福井県の子育て関連の独自の取り組み

福井県内の子育て関連の独自の取り組みについて、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

子育て関連の独自の取り組み

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 子育て関連の独自の取り組み
-
(1)マイ保育園制度(入園していない児童や、出産を控えた母が、申し込みをして、短期間利用できるサービス)。(2)ほっとタイム事業(降園時を利用し、気軽に集える仲間時間を提供し、情報交換や育児相談等を行う)。
5歳児健康相談(3歳児検診以降、成長発達を確認する公的な検診の機会がないため、社会性が芽生え、言語能力や運動能力の発達が著しい5歳になる年中児に対し、アンケートを実施。アンケートを通して、成長発達を確認し、検診などを実施。その結果、何らかの気がかりなお子さんに対し、5歳児健康相談を実施。5歳児健康相談では、医師他各種専門職による発達状況等の相談とともに、就学に向けて、継続した児の発達支援や保護者のかかわり支援に繋げていく。自己負担なし)。
(1)県内に通う20歳の学生まで「医療費の窓口無料化」を2020年10月診療分から開始(福井県内では初)。(2)チャイルドシートの1/2助成(上限1万円)。(3)インフルエンザ予防施主費用の一部助成。(3)第2子以降に1万円/月支給(2020年9月から・満3歳まで)、保育料の免除(第3子以降免除、2020年9月からは第2子も免除)。(4)第3子以降の小中学校の給食費を無償化。
【児童インフルエンザ予防接種助成】1回当たり1,000円の助成。小学校までの児童は年2回まで。中学校の児童は年1回まで。児童センター利用料の無料化。
(1)ハーフバースデー事業(市内在住6ヶ月児対象に記念の絵本をプレゼント)。(2)一時預かり事業(市内在住生後6ヶ月~未就園児の第3子以降は、一時預かり利用料免除)。
(1)市民税非課税世帯のこども園料(保育料)無料化。(2)子どもインフルエンザ予防接種助成(中学校卒業までの子どもにインフルエンザ予防接種費を助成、小学生1,000円×2回・中学生1,000円×1回/人・年)。(3)産後1ヶ月健診助成(産後1ヶ月時の健診費を助成、上限3,000円)。(4)障害児とその保護者への支援(情報交換の場を提供し交流事業を実施、年2回)。
里帰り出産サポート助成金(市に住所を有する人が、市外で里帰り出産をした際に、上の子の一時預かりや家事サービスなどの出産・育児に係るサービスを利用した場合の費用の半額を助成。[上限3万円。出産後1ヶ月が対象])。
多子世帯の経済的負担の軽減を図り、子どもを育てやすい環境づくりを推進するとともに市内の経済活性化に寄与することを目的に、4月1日に小学校就学前の子どもであって、第2子以降の子ども、また、4月2日から翌年4月1日までに出生する第2子以降の子どもを養育する保護者を対象に、対象児童1人当たり第2子3万円、第3子以降5万円の坂井市子育てすくすく支援商品券を交付。

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

福井県について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2019 NTT DATA Smart Sourcing Corporation.
提供元:生活ガイド.com
  • 新築マンション特集
  • 新築一戸建て特集