山口県の子育て関連の独自の取り組み

山口県内の子育て関連の独自の取り組みについて、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

子育て関連の独自の取り組み

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 子育て関連の独自の取り組み
第2子保育料軽減事業(保育認定を受けた子どもが一定の条件に該当する場合、保育料の軽減を行うもの。具体的には、小学校3年までの兄・姉があり、その兄・姉を含めて2番目に該当する子どもの保育料を階層区分に応じて半額又は3/4に軽減する。ただし、当該子どもが国による同時就園の軽減、山口県による第3子軽減に該当する場合は対象としない)。
(1)子育て世代包括支援センターの設置~妊娠期から子育て期にわたる相談。(2)産後ケア(ショートステイ、デイサービス)の実施。(3)産婦健康診査(産後2週間・1ヶ月)・生後2週間新生児相談。(4)子ども笑顔サポートによる夢を実現するための学び・体験に必要な費用の助成。
山口市ではタブレット端末を使った教育研究や、国際理解を深める、イングリッシュキャンプの実施など、「教育なら山口」と言える、県内でもトップクラスの教育・保育・地域の子育て支援に取組んでいる。なかでも、山口情報芸術センターによるメディアを活用した教育普及プログラムやものづくり機能は、子どもの感性、創造性を高め、山口市独自の「次世代人材育成」に貢献しており、2012年度にはキッズデザイン賞の最優秀賞「経済産業大臣賞」を受賞するなど高く評価されている。
(1)24時間保育事業。(2)離島妊婦交通費等支援事業。(3)夏休み期間の児童クラブ給食サービス。(4)おもいやり駐車場許可証交付(妊娠7ヶ月~出産後1年間)。(5)乳幼児子育て支援事業(0歳児を初めて育てる母親への育児教室)。(6)チャイルドシート・ベビーカー・ベビーベッド・おむつ購入費助成。(7)移動式赤ちゃんの駅貸出事業。(8)講師ボランティアによる児童クラブでの学習支援。
(1)助産扶助制度。(2)多子世帯子育て支援商品券交付制度(3人以上の子を養育している世帯の第3子以降の子の出産時に10万円、小・中学校入学時に5万円をお祝いとして、市内共通商品券で交付)。
(1)保育所同時入所2人目以降無料化。(2)幼稚園同時入所2人目以降無料化。(3)認可外保育所保育料補助。(4)ファミリーサポートセンター利用料補助。
小・中学校の給食費無償化。
(1)おっぱい応援団事業。(2)妊娠前から子育て期のワンストップ総合相談支援窓口「子ども相談センターきゅっと」。(3)保育園、幼稚園、認定こども園同時入所2人目以降無料化。(4)未来のパパママ応援事業。
-
産後の母子支援として、出産後の家事や育児が困難な産じょく婦の家庭に、身の回りの世話や新生児のケアを行うため、ヘルパーを派遣する「産じょく期ヘルパー派遣事業」を行っている。
-
(1)児童虐待等の重篤な相談にも早期対応できる体制を強化するため、子どもに関する相談・支援の窓口を保健センター内にこども・子育て総合支援拠点として集約し、妊娠・出産から子育て期にわたり切れ目のない支援の充実、機能強化を図る。(2)婚活イベントや子育て支援活動経費の一部を補助。(3)民間施設への赤ちゃんの駅整備経費の一部を補助。(4)移動式赤ちゃんの駅の無料貸し出し。(5)子育て応援サイト・アプリ「はぴはぐ」運営。
「さんようおのだっこ」(子育て情報サイト)を独自で立ちあげるほか、メールマガジンやフェイスブックを活用し、情報発信や保護者の情報交換に役立てている。

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

山口県について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2019 NTT DATA Smart Sourcing Corporation.
提供元:生活ガイド.com
  • 新築マンション特集
  • 新築一戸建て特集