住宅、店舗等の新築に笠間市産の地場産材(笠間焼、稲田みかげ石)を建築資材として使用する場合、工事費や材料費の一部を補助。費用の1/2(上限30万円)。他要件あり。
新築購入
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし
中古購入
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 30万円
補助/助成金条件・備考等 【空家活用支援補助金】空家・空地バンク登録物件を取得した方に対し、取得に要する費用の一部(取得費用の3%以内上限30万円)を補助。
増築・改築・改修
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)100万円(2)50万円(3)30万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【木造住宅耐震改修事業費補助金】1981年5月31日以前に着工された木造住宅の耐震改修設計および耐震改修工事をあわせて実施する方を対象に、耐震改修工事費の一部を補助。耐震改修工事費用の4/5(上限100万円)。他要件あり。(2)【空家・空地バンク登録物件修繕支援事業】空家・空地バンク登録物件を修繕するための費用の一部(修繕費用の50%以内上限50万円)を補助。(3)【地場産材活用促進事業補助金】住宅、店舗等の新築に笠間市産の地場産材(笠間焼、稲田みかげ石)を建築資材として使用する場合、工事費や材料費の一部を補助。費用の1/2(上限30万円)。他要件あり。
その他
(都道府県)新・省エネルギー設備機器等導入補助制度 なし
(都道府県)新・省エネルギー設備機器等導入補助内容 -
(市区)新・省エネルギー設備機器等導入補助制度 なし
(市区)新・省エネルギー設備機器等導入補助内容 -
移住支援制度 【笠間市移住体験施設】笠間市への移住を考えている方が、一定期間滞在し、笠間の暮らしを体験できる制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(2021年1月1日から2022年3月31日の間に婚姻届けを提出し、受理された新婚世帯に対し、2021年1月1日から2022年3月31日の間に支払った住居費用[物件の購入費、賃料、敷金、礼金、共益費、仲介手数料など]および、引っ越費用[引越し業者または運送業者に支払った費用]を最大30万円補助する制度。婚姻時の年齢が夫婦ともに39歳以下であること、世帯所得が400万円未満であることなど、諸条件あり)
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査後に変更がある場合があります。 最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

公共サービスや治安

公共料金・インフラ
ガス料金(22m3使用した場合の月額) 東部瓦斯株式会社(郡山・いわき・水戸・土浦・守谷地区)5491円 103位(214事業者中)
水道料金(口径20mmで20m3の月額) 笠間市4163円 755位(977事業者中)
下水道料金(20m3を使用した場合の月額) 笠間市3080円 504位(806事業者中)
下水道普及率 46.7% 610位(783市区中)
安心・安全
刑法犯認知件数 443件 499位(815市区中)
刑法犯認知件数:人口1000人当たり 6.05件 615位(815市区中)
ハザード・防災マップ あり
医療
一般病院総数 4ヶ所 374位(815市区中)
一般診療所総数 41ヶ所 474位(815市区中)
小児科医師数 11人 452位(815市区中)
小児人口10000人当たり 13.06人 526位(815市区中)
産婦人科医師数 14人 181位(815市区中)
15〜49歳女性人口1万人当たり 10.54人 39位(815市区中)
介護保険料基準額(月額) 5700円 301位(815市区中)
ごみ
家庭ごみ収集(可燃ごみ) 有料
家庭ごみ収集(可燃ごみ)−備考 指定ごみ袋有料。
家庭ごみの分別方式 【笠間地区】5分別15種〔可燃ごみ 不燃ごみ 資源ごみ(缶、びん[透明のびん、茶色のびん、その他のびん]、古紙[新聞紙、雑誌等、ダンボール]、ペットボトル、白色発砲トレイ、紙パック、古布) 有害ごみ(スプレー缶、カセットボンベ、使い捨てライター、蛍光管、電球、水銀体温計) 乾電池〕 【友部・岩間地区】6分別14種〔可燃ごみ 不燃ごみ資源ごみ1(缶・びん) 資源ごみ2(ペットボトル) 資源物3(紙類[ダンボール、新聞、雑誌・チラシ、牛乳パック]、発砲トレイ、布、スプレー缶類) 有害ごみ(蛍光管、乾電池、水銀体温計)〕
家庭ごみの戸別収集 未実施
粗大ごみ収集 あり
粗大ごみ収集−備考 有料。戸別収集。事前申込制。大1,000円、小500円。
生ごみ処理機助成金制度 なし
生ごみ処理機助成金額(上限) - -
生ごみ処理機助成比率(上限) - -

人口などの統計情報

概要 笠間市は、歴史と風土に育まれた豊かな文化をもち、医療や福祉環境も整った、暮らしと余暇の双方における魅力をもった都市です。茨城県のほぼ中央部西寄り、首都東京の100km圏内に位置しています。南北に走る常磐自動車道、JR常磐線、東西に走る北関東自動車道、JR水戸線が交差する交通の要衝となっています。
総面積 240.40km2 305位(815市区中)
世帯数 28861世帯 393位(815市区中)
人口総数 74984人 379位(815市区中)
年少人口率(15歳未満) 11.23% 498位(815市区中)
生産年齢人口率(15〜64歳) 57.02% 415位(815市区中)
高齢人口率(65歳以上) 31.75% 366位(815市区中)
転入者数 2114人 433位(815市区中)
転入率(人口1000人当たり) 28.19人 554位(815市区中)
転出者数 2135人 450位(815市区中)
転出率(人口1000人当たり) 28.47人 668位(815市区中)
主な祭り・行事 あたご山桜まつり 笠間つつじまつり 笠間の陶炎祭(ひまつり) 笠間のまつり かさま新栗まつり 笠間の菊まつり 笠間浪漫 いばらきストーンフェスティバル 悪態まつり 彩初窯市 かさまの陶雛~桃宴~ かさま陶芸の里ハーフマラソン大会 かさま音楽フェスタ~奏~ ふるさとまつりinかさま かさま文化財公開 県下中学校交歓笠間市駅伝大会 スナッグゴルフ大会 日本ゴルフツアー選手権 スターツシニアトーナメント
市区独自の取り組み 道の駅かさまの整備 包括的な空家・空地政策の推進 防災力の充実強化(停電対策等含) こども育成支援センターの開設 フレイル対策と介護予防の一体化等の推進 在宅子育て支援の強化 地域経済の担い手育成支援 日本一の栗の産地づくりの推進 かさまブランド販売力の強化(日本遺産・JAPANブランド) 公民連携による観光施設のリノベーション スマートシティモデルの研究 台湾交流事務所の運営 きめ細かな学校教育サポートの推進 生涯活躍のまち構想の推進 海外自治体からの職員受入 RPA・AIの導入検討 行政文書の電子管理化 笠間市地酒を笠間焼で乾杯する条例 ふるさと名物応援宣言「笠間の栗加工品群」
ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、(1)まちづくり支援事業(2)子ども支援事業(3)芸術・文化事業(4)感染症対策事業。お礼の品として人気なのは、焼栗やモンブランなど、特産品である「かさま栗」の加工品で、寄附額に応じた特産品380品(2021年5月30日時点)の中から選ぶことができる。寄附申込みは、大手ふるさと納税サイトから「茨城県笠間市」を選択。
地方債現在高 31,588,136千円 470位(815市区中)
地方債現在高:1人当たり 421千円 373位(815市区中)

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

笠間市のおすすめ新築一戸建て

笠間市の新築一戸建て情報をもっと見る

近隣の市区のデータを見る

小美玉市

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

選択した市区を比較する
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元