鹿児島県の子育て関連の独自の取り組み

鹿児島県内の子育て関連の独自の取り組みについて、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

子育て関連の独自の取り組み

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 子育て関連の独自の取り組み
(1)子どもすこやか安心ねっと事業(就学前の子どもの発達支援のための教室や保護者の育児不安の軽減を図るための相談事業)、にじの会[小児慢性特定疾病児の保護者の会]の開催。(2)ぷれママ・ママのほっとスペース事業(育児不安を抱える母親を対象に心理相談員等によるカウンセリングやグループでの交流の場をもつ)。(3)子育て応援ポータルサイト(夢すくすくねっと)の運用。(4)未婚のひとり親家庭に対し、子育て支援につながる事業において寡婦(夫)控除をみなし適用。
(1)不登校児童生徒支援のためのマイフレンド指導員・相談員派遣制度。(2)母子健康手帳アプリ」にて、妊娠・出産・育児に関する情報を配信。(3)子育てに必要なおむつの一部助成。(4)授乳室やおむつ交換等を整備している施設等を「赤ちゃんの駅」として指定、移動式赤ちゃんの駅のイベント等への貸し出し、公共施設の赤ちゃんの駅の整備。(5)保育料の寡婦(夫)控除のみなし適用の申請に基づく利用料等の減額。(6)1歳未満の乳児や帰省する4歳までの児童へのチャイルドシートの貸出。(7)19歳未満を対象にインフルエンザ予防接種費用の一部助成。(8)妊娠を希望する風疹抗体価の十分でない女性及び配偶者に予防接種費用の一部助成。
-
子ども医療費助成(18歳3月末までの子どもに対し医療費を全額助成する[高額医療除く。保護者の所得制限なし])。
(1)小規模児童クラブ運営補助金。(2)子育て応援券交付事業(妊産婦又は2歳未満の乳幼児を養育する保護者に対して、有料の子育て支援サービス[保育・育児支援等サービス/助産師による保険サービス/妊産婦等送迎サービス]に使える子育て応援券2万円[500円×40枚]分を交付)。
(1)インフルエンザ予防接種費用の一部助成。(2)夜間マタニティスクール。
(1)出産時と1歳時に子育て応援券を支給(乳幼児の衣食にかかる商品との交換券。出産時6万円相当分。1歳児1.2円相当分)。(2)満1歳までの乳児とその保護者に絵本を配布するブックスタート事業の実施。
(1)保育園の延長保育助成事業。(2)地域活動事業。(3)障害児保育事業。(4)定住促進住宅に入居する子育て世帯の家賃減額。(5)子育て世帯向けの住宅取得費の一部助成。(6)乳児用品等購入助成事業。
(1)不妊・不育治療費助成事業。(2)親子教室(豆の木クラブ)。(3)【育児リフレッシュ事業】未就学児とその保護者を対象に交流やふれあいの場を提供。(4)【第3子以降妊娠祝金】第3子以降の子を妊娠した場合、保護者に10万円支給。
(1)一般不妊治療助成(保険診療および保険診療外にかかわらず、不妊治療にかかわる医療費の自己負担額の1/2を助成している。1年間5万円が上限で、2年間助成)。(2)産後ケア事業(母親の産後の身体回復や育児の支援に関する指導を受ける方への利用者負担額の一部を助成)。
-
(1)保育所で働きたい求職者と求人する保育所の橋渡しをする「保育人材バンク」。 (2)広告料収入により作成された子育てガイドブック「ぐんぐんの木」の無料配布。
出産祝いと合わせて、第3子以降について1~5歳まで各1万円の誕生祝、既に3人以上の子どもを養育する保護者の第3子以降について、小学校入学時に5万円の入学祝支給。
(1)特定不妊治療費助成(1年度20万円を限度に1妊娠にあたり通算5年間)。(2)男性不妊治療費助成(1年度20万円を限度に1妊娠にあたり通算5年間)。(3)一般不妊治療費助成(1年度5万円を限度に通算2年間)。(4)流行性耳下腺炎予防接種費用の全額助成。(5)インフルエンザ予防接種費用の一部助成。(6)妊婦歯周疾患健診(無料)。(7)妊婦健診追加助成(15回・16回目)。(8)発達相談会。(9)乳児栄養強化事業。(10)フッ化物歯面塗布事業。(11)発達が気になる子どもの親子教室。(12)妊婦全戸訪問。
(1)志学教室(中学生希望者を対象に第1・第2土曜日及び夏休み期間に開催)。(2)鹿児島大学と連携した学校教育活動の包括連携(各事業等)。(3)多子世帯給食費負担軽減事業(市内小中学校に在籍する3人目以降の児童生徒の給食費を無料)。(4)就学援助制度(中学校入学準備金の前倒し支給)。(5)子育て世代包括支援センター設置。
特認校制度により、大規模校児童生徒の小規模校への入学、転学を可能にした。
-
3人乗り電動アシスト付自転車を、3ヶ月間無料貸出。
(1)子育てコンシェルジュ(身近な場所で子育てに関する情報発信や相談に応じる[毎週土・日・月曜日])。(2)子育て支援講座(毎回様々な子育てに関するイベントを開催し、妊産婦・祖父母など多様な世代まで子育てに参加して興味をもってもらう[月2回])。

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

鹿児島県について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2019 NTT DATA Smart Sourcing Corporation.
提供元:生活ガイド.com
  • goo住宅・不動産限定キャンペーン デイリーウォーター by goo Amazonギフト券5,000円プレゼント!