佐賀県の子育て関連の独自の取り組み

佐賀県内の子育て関連の独自の取り組みについて、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

子育て関連の独自の取り組み

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 子育て関連の独自の取り組み
(1)地域型保育事業所向けの備品等の購入費用に対する一部補助。(2)子育て情報誌『HUG』の発行。(3)子育てに関する質問に対応するAIチャットボットを試験運用。
保育料の多子世帯への負担軽減。
(1)市内4中学校で選択制弁当方式による給食を実施。(2)1名の総合コーディネーターを配置。子育てに関する情報を集約し、情報紙やホームページなどで発信する活動を行っている。(3)施設分離型の小中一貫教育の全市展開。(4)日本人の持つ感性や情緒を養い、日本人としての教養を身につけるため教科「日本語」を導入。2015年から全小中学校で実施。
(1)2歳半歯科健診を実施し、成長・発達状況を把握。要指導児の発見、経過観察、フォロー指導を行う。(2)保育園・幼稚園の歯科健康として、年2回歯みがき指導フッ化物洗口事業を推進し、1人当たりのう歯本数を減少させている。(3)義務教育学校ではフッ化物洗口を実施(全児童の96.2%)。
(1)就学前の幼児を対象に、インフルエンザ予防接種費を助成(2回目の接種費用1人につき2,000円)。(2)障害児の受入れを行っている私立保育園に対する補助。(3)不妊治療費の一部を助成(体外、顕微授精:上限10万円、人工授精:上限3万円)。(4)幼児のむし歯予防のためのフッ化物塗布(1歳6ヶ月児健診時から3歳までに計6回)。
(1)インフルエンザ予防接種費用の一部助成(中学生以下一人2,000円/年)。(2)子育て応援ガイドの配布。(3)赤ちゃん登校日。(4)育ちあい講座。(5)マタニティヨガ&胎教パステルアート。(6)子どもの貧困対策課を設置。(7)貧困対策ワーキンググループを設置。(8)こどもの笑顔コーディネーター配置。
小中高校生の外来・入院への医療費助成(高校生は入院のみ)。
(1)ロタウイルスワクチン接種費用の一部助成。(2)認可外保育施設への教育・保育環境整備補助金の交付。(3)市が認める障がいを持つ児童を受け入れる保育所等に対し補助。
母子家庭及び父子家庭の就学前の子どもがいる世帯に対し、子育て世帯応援給付金(月額7,000円/世帯)を支給している。
(1)ベビー用品(ベビーベッド、ベビーカー)の貸与。(2)妊産婦産前産後のヘルパー派遣。(3)子育て相談員の常駐。(4)子どもの学習支援事業。

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

佐賀県について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2019 NTT DATA Smart Sourcing Corporation.
提供元:生活ガイド.com
  • 新築マンション特集
  • 新築一戸建て特集
  • goo of things でんきゅう