宮崎県の子育て関連の独自の取り組み

宮崎県内の子育て関連の独自の取り組みについて、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

子育て関連の独自の取り組み

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 子育て関連の独自の取り組み
(1)16歳未満の年少扶養が3人以上いる多子世帯に係る保育料の算定に当たり、税法上では行われない年少扶養控除をあるものとして市民税を再計算し、保育料の軽減を図る。(2)宮崎市内に35ヶ所の地域子育て支援センターを設置し、子育て中の親子への交流の場の提供、育児不安等への相談・援助などを実施している。また、そのうち2ヶ所では、一時的に家庭での保育が困難となった場合や、育児疲れによる保護者のリフレッシュのために、一時預かりを実施している。(3)2021年度から、ファミリー・サポート・センター事業を利用した宮崎市在住の依頼会員(利用者)が援助会員へ支払う報酬(利用料)の一部を助成している。
(1)子育て支援の中核となる保健センターと子育て世代活動支援センターを、中心市街地中核施設「Malllmall(まるまる)」に開設。(2)子育て支援情報を効果的に発信するため「子育てガイド」を配付。子育て応援特設サイト「はぴみやこんじょ」も運営。(3)子育て家庭を訪問・支援する「ホームスタート」に取り組む団体を支援。(4)ファミリーサポートセンター事業の利用料を助成。
-
(1)市内小学校全新入生に飫肥杉製の積み木を贈呈し、学習等に活用。(2)特定不妊治療に係る自己負担額の一部助成。(3)任意予防接種である流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)の接種費用の一部助成。
(1)「ハートほんわかBOOK」の配布(親子のふれあいの大切さや、基本的生活習慣、子どもの自己肯定感を高める言葉など、子どもの心と体を豊かに育むためのヒントが書かれた「ハートほんわかBOOK」を妊娠中の人や就学前の子どもがいる保護者に配布)。(2)フッ化物個別塗布事業(2歳児を対象に、フッ化物個別塗布券を送付。市内歯科医療機関で無料でフッ化物塗布を実施。3歳の誕生日前日までに3回分の費用を市が負担する)。(3)学校給食費半額補助。(4)子育て情報アプリの運用(子育てに関する情報の発信や予防接種管理などの機能を搭載)。(5)任意予防接種(おたふくかぜ・三種混合)の助成。
(1)中学校3年生までの児童(15歳に達する日以後の最初の3月31日まで)の医療費助成。(2)保健師・栄養士による育児・栄養相談を生後6ヶ月までと生後7ヶ月以降に分けて実施している。
(1)小学校英語学力調査(小学校5、6年生)、知能検査(小学校2年生、中学校1年生)、学力テスト(小学校1年生~中学校3年生)、英語検定(中学校1~3年生)を市の予算で実施。(2)高校存続と地域に密着した魅力ある学校づくりのため、遠距離通学生徒等への通学費を一部補助、入学支援金の交付、公営塾の開講。(3)世帯に18歳未満の子どもが3人以上いる場合、3人目以降の子どもは保育料が無料。(4)2号認定(3歳の誕生日の前日)となった翌月より保育料を無料とし、また、1号・2号認定の子どもについて副食費を助成。(5)5歳児健診の実施。(6)おたふくかぜ予防接種費用の一部助成。
LINEアカウント『さいと子育て情報局(西都市役所)』を開設し、児童手当や保育所の手続きなど、子育てに関する情報を発信。
-

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

宮崎県について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2023 Wavedash Co., Ltd.
提供元:生活ガイド.com

お役立ち情報