東京都の子育て関連の独自の取り組み

東京都内の子育て関連の独自の取り組みについて、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

子育て関連の独自の取り組み

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 子育て関連の独自の取り組み
(1)次世代育成手当(中学校卒業後の4月1日から18歳に達した最初の3月31日までの子を持つ親に月額5,000円)。(2)誕生準備手当(妊娠20週以降の妊婦に4.5万円)。
(1)出産支援祝品(妊婦に対して産婦人科への通院等の経済的負担を軽減し、健やかな出産に寄与するためタクシー利用券を支給)。(2)親と子のふれあいブックスタート(0歳児を対象に赤ちゃん向けの絵本が入ったブックスタートセットを配布[2018年8月~開始])。
-
(1)新宿区子ども未来基金(子どもの育ちを支援する活動に助成)。(2)しんじゅく子育て応援ナビ(スマートフォンによる子育て情報の提供)。(3)育児支援家庭訪問事業(産前産後支援ヘルパーの派遣)。(4)ホームスタート(地域の先輩ママ、パパが家庭を訪問し子育て支援)。(5)多世代近居同居助成(区内で新たに近居・同居する子世帯と親世帯のうち、移動する世帯に、初期費用を一部助成)。(6)次世代育成転居助成(子育て世帯が区内の民間賃貸住宅に住み替える際に、かかる費用を一部助成)。(7)ひとり親家庭休養ホーム。
(1)子育て訪問支援券(区が指定した事業者のベビーシッターサービスを一定の負担で利用できる「子育て訪問支援券」を希望者に配付。2歳未満の乳幼児がいる家庭及び小学校6年生以下の子どもがいるひとり親家庭が対象)。(2)ネウボラ事業(妊娠から出産、子育て期にわたる切れ目ない支援を行う妊娠・出産包括支援事業)。(3)文京版スターティング・ストロング・プロジェクト(区教育センター専門家チームが、区内の幼稚園・保育園、児童館等を訪問し、職員と協働して子どもに専門的発達支援を行い、保護者に対して育児方法を伝え、子どもたちの健やかな育ちを支える)。
(1)弱視等治療用眼鏡助成(9歳未満の児童が弱視等の治療用眼鏡を修理した場合及び保険で認められない期間に買い換えた場合、当該費用の一部を助成)。(2)にぎやか家庭応援プラン(第3子以降のお子さんの出生、小学校・中学校入学時に3万円相当のお祝品を贈呈)。(3)バスレクリエーション(ひとり親家庭を対象に日帰りのバスハイクを年2回[春と秋]実施)。
(1)保護者等の急な残業等の場合に、1時間単位で利用を承認する「スポット延長保育」を実施。(2)子育て安心ステーション事業の実施(地域の保育園が、子育て安心ステーションとして育児相談や保育園見学を行ったり、「すくすくパスポート、えんだより、ほけんだより、献立表」などを配布)。(3)スマートフォン用アプリとして、各種子育て情報を取得できる「すみだ子育てアプリ」を作成し展開中。(4)MR定期接種の機会を逃した方へMR任意接種の費用を全額助成(高校3年生相当年齢まで)。
2017年度より、民有地を認可保育園として整備するため、区に相談のあった物件情報を保育施設運営事業者に提供するマッチングサポート事業を新たに開始。
(1)特別保育(延長保育・休日保育・年末保育・病後児保育・病児保育)の実施。(2)育児休業明け入園予約制度。(3)短時間就労対応型保育。(4)子育てかんがるープラン(子育てプランを作成する支援)。(5)幼保一体施設。(6)園児の保護者による一日保育士体験。(7)9年間の一貫したカリキュラム。(8)すまいるスクール。(9)保育園・幼稚園5歳児のスクール・ステイ。(10)しながわパパママ応援アプリ。(11)産後の家事・育児支援のヘルパー等の利用助成。
(1)子どもの権利擁護委員制度(めぐろ はあと ねっと)。(2)子育てアプリ「めぐろ子育てホッ!とナビ」の運用。
区内保育施設の人材の確保・定着を支援し、また保育の質の向上をめざして、保育人材情報サイト「おおたほいく・ぽーと」の運営や研修を開催する他、保育士の処遇改善を図る「保育士応援手当」(月額1万円、補助要件あり)を2017年度から開始。
(1)産後ケアセンター。(2)教科「日本語」。(3)世田谷9年教育。
(1)待機児解消のため区立保育室を7ヶ所設置。(2)認可外保育施設に待機児専用の受入枠を51名分確保。(3)スマートフォンアプリ「LINE」を活用した子育て情報の配信サービス。(4)渋谷区子育てネウボラ事業。妊娠から出産そして子育てまでの切れ目のない支援を行う、フィンランド発祥の出産・子育て支援の場「ネウボラ」にならい、それらの支援機能を担う関係所管を1ヶ所の施設「渋谷区子育てネウボラ」に集約。保健師をはじめとするさまざまな専門職員や関係職員が連携して、妊娠、出産、子育て期のさまざまな悩み、不安などの相談に応じたり、検診を行ったり、地域のみんなで子育てをする場として設けている。
妊娠・出産・子育てトータルケア事業を実施。妊娠期、産後育児期の各ステージにおける細やかな支援として、妊産婦に対する医療職の面接機会の拡大や、出産・育児に関する個別支援プランの提供など。
(1)杉並子育て応援券(有料の子育てサービスに利用できる券。妊婦1万円(2020年度のみ、新型コロナウイルス感染症予防対策として、更に1万円分追加交付)、出生0歳児3万円、1~2歳児1.5万円、小学生以下の第3子以降は各券に5,000円分上乗せした無償券を交付、0~5歳は年間3万円分の有償券[1冊1万円分が4,000円]を購入可能)。(2)妊婦歯科健康診査(妊娠中に1回、指定医療機関で受診可)。(3)産婦健康診査(産後8週間以内に1回、区内指定医療機関で受診可)。
(1)出産前からの切れ目ない支援策として、としま鬼子母神プロジェクト(「としま見る知るモバイル」による出産子育て情報の提供、専門相談等)。(2)ゆりかご・としま事業(妊娠期からの継続的なサポート)等実施。(3)「生涯学習保育者登録制度」(区民グループの学習活動中の保育者派遣)。
(1)子育て福袋事業(安心ママパパヘルパー事業等の案内)。(2)みんなでお祝い輝きバースデー事業。(3)子どもかがやき顕彰。(4)みんなで育児応援プロジェクト。(5)子ども医療費助成制度の拡大(中学校修了前までのお子さんを対象に実施している「子ども医療費助成制度」を2011年7月から高校生等の入院医療費まで拡大)。(6)ひとり親家庭等相談支援事業。(7)子どもの居場所づくり(子ども食堂)支援事業。(8)生活困窮世帯・ひとり親世帯等の小学生、中学生への学習支援。
(1)児童相談所の整備。(2)補充学習「あらかわ寺子屋」の実施。(3)24時間365日電話相談。(4)キッズクーポン。(5)双子、育児困難、ひとり親支援。(6)親子ふれあい入浴。(7)アレルギー予防講演会。(8)地域子育て教室(パパスクール、ママ企画講座)。(9)地域教育力向上支援事業。(10)家庭教育学級。(11)あらかわ親育ち支援事業。(12)宿泊施設等利用助成。(13)荒川たんぽぽセンター、教育センター。(14)就学援助/奨励費。(15)カンガルー講座。(16)区民住宅を活用した多子世帯支援。(17)中央図書館での乳幼児一時預かりの実施。(18)子育て支援アプリの配信。(19)医療的ケア児の支援。その他あり。
(1)すくすくカード事業。(2)赤ちゃんの駅事業。(3)児童館における乳幼児親子向けプログラム及び相談事業の拡充。(4)乳幼児親子専用のお部屋「すくすくサロン」の児童館全館設置。(5)発達が気になる乳幼児親子向け事業「ほっとプログラム」の実施、その親子が安心して過ごせるお部屋「ほっとサロン」の設置。(6)東京家政大学内の緑豊かで安全な環境で実施される「森のサロン」(地域子育て支援拠点事業)。(7)子育て出張相談。(8)いたばし子育てナビ事業。(9)いたばし子育てナビアプリの配信。
(1)第3子誕生祝金。(2)子育てスタート応援券。(3)おひさまぴよぴよ。(4)ねりま子育てサポートナビ。(5)ねりま子育て応援ハンドブック。(6)父親の育児応援DVD。(7)1年保育(1歳児、3歳児)。(8)発達に不安がある親子を対象にしたひろば事業(のびのびひろば)(9)産後ケア事業。(10)移動型外遊びの場提供事業「おひさま てくてく」。(11)2019年度から、練馬こどもカフェ(民間カフェ等と協働し、保護者が交流したり子どもと一緒にリラックスできる場を提供し、私立幼稚園や保育事業者の協力を得て子育て講座等を実施)を開始。
(1)病児保育(在宅型)利用料金の助成。(2)あだちはじめてえほん事業。(3)あだち幼保小接続期カリキュラム。(4)あだちっ子歯科健診。(5)保育士・幼稚園教諭奨学金返済支援事業補助金。(6)保育士・幼稚園教諭住居借上げ支援事業補助金。(7)保育従事者永年勤続褒賞。(8)足立区教育・保育の質ガイドライン。(9)病児保育(施設型)。
(1)5歳児健康診査事業(発達・発育に関するアンケートの結果をもとに今後の対応が必要な児童に対し、心理職による集団遊びの観察と医療機関での5歳児診察を実施、その結果から医療機関・療育機関・保育園・幼稚園などと連携して支援)。(2)巡回訪問事業(発達に課題がある児童に対して保育園や幼稚園の職員などへの助言・指導する事業)。この2つの事業を一体的に進めることにより、発達に課題のある就学前の児童に対して丁寧に対応している。
乳児養育手当。
(1)子育てモバイルサイト。(2)レンタルベビーカー。(3)産前・産後サポート事業。(4)非婚のひとり親家庭の保育料・幼稚園就園奨励費補助金・市営住宅家賃等の算定の際、税法上の「寡婦(夫)控除をみなし適用」。(5)学校サポーター認証制度・学校サポーター育成プログラム。(6)高尾山学園(不登校児童生徒のための小中一貫校)。(7)はちおうじっ子子育てほっとライン(妊娠出産子育て相談窓口)。(8)八王子版ネウボラ乳幼児手帳と保存のためのマイファイル配布。
(1)私立認可保育園の分園を設置し、多摩地区で初めて育休明け入園予約制度を実施。(2)5歳児相談(2014年6月~)。(3)民間事業者との協働による子育て応援ブック「Hiちーず」の作成・配布。
(1)ベビーカー貸出しサービス事業(吉祥寺駅周辺を散策してもらうためのベビーカーを無料で貸し出すサービス)。(2)共助による子育てひろば事業(民間団体がコミュニティセンター等で子育てひろば事業を実施する際の運営費補助)。
(1)子育てサポーター養成講座等による協働型地域子育て環境の充実。(2)民生・児童委員による乳児家庭全戸訪問の実施。(3)虐待対策コーディネーターと虐待対策ワーカー配置による虐待対応力の強化。(4)利用者支援事業の充実。
(1)通学費補助。(2)医療助成、育成料の減免、私立幼稚園(入園料補助、心を育む保育実施補助、教員研修補助、教育環境整備補助)、保育所(施設運営維持補助金、市保育士等加算、定員未充足保育所加算補助金、心を育む保育実施補助、アレルギー児童対策加算補助金、保育所送迎バス事業補助金)。(3)子育てアプリの運用。
子育て情報誌(子育てのたまて箱)の発行、子育てサイト及びスマートフォンアプリ(ふわっと)の運営。産前産後家庭サポート事業(出産前後の妊産婦のいる家庭などに援助員を派遣し、育児や家事等の支援を行う事業)の実施。
(1)子育て支援情報誌「あきしま乳幼児支援制度案内 きらり」の発行。(2)特定不妊治療医療費助成の一部助成。(3)インフルエンザ予防接種費用の一部助成。(4)里帰り出産等による指定医療機関外での予防接種費用の一部助成。(5)助産師によるアウトリーチ型の産後ケアを実施。(6)電子母子手帳サービスあきしま子育てアプリを配信。(7)多子世帯の移動費や制度活用の際の自己負担などを一部助成。(8)多子世帯一時預かり保育等利用者負担軽減補助。
(1)赤ちゃんおでかけ安心まっぷ(授乳・おむつ交換できるところを掲載したもの)の配布およびまっぷに掲載のある一部の施設・商店等にシンボルマークのステッカーを掲示。(2)ベビーシッターを利用した保護者に対して、利用料の一部を助成。(3)多胎児がいる非課税世帯に対して育児用品等の購入を支援する給付金を交付。
(1)子育て家庭が気軽に相談等ができる場所として、身近な保育園を利用登録する「マイ保育園事業」を実施。(2)町田市により認定された認可外幼児教育施設に通う児童(4歳児、5歳児)の保護者に対し補助金を交付。(3)幼稚園の預かり保育の延長や、小規模保育事業所・認定こども園の整備を進めることで、市内の多様な保育ニーズに対応。
(1)愛育手当(公的補助のない無認可幼児教育・保育施設に在籍している3~5歳児が対象)。(2)小金井教育の日(PTAとの合同実施)。(3)読書感想文コンクール。(4)オーケストラ鑑賞教室(小学校6年生)、合唱鑑賞教室(中学校2年生)。(5)移動式赤ちゃん休憩室(ベビーテント)貸出事業。
-
(1)放課後子ども教室ひのっち(市内全小学校で実施。放課後の教室や校庭・体育館を使用し、地域のボランティア「ひのっちパートナー」と学習アドバイザーを配置。子どもが安心して自由に過ごせる居場所づくり)。(2)子育てカフェ「モグモグ」(乳幼児の親子が、お茶や軽食を楽しみながら過ごせる子育てひろば。気軽に子育て相談。夜間21:00まで学童クラブ終了後の児童預かり事業実施)。(3)0歳児一時保育(月・火・木・金曜9:00~16:30に、0歳児一時保育を実施)。(4)ひとり親家庭家賃助成(高校生相当の年齢の子がいるひとり親世帯で、民間賃貸住宅に家賃を払って住んでいる世帯に対し、月額1万円の家賃補助を実施)。
(1)大学、NPO法人及び行政の協働により運営を行う「子育て総合支援センター(ころころの森)」事業。(2)地域担当保育士が、6ヶ月~未就学のお子さん(第1子)がいる家庭を訪問し、子育ての相談等を行う「すくすく訪問事業」。
(1)プレイステーション開設。(2)子育て相談室。(3)【こどもの発達センターつくしんぼ】お子さんやお子さんの発達に不安をもつご家族とその関係者を対象に、お子さんの発達や子育てに関する総合的な支援を行う。(4)【国分寺子ども・子育て支援円卓会議】市内の子どもの育ちや子育ての環境づくりを進めるために、市と国分寺子育て支援事業者連絡協議会が協働開催している会議。
(1)幼児同乗用自転車貸出事業(二人乗り4台、三人乗り4台を6歳未満の子どもを養育している世帯に年度単位で貸し出す[2016年9月から開始])。(2)子育てアプリ(市の子育てサービスや制度、子育て世帯へのおしらせなどをお届け[2016年3月から開始])。(3)くにたち子育てサポート窓口(くにサポ)(妊娠・出産から子育てに関する相談を一元的に受け付け)。(4)くにたちゆりかご事業(妊婦への全数面談を行い、その後の支援につなげる)。
(1)赤ちゃんはじめての絵本事業(生後3ヶ月の乳児健診時に、絵本を贈呈するとともに親子のコミュニケーションの大切さを伝えるため読み聞かせを行う)。(2)ふっさ子育てまるとくカード(妊婦または中学生以下のお子さんのいる世帯の方へ市内協賛店の提供する特典が受けられるカードを発行)。
ひだまりセンター(狛江市子育て・教育支援複合施設)を創設し、子ども家庭支援センター、児童発達支援センター、教育支援センターの3つの機能が一体となり、発達の程度やライフステージに応じた切れ目のない支援体制を構築している。プレーパーク事業では、子どもたちが自由にのびのびと楽しく外遊びができる場所づくりに取り組んでいる。
【日本一子育てしやすいまちづくり】(1)病児・病後児保育室の「お迎えサービス」(病児・病後児保育室の保育士等が保護者に代わって保育園に児童をお迎えに行き、ドクターの診察の上病児・病後児保育室で保育を行う。タクシー代無料)。(2)保育士の人材派遣会社からの紹介料の補助(紹介料[60万円程度]の半額)。(3)保育士等が通勤に利用する駐車場利用料を施設が負担している場合にその半額を補助(施設負担額の1/2、1施設最大5万円/月)。(4)保育に関する相談を行う保育コンシェルジュを配置。(5)学童保育所の開所時間を午後7時まで延長。また、学童保育所事業以外に児童館等でランドセル来館事業を実施している。
(1)清瀬市ホームビジター派遣事業(就学前の乳幼児がいる家庭に対し、市の養成講座を受けたホームビジターが訪問し、話を聞き、家事や育事を一緒に取り組むことで親が心の安定を取り戻し、地域に踏み出すきっかけづくりを目的とし実施)。(2)清瀬市子育て世帯近居支援(市内に引っ越しする為の助成金支援)。(3)清瀬市子育て・キラリ・クーポン券(未就学児の保護者が市内の子育てサービスを利用する際に利用できるクーポン券)。
児童の居場所づくり事業。
(1)赤ちゃんの駅(屋外おむつ替え、授乳用テント)貸出事業。(2)子どもカフェ事業(母親同士の交流の場)。
ブックスタート、多摩市絵本かたりかけ事業(市立健康センターで月2回実施する3~4ヶ月児健康診査の待ち時間に、「絵本を通して親子のコミュニケーションが深まることの大切さ」を伝え、図書館から絵本、ブックリスト、図書館案内などを配付)。
就学前児童養育世帯に市内公園駐車場の1時間無料券を年12枚配布。
(1)あかちゃん休憩室(乳幼児をもつ家庭が安心して外出できる環境を整備するため、市内公共施設のほか、民間保育施設や店舗の協力を得て、授乳やおむつ替えができるスペースに「あかちゃん休憩室」のステッカー表示を行う)。(2)1歳児教室「1歳ちゃん♪集まれ~!」(1歳児とその保護者を対象に、育児に関する情報提供、仲間づくりおよびサービス利用へのつなぎ、また、育児不安や親子の健康面の相談に対応し、子育て支援事業として実施)。
少子化・核家族化が進む中、子どもが健やかに成長するためには、地域の大人たちが子どもを見守り成長を支える取組が必要である。このため、あきる野市では、大人たちの知識や経験等を生かし、地域における子どもの安全・安心の確保と健全な育成を担う、地域子ども育成リーダーの養成に取り組んでいる。育成リーダーは、子どもの見守り活動やスポーツ、文化活動、郷土芸能の指導・活動支援を通して子ども・子育て支援に取り組んでいる。
(1)ワクチンマネージャー。(2)安全・安心いーなメール。

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

東京都について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2019 NTT DATA Smart Sourcing Corporation.
提供元:生活ガイド.com
  • 新築マンション特集
  • 新築一戸建て特集