あなたにとっての“住みやすい街”が見つかる「暮らしデータ」

新潟県の概要

新潟県内の概要について、市区の違いを一覧で比較。市区名をクリックするとその市区の詳細が確認できます。

市区名概要
新潟市は、古くから「みなとまち」として栄え、1858年に5ヶ国との修好通商条約により開港5港の一つに指定されて以来、港町としてだけでなく、国際空港、新幹線、高速道路網が整備された交通拠点として飛躍してきました。2005年近隣13市町村との合併により、本州日本海側最大の都市になり、2007年4月政令指定都市に移行し、発展を続けています。
新潟市は、古くから「みなとまち」として栄え、1858年に5ヶ国との修好通商条約により開港5港の一つに指定されて以来、港町としてだけでなく、国際空港、新幹線、高速道路網が整備された交通拠点として飛躍してきました。2005年近隣13市町村との合併により、本州日本海側最大の都市になり、2007年4月政令指定都市に移行し、発展を続けています。
新潟市は、古くから「みなとまち」として栄え、1858年に5ヶ国との修好通商条約により開港5港の一つに指定されて以来、港町としてだけでなく、国際空港、新幹線、高速道路網が整備された交通拠点として飛躍してきました。2005年近隣13市町村との合併により、本州日本海側最大の都市になり、2007年4月政令指定都市に移行し、発展を続けています。
新潟市は、古くから「みなとまち」として栄え、1858年に5ヶ国との修好通商条約により開港5港の一つに指定されて以来、港町としてだけでなく、国際空港、新幹線、高速道路網が整備された交通拠点として飛躍してきました。2005年近隣13市町村との合併により、本州日本海側最大の都市になり、2007年4月政令指定都市に移行し、発展を続けています。
新潟市は、古くから「みなとまち」として栄え、1858年に5ヶ国との修好通商条約により開港5港の一つに指定されて以来、港町としてだけでなく、国際空港、新幹線、高速道路網が整備された交通拠点として飛躍してきました。2005年近隣13市町村との合併により、本州日本海側最大の都市になり、2007年4月政令指定都市に移行し、発展を続けています。
新潟市は、古くから「みなとまち」として栄え、1858年に5ヶ国との修好通商条約により開港5港の一つに指定されて以来、港町としてだけでなく、国際空港、新幹線、高速道路網が整備された交通拠点として飛躍してきました。2005年近隣13市町村との合併により、本州日本海側最大の都市になり、2007年4月政令指定都市に移行し、発展を続けています。
新潟市は、古くから「みなとまち」として栄え、1858年に5ヶ国との修好通商条約により開港5港の一つに指定されて以来、港町としてだけでなく、国際空港、新幹線、高速道路網が整備された交通拠点として飛躍してきました。2005年近隣13市町村との合併により、本州日本海側最大の都市になり、2007年4月政令指定都市に移行し、発展を続けています。
新潟市は、古くから「みなとまち」として栄え、1858年に5ヶ国との修好通商条約により開港5港の一つに指定されて以来、港町としてだけでなく、国際空港、新幹線、高速道路網が整備された交通拠点として飛躍してきました。2005年近隣13市町村との合併により、本州日本海側最大の都市になり、2007年4月政令指定都市に移行し、発展を続けています。
長岡市は、新潟県の中部(中越地方)に位置し、広大で豊かな自然環境と、長い歴史によって培われてきた伝統や文化など、多様な地域資源と個性を有する人口約27万人のまちです。中越大震災をはじめとした度重なる災害を乗り越え、小林虎三郎の「米百俵の精神」を受け継ぐひとづくり、「市民力」と「地域力」を活かした市民協働のまちづくりを進めています。
三条市は、大河・信濃川とその支流・五十嵐川と刈谷田川の豊かな水と肥沃な大地に根ざし、栗ヶ岳・守門岳に代表される県立自然公園の緑豊かな自然に育まれたまちで、新潟県のほぼ中央に位置し、面積約432km2、人口約9.3万人です。全国的には「ものづくりのまち三条」として知られています。東京から上越新幹線でわずか2時間、高速道も関東、北陸、東北方面とつながっており、新潟空港からも約1時間とアクセスも抜群です。
柏崎市は、三階節で名高い米山をはじめ、黒姫山・八石山・西山連峰の山々の懐に抱かれ、豊かな恵みを受けつつ、福浦八景や砂丘地など変化に富んだ42kmの海岸線から佐渡島を望む風光明媚な地方都市です。
新発田市は、県北部に位置し、2003年に豊浦町、2005年に紫雲寺町、加治川村との合併を経て人口約9万5,000人の中核都市です。かつては城下町として栄え、新発田城などの文化遺産をまちの随所にとどめています。全国的にも有名な月岡温泉があり、山から海までの豊かな自然など多くの地域資源に恵まれた都市です。
小千谷市は、新潟県のほぼ中央、日本一の大河信濃川により形成されたまちです。美しい山河に恵まれた、文化の香りゆたかなこのまちには、どこよりも、自然と人、人と人が、互いに高めあい協奏しあいながら、育んできた伝統があります。
加茂市は、新潟県のほぼ中央に位置し、古くから北越の小京都といわれており、県立自然公園粟ヶ岳を水源とする清流加茂川が、市街地を縦断するように流れています。1954年から55年にかけて1町3村が合併し、市制が施行されました。加茂の地名は、市内の青海神社に京都・賀茂神社の分霊を祭ったことに由来しています。
十日町市は、太古からの農の営みと豪雪によって産業や文化が育まれ、魚沼産コシヒカリ・そば・酒・きものの産地として有名です。居住地としては世界有数の豪雪地であることを逆手にとり、国内外からの来訪者でにぎわう冬季イベントが数多くあります。また、2000年からは大地の芸術祭を開催し、自然や里山の暮らしと現代アートが調和した魅力を引き出しています。
見附市は、新潟県のど真ん中。交通と買い物の便利さが自慢です。繊維のまちとして発展し、近年ハイテク企業なども進出しています。市内小中学校で学力・体力が全国平均値を上回るなど、子育て・教育も充実。広大な越後平野、緑豊かな里山があり、産業と自然環境が調和した住み心地の良いまちです。本格的な英国式庭園「みつけイングリッシュガーデン」、「道の駅パティオにいがた」、「みつけ健幸の湯 ほっとぴあ」などが人気観光地です。
村上市は、2008年4月1日に5市町村が合併して誕生しました。新潟市から北へ約60km、県の最北端に位置し、県面積の9.3%を占める広大な市です。笹川流れや朝日連峰など四季折々の自然に恵まれ、伝統的な祭りや町屋に城下町の歴史的な風情を残しています。食材も豊富で、新潟を代表する銘柄米「岩船米」やブランド牛「村上牛」、地酒、特有の鮭の食文化など、伝統文化とおいしさがギュッと詰まった魅力あふれるまちです。
燕市は、2006年3月に旧燕市・吉田町・分水町が合併して誕生しました。越後平野のほぼ中央に位置し、北陸自動車道・上越新幹線の高速交通機関を有し、国内でも有数の金属加工産地であるとともに、国上山や信濃川水系の豊かな水を併せ持つ産業と自然の調和したまちです。
糸魚川市は、2005年3月19日に旧糸魚川市・能生町・青海町が合併して誕生しました。新潟県の西南端に位置し、南は長野県、西は富山県と接しています。市域には、2つの国立公園と3つの県立自然公園を有し、四季の景観や食材、温泉など自然の恵みに満ちたまちで、2009年には日本初の世界ジオパークに認定されました。
妙高市は、2005年4月1日に新井市・妙高高原町・妙高村が合併し誕生しました。日本百名山で越後富士とも呼ばれる秀峰「妙高山」とその一帯は国立公園に指定され、四季折々の自然と雄大な景観が魅力のほか、温泉、スキー場など、豊かな自然を活かした観光地を抱えています。
五泉市は、2006年1月1日に「ファッションと清流のまち」旧五泉市と、「歴史とさくらの城下町」旧村松町が合併し誕生しました。緑豊かな山々と清流に包まれた肥沃な大地から豊かな実りがもたらされ、数多くの特産物を出荷しており、また、絹織物とニット産業は、全国的な産地となっています。
上越市は、2005年1月に隣接する13町村と合併した、自然の恵み豊かな四季の情景あふれる都市です。2007年からは特例市となり、さらに2009年10月から市内全域で地域自治区制度を設置し、住民自治の充実に取り組んでいます。また、重要港湾の直江津港や北陸自動車道、上信越自動車道が整備されているほか、2015年3月に北陸新幹線上越妙高駅が開業し、海・陸の交通ネットワークを有しています。2023年4月から第7次総合計画に基づき、「暮らしやすく、希望あふれるまち 上越」を将来都市像に掲げ、市民や各団体と連携したまちづくりを進めています。
阿賀野市は、新潟平野のほぼ中央に位置し、東側に連なる標高1,000m級の山々「五頭連峰」と、南側に流れる大河「阿賀野川」に抱かれた、自然豊かなまちです。また、県都・新潟市に隣接する利便性も兼ね備え、新潟駅までは車で30分とアクセスがよく、新潟市への通勤・通学割合は近隣市町村No.1となっています。住宅地の土地平均価格は、東京都八王子市の約1/10、新潟市の約1/4と低く、住宅取得費の助成もあります。また、「子育て環境日本一」を目指して、のびのびと安心して子育てができるような環境を整備しており、四季折々の大自然を感じながら、ゆったり暮らすことができます。
佐渡市は、2004年3月1日に両津市・相川町・佐和田町・金井町・新穂村・畑野町・真野町・小本町・羽茂町・赤泊村の10市町村が合併して誕生しました。市の面積は約855km2(東京23区の約1.4倍の広さ)、海岸線は約280kmあり、変化に富んだ美しい景観を形成しています。
魚沼市は、2004年11月1日に堀之内町・小出町・湯之谷村・広神村・守門村・入広瀬村が合併して誕生しました。新潟県の南東に位置し、東に福島県、南は群馬県に接していて、総面積は946.76km2と新潟県全体の7.5%を占めています。市の中心部には、魚野川、その支流の破間川、佐梨川、羽根川などの清流が貫流しています。
南魚沼市は、新潟県南部の魚沼盆地に位置し、太平洋側と日本海側を結ぶ交通の要所に位置します。「日本一」の評価を受ける南魚沼産コシヒカリの産地で、また日本有数のスキー観光地として知られています。保健・医療を地域完結型にして効率的な医療体制の構築を行うとともに、福祉・教育・産業を充実させたまちづくりを行っています。
胎内市は、2005年9月1日に中条町と黒川村の2町村が合併して誕生しました。新潟県の北東部に位置し県都新潟市から約40km、胎内川を中心に市域が形成されており、東には飯豊連峰、西には日本海が広がっています。地球温暖化を抑止するための再生可能エネルギー導入の切り札として期待される洋上風力発電事業の誘致促進に積極的に取り組み、2022年9月には国から胎内市等沖が促進区域に指定され、近い将来にはそれが現実のものとなろうとしています。また、アメリカンフットボールチームの胎内ディアーズが胎内市をホームタウンとして活動することになり、2023年5月には国内最高峰のXリーグ公式戦が市内で初開催されました。

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

概要について、ほかのエリアを見てみる

首都圏
関西
東海
北海道
東北
甲信越・北陸
中国・四国
九州・沖縄

新潟県について、ほかのテーマをチェックする

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

出産・育児
子ども・学生等医療
幼稚園・保育園
小学校・中学校

住まいの給付金(補助金・助成金)

新築建築
新築購入
中古購入
増築・改築・改修
その他

公共サービスや治安

公共料金
安心・安全
医療
ごみ

人口などの統計情報

統計情報

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

選択した市区を比較する
見直しませんか?irumo 0.5Gで550円/月
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元
アプリで簡単 物件探し 大手不動産サイトの情報から一括検!プッシュ通知で物件を見逃さない
App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう QRコード